第5回札幌国際短編映画祭2010(4)

  • 2015.12.31 Thursday
  • 18:33




★作品部門グランプリ

作品部門のグランプリは、ディーン・ヤマダ監督の日本作品「自転車」でした。 自転車のパーツが次々に盗まれることから始まる物語。 NーBプログラムを見ていて、すごい掘り出し物だとは思いましたが、まさかグランプリを獲得するとは思いませんでした。しかし、不思議な面白さに満ちた、気持ちのよい作品です。最優秀撮影賞 、 最優秀男優賞、最優秀作曲賞も受賞しています。

私がグランプリだと思ったのは、IーBプログラムのフランス作品「ある脚本家の災難」です。見終わって、力一杯拍手しました。映画の中で、映画の脚本をテーマにするという、とても難しいストーリーを、見事に描き、深い感動を与えます。エリック・レイノー監督の力量は、相当なものです。最優秀監督賞 、最優秀脚本賞の受賞は当然だと思います。

落合賢監督の「井の中の蛙」は、最初はもたついていたものの、後半にかけて見事なテンポを見せます。そして、母の遺言を守るため日本縦断の旅をしている主人公の行動の意味が解き明かされていきます。最優秀編集賞を受賞しました。また、「ゲルニカ 」「Mr.バブルガム」と、ともに死をテーマにしながら、対照的な、まったく異なるテイストの作品に仕上げた片岡翔監督の多彩な才能に期待します。



コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM