札幌国際短編映画祭2011(4)

  • 2015.12.31 Thursday
  • 16:53




★北海道セレクションは道内作品ですが、ほかのプログラムと比べても、遜色のない力作ぞろいでした。片岡翔監督「ゆきだるまとチョコレート」の柔らかな子供目線と演出力、島田英二監督「零下15度の手紙」の編集力と映像のリリシズムは、さすがです。

★キッズアニメーションは、毎回、質の高いアニメがそろっています。こどもだけでなく、大人も十分に楽しめます。フンコロガシとハエのバトルを描いた「プネェテラとペロテロ」が痛快でした。そのほか、「アレキサンダー」の糸の質感、「へザルフェン」のスピード感が、良かったです。
 
★アジアンタイフーンプログラムは、は韓国特集。ミン・ヨングン監督「a Fever」の映画的な展開のうまさに、舌をまきました。軍隊のブラスバンドをコミカルに描いた「ブラスクインテット」も力作でした。韓国映画、勢いがありますね。

★アイルランドショートは、本当に多彩でした。ケン・ワードロップ監督の温かさに癒され、シリアスな戦争映画「クロッシング・サルウィン」にふるえ、インド映画のパロディ「ムーア・ストリート・マサラ」に笑いました。



コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM