札幌国際短編映画祭2011(2)

  • 2015.12.31 Thursday
  • 16:51

国内作品のナショナルプログラムは、インターナショナルと肩を並べる水準でした。力作ぞろいです。

★NーAプログラム=まず、アニメ「レインタウン」の端正な絵が印象に残りました。「ナリタ・フィールド・トリップ」は、三里塚問題を取り上げた作品。 三里塚映画 に出会えるとは思いませんでした。学校のいじめを鋭く描いた「フォーギブ」は、全作品の中で一番心に刺さりました。私的には、この作品がグランプリです。
「美雪の風鈴」は、不発弾が登場するストーリー展開がやや作為過ぎでした。
 
★NーBプログラム=心理実験「スクリプト」は、本当に見事な脚本です。幻想的なアニメ「土踏まずは夏を知らない」は、未完成ながら将来の可能性を感じさせました。



コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM