ギャグ満載の映画「カンフーハッスル」は、チャウ・シンチー監督のサービス精神健在

  • 2015.12.31 Thursday
  • 16:31




チャウ・シンチー監督の「カンフーハッスル」(2004年)は、血なまぐさい殺りくシーンから始まるので、うわぁっと思いますが、すぐにギャグ満載の展開になり、おおいに笑わせてもらいました。

冷酷無情なギャング団の名前が「斧頭会」(ふとうかい)。貧困地区のアパートの名前が「豚小屋砦」(ぶたごやとりで)。チャウ・シンチーのサービス精神は健在です。ただ、あまりにもたくさんのギャグを連発したので、外したネタも多かったです。

アクション場面では、かつてカンフー映画で活躍した俳優が登場。まさにあり得ないほどの派手なシーンが続きます。「カンフーの達人になるのが一番の夢、俳優は二番目」というチャウ・シンチーの、ブルース・リーらへのオマージュが詰め込まれています。「ドラゴンボール」を連想した人も多いはずです。

さんざん笑っておいてなんですけれど、「少林サッカー」ほどの驚きや爽快感はありません。「少林サッカー」のツボを押さえたストーリー展開と、結末の鮮やかさに比べると、明らかに完成度は低いです。とりわけ、最後のオチはイスから転げ落ちるほど、ひどかったです。それでも楽しい作品であることは、間違いありません。



コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM