映画「ビフォア・サンセット」は、素晴らしい会話劇をたんのうできます

  • 2015.12.31 Thursday
  • 00:00




リチャード・リンクレイター監督の「ビフォア・サンセット」(2004年)は、素晴らしい会話劇をたんのうできます。派手な仕掛けの作品ばかりが、映画ではありません。このようなウイットに富んだ作品に出会うのも映画の醍醐味です。

9年ぶりに再会した2人が、別れの時間までの85分間にとりとめのない会話を交わしながら、徐々にそれぞれの思いを打ち明け始めます。恋愛だけではなく、政治、人生にまで話題は広がります。前向きな生き方をしている2人にも押し寄せている現代の生き難さの感覚に、生々しいリアルさを感じました。

イーサン・ホーク、ジュリー・デルピーとも、膨大な会話をこなしていますが、とりわけジュリー・デルピーの熱演は感動的です。

どきどきしながら結末はどうなるのだろう、と思っていたら、何とも粋な終わり方です。会話だけで、こんなにも感激する作品ができるのだとあらためて感心しました。



コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM