自家発電に成功した実話をもとにした映画「風をつかまえた少年」

  • 2019.10.04 Friday
  • 20:37



 

人口の2%しか電気が使えないアフリカのマラウイで、少年が風車を使った自家発電に成功した実話をもとにした映画です。

俳優のキウェテル・イジョフォーがメガホンをとり、映画監督デビューを果たしました。撮影はマラウイ現地で行われました。

 

原作を読んだイジョフォー監督は、意志の強さで困難を乗り越えていく主人公に感動し、9年をかけて脚本を執筆しました。主人公の少年ウィリアムの父親トライウェル役でも出演しています。極限状態の下、息子を信じた父の姿を熱演しています。

 

2001年、マラウイを大干ばつが襲います。ラジオで流れる「911のニュース速報」が、当時を思い出させます。14歳のウィリアムは、貧困で学費を払えず学校を強制退学になってしまいます。しかし、図書館で出合った本をきっかけに、独学で発電のできる風車を作って畑に水を引くことを思いつきます。

 

たしかに感動的な物語です。雨ごいで雨を降らせるのが普通だった村で、意志を貫く少年。最初は反対していましたが、最後に息子に希望を託す柔軟さを見せた父親。風車に勇気づけていく村の人々。

 

ただ、試行錯誤を繰り返しながら風力発電機をつくっていく姿を、もっと丁寧に描くべきでした。あまりにもあっさりと発電機が完成してしまうのは事実に反します。底の浅い美談になってしまいます。

 


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM