映画「ROMA ローマ」の「痛いほど美しい」シーン

  • 2019.06.23 Sunday
  • 12:27



「ROMA ローマ」は、アルフォンソ・キュアロン監督が、1970年代のメキシコを舞台に、中産階級の家庭の1年を、若い家政婦の視点から描いたNetflixのオリジナル作品です。「ローマ」という題名は、舞台となるメキシコシティのコロニア・ローマ地区から、取られました。

 

キュアロン監督は、脚本・撮影も手がけ、監督自身の幼少期の体験をもとに、家族のドラマを全編モノクロ映像で描きました。撮影監督・エマニュエル・ルベツキが参加できなかったので、監督が撮影監督も兼ねています。「天国の口、終りの楽園」(2001年)以来、17年ぶりにメキシコで制作・撮影しました。

 

冒頭、清掃をしている石の床が映し出され、排水溝に水が流れ込む映像が延々と続きます。その水に、空と通りかかった飛行機が映し出されます。その美しさに、息を飲みました。この作品は、「痛いほど美しい」シーンが、何度も登場します。

 

主人公のクレオは、住み込みの家政婦として働いています。クレオは、先住民の血を引いています。中産階級の夫婦と彼らの4人の子供、祖母、同じく家政婦のアデラと暮らしています。掃除、料理、子供の送り迎えなどの日常が、ゆっくりと描かれていきます。

 

淡々とした日々に、さまざまな出来事、事件が起こります。1970年代のメキシコが舞台なので、警官隊が学生を虐殺する場面などが登場します。それが、日常の中で突然起こる点が、異様にリアルです。クレオは、最後に家族と強いきずなで結ばれます。自らも移民であるキュアロン監督が、静かにデリケートに移民問題を提起した作品でもあります。

 

その美しい映像は、可能なら劇場で観るべきです。映画館で観ることができた幸運に感謝しています。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM