映画「ねじれた家」

  • 2019.05.30 Thursday
  • 23:23


 

 


アガサ・クリスティーが1949年に発表した「ねじれた家」を映画化しました。監督は、ジル・パケ=ブレネール。イギリス映画らしい品のある、ミステリアスな雰囲気が楽しめます。

 

 

 

冒頭、大富豪レオニデスが毒殺されます。私立探偵のチャールズは、レオニデスの孫娘で元恋人のソフィアから捜査を依頼され、レオニデスの屋敷を訪れます。屋敷には3世代にわたる一族が同居し、巨額の遺産をめぐって疑惑や嫉妬、憎悪が入り乱れています。

 

チャールズが、いろいろ推理を巡らせていく中盤は、ややもたつきますが、衝撃のラストは、なかなかスリリングでした。グレン・クローズは、さすがの存在感でした。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v



コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM