映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」

  • 2019.04.30 Tuesday
  • 21:22


 

 

「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」は、16世紀の英国を生きた2人の女王を描いた歴史ドラマです。ケイト・ブランシェット主演の「エリザベス」を手がけたプロデューサーが、エリザベスと同時代に生きたメアリーに着目して製作しました。

 

 

 

監督は、ロンドンの演劇界で活躍する女性演出家で、映画監督はこれがデビュー作となるジョージー・ルークです。

 

16歳でフランス王妃となりながら、2年後に未亡人になったメアリーは、故郷のスコットランドに帰国し、再び王位の座に就きます。陰謀や内乱などによって何度も王座を追われそうになりながら、厳しい現実と向き合います。一方、イングランドを統治するエリザベスは、自分と違い、結婚して子どもを産んだメアリーに、複雑な思いを持っています。

 

メアリー・スチュアート役をシアーシャ・ローナン、エリザベス役をマーゴット・ロビーが演じています。二人の複雑で波乱にとんだ関係が描かれます。ただ、人物造形が十分に定まらないために、物語は膨らみません。とりわけ男性の描き方が弱すぎます。

 

一方、スコットランドの壮大な自然描写は、胸を打ちます。天候不順の中、スコットランドでの大規模なロケーションにこだわった監督の思いは伝わってきます。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v



コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM