連続講座「テクノロジーとの向き合い方」開講

  • 2019.02.28 Thursday
  • 23:43



連続講座「テクノロジーとの向き合い方」
全6回 月1回土曜14:30 〜 17:30
●会 場 さっぽろ自由学校「遊」(愛生舘ビル5F 501A)
●参加費 1回 一般 2,000 円 会員1,800 円 25 歳以下1,000 円
         6回 一般10,000 円 会員9,000 円 25 歳以下5,000 円
●講 師 俵屋 年彦(たわらや としひこ)

 

生きていくために枠にはまっていた時代から、枠の外に出ることを楽しむ時代になります。多様性を尊重した時代をつくりたいと思っています。一方、多くの機器にセンサーが付き、インターネットにつながっています。人工知能が産業や生活に浸透し、新しい技術を避けて生きることが困難な時代になっています。
今重要なのは「技術(テクノロジー)」との向き合い方です。狭い枠にとらわれた技術万能論は、かえって技術の可能性を閉ざします。技術は私たちの認知や思考を拡げ自由にする手段です。講座では、進化、幸福、組織、身体など様々な視点から技術を検討し、意見交換したいと思います。また参加者全員でインターネットにつながったIT機器などを操作・実験し、未来の可能性を実感していただきます。


2019年4月13日(土)
第1回 進化論「技術生態系・テクニウム」
技術の在り方が問われています。「技術の進歩と共に収奪は増大していく」(ユンガー)のでしょうか。

 

2019年5月11日(土)
第2回 幸福論「中動態・ウェルビーイング」
多くの技術幸福論があふれています。しかし岡本太郎は「僕は幸福という言葉は大嫌いだ」と言いました。

 

2019年6月8日(土)
第3回 組織論「自律分散システム・ティール」
技術の変化は加速していますが、組織形態は遥か昔に生まれた軍隊的・中央集権的な運営が続いています。

 

2019年7月13日(土)
第4回 身体論「身体拡張・ポストヒューマン」
「カラダ2.0」。マクルーハンは「テクノロジーやメディアは人間の身体の拡張である」と主張しました。

 

2019年8月10日(土)
第5回 芸術論「アートの多彩化・日常生活化」
「制作の知テクネ」は、技術と芸術に分かれてしまいましたが、緊張を持ちながら再び融合していきます。

 

2019年9月14日(土)
第6回 共有論「オープンソースハードウェア」
全てがつながるIoT時代を迎え、オープンソース革命は、ソフトウェアからハードウェアに広がっています。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM