映画「女王陛下のお気に入り」

  • 2019.02.24 Sunday
  • 17:27



ギリシャのヨルゴス・ランティモス監督が、18世紀イギリスの王室を舞台に、アン女王と彼女に仕える2人の女性の激しい愛憎劇を描いています。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員グランプリを受賞しました。

 

女王アンを演じたオリビア・コールマン、女王の幼なじみレディ・サラを演じたレイチェル・ワイズ、没落した貴族の娘アビゲイルを演じたエマ・ストーン。映画では3人の力関係が絶妙ですが、派手な演技バトルとしても、絶妙なバランスでした。

 

豪華なセットが強烈な印象を放ちます。そして、衣装のセンスの良さが際立っています。衣装のスタイルは当時に従いながら、素材や配色は現代的です。オリビア・コールマンは「サンディ・パウエルの衣裳は特別。何もかもが美しい」と強調していました。

 

作家性の強いランティモス監督。18世紀の宮廷劇に、超広角映像を多用していたのは、ユニークでした。映像美と演技バトル、そして意図的な下品さは楽しめますが、物語自体はそれほど面白くありません。もっと奔放に、史実を無視した展開を期待していました。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM