映画「ホイットニー オールウェイズ・ラヴ・ユー」

  • 2019.01.29 Tuesday
  • 07:30


ケビン・マクドナルド監督。歌手ホイットニー・ヒューストンのドキュメンタリー作品です。さまざまな記録映像と関係者のインタビューを中心に構成しています。歴史的な事件の映像を挿入することで、時代背景を暗示する手法を取っています。

 

1992年、ホイットニー・ヒューストンとケビン・コスナーが共演した初主演映画「ボディガード」が公開されました。その主題歌が「オールウェイズ・ラヴ・ユー」です。彼女の最大のヒット曲でもあります。彼女の累計セールスはアルバムが1億4,000万枚以上、シングルは5,000万枚以上です。

 

デビュー映像を見ると、当初から圧倒的な魅力を備えています。その美声に魅了されます。努力のたまものであるとともに、天賦の才能という言葉がぴったりです。

 

性的な児童虐待、死亡時の状況など、驚くべき事実が明らかにされます。性的な虐待は、身近な同性によるものです。そのトラウマが生涯彼女を苦しめました。

 

2012年2月11日、48歳という若さでビバリーヒルトン・ホテルの浴槽で溺死しました。ロサンゼルス郡検視局は、入浴中にコカインの影響で心臓発作を起こした可能性が高いという検視結果を発表しました。 ホイットニーは、グラミー賞の授賞式を翌日に控え、ホテルに滞在していました。

 

観ていて辛さが増していく、衝撃のドキュメンタリーでした。ドラッグ依存症という重いテーマも正面から扱われています。その中で、母親のシシー・ヒューストンの凛とした姿が印象的でした。


俵屋年彦の電子書籍

http://urx.nu/PhCp



コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM