映画「響 HIBIKI」、平手友梨奈の独特な存在感

  • 2018.11.24 Saturday
  • 22:00


 

「響 HIBIKI」は、「君の膵臓をたべたい」の月川翔監督が映画化しました。

 

原作は、15歳の天才女子高生・鮎喰響(あくい・ひびき)を主人公にした柳本光晴(やなぎもと・みつはる)のコミック「響 小説家になる方法」。2017年のマンガ大賞を受賞した傑作です。

 

映画初出演となる「欅坂46」の平手友梨奈が、主演してます。後半に向けて緊急感が高まり、綺麗な結末を迎えます。

 

台本を読んだ平手は、月川監督に「つまらなかった」と話し、理由を的確に説明したといいます。月川監督は「なるほど」と納得し、脚本家も納得して脚本を変えました。この辺が、物怖じせず鋭い批評をする鮎喰響と重なります。平手の独特な存在感なしに、この映画は、ここまで説得力を持たなかったでしょう。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v



コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM