映画「カメラを止めるな!」 は、2018年最大の事件!

  • 2018.09.15 Saturday
  • 07:07


上田慎一郎監督作品「カメラを止めるな!」は、今年最大の事件です。

 

上田監督は、札幌国際短篇映画祭でコンペ作品がなんどもノミネートされてきました。とりわけ、2014年に上映された「彼女の告白ランキング」は、面白さの波状攻撃が続いた、超がつく傑作です。この番組でも、「ぶっ飛びました。今年最高の出会いかもしれません」と紹介しました。

 

2015年4月9日に開いた第20回「マンスリー・ショート」は、私が上映作品のセレクションを担当し、日本のコメディー特集として「ザ・シークレット・ショー」「スキージャンプ・ぺア」「伝説の家族」「ゆびわのひみつ」に続き最後に「彼女の告白ランキング」を上映しました。

 

実は、10月開催の札幌国際短篇映画祭2018でも、上田監督の新作を上映します。

 

「カメラを止めるな!」は、監督・俳優養成スクール・ENBUゼミナールの「シネマプロジェクト」作品として企画されました。12人の役者が集まりワークショップした後に、撮影に入りました。上田監督・脚本・編集ですが、劇団「PEACE」の舞台「GHOST IN THE BOX!」を原案にしています。

 

俳優たちは、皆無名の新人で、映画に初めて参加した人が過半数でした。撮影期間は8日間。制作費は300万円です。宣伝費はありません。俳優や監督が、熱心に映画のチラシを配っている姿を見ると、平成の最後に昭和に出会った感じがしました。

 

作品では、まず37分のB級ゾンビ映画が流れます。そして、後半には企画、撮影の舞台裏が明らかになります。ここからが、怒涛の面白さです。何度も涙が出るほど笑いました。

 

ゾンビ映画であるとともに、コメディ映画であり、ファミリー映画であり、青春映画でもあります。笑いの後に、気持ちの良い感動が訪れます。幅広い年齢層が訪れ、家族連れの観客が多いのは、そのためです。

 

上田監督の見事な脚本、参加者の情熱に支えられていますが、低予算、撮影条件の悪さや撮影中の偶然が、この作品をさらに魅力的にしています。映画の八百万の神様がたくさん降りて来た奇跡的な作品です。

 

2017年11月に1館で6日間限定で公開し、超満員になり、2018年6月に2館で劇場公開が始まりました。ここでも満員が続き、8月以降、公開する劇場が急増しています。公開予定を含めると200館に届く勢いです。私は、8月13日に見ましたが、本当に満員でした。ロビーに観客があふれていました。

 

超低予算で製作し、ここまで大ヒットしていた作品は、国内では初めて、歴史的な事件です。1999年に公開された「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」は、6万ドルの予算で、全世界興行収入2億4000万ドルという大ヒットになりました。架空の伝説を創作し、その伝説を取材した学生たちが遺したフィルムという設定でした。テレビ特番やインターネットのホームページをうまく活用しました。

 

「カメラを止めるな!」のヒットは、ソーシャルメデイアとともに、見た人が周りの人に直接勧めるという本当の口コミの影響が大きいと思います。見た人が、笑った後元気になるという前向きさが一番の力でしょう。

 

そして何よりも、劇場でたくさんの人たちと一緒に楽しむことで、面白さが膨らむという映画本来の魅力が実感できます。

 

私は、1997年公開の三谷幸喜(みたに・こうき)監督の初めての映画作品「ラヂオの時間」を思い出していました。ラヂオドラマの生放送で起こる出来事を、無駄のないテンポで編み上げたコメディです。

 

私は当時の映画評で「笑いすぎてアゴが痛い。1997年を代表する作品」と書きました。評価は高かったのですが、配給収入は4億円止まりでした。20年前の作品です。インターネット、ソーシャルメディアが浸透していれば、もっとヒットしたはずの傑作です。

 

三谷監督の新作「記憶にございません!」は、2019年公開の予定です。史上最低の支持率の総理大臣が、市民の投げた石が頭に当たり記憶喪失になってしまうという設定のコメディのようです。三谷監督は「100年後でも楽しめる作品にしたい」と話しているので、期待しましょう。

 

上田監督は、なんとVR映画も作っています。カンヌ国際映画祭に日本のVR映画として初めて出展された「ブルーサーマルVR はじまりの空」です。12分の作品。グライダーに青春をかける若者たちの物語です。上田監督は、次にVR映画を監督するなら「ホラーがやりたい」と話しているので、こちらにも期待しましょう。

 


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v



「カメラを止めるな!」 2018年最大の事件! 上田慎一郎監督作品「カメラを止めるな!」は、今年最大の事件です。 上田監督は、札幌国際短篇映画祭でコンペ作品がなんどもノミネートされてきました。とりわけ、2014年に上映された「彼女の告白ランキング」は、面白さの波状攻撃が続いた、超がつく傑作です。この番組でも、「ぶっ飛びました。今年最高の出会いかもしれません」と紹介しました。 2015年4月9日に開いた第20回「マンスリー・ショート」は、私が上映作品のセレクションを担当し、日本のコメディー特集として「ザ・シークレット・ショー」「スキージャンプ・ぺア」「伝説の家族」「ゆびわのひみつ」に続き最後に「彼女の告白ランキング」を上映しました。 実は、10月開催の札幌国際短篇映画祭2018でも、上田監督の新作を上映します。 「カメラを止めるな!」は、監督・俳優養成スクール・ENBUゼミナールの「シネマプロジェクト」作品として企画されました。12人の役者が集まりワークショップした後に、撮影に入りました。上田監督・脚本・編集ですが、劇団「PEACE」の舞台「GHOST IN THE BOX!」を原案にしています。 俳優たちは、皆無名の新人で、映画に初めて参加した人が過半数でした。撮影期間は8日間。制作費は300万円です。宣伝費はありません。俳優や監督が、熱心に映画のチラシを配っている姿を見ると、平成の最後に昭和に出会った感じがしました。 作品では、まず37分のB級ゾンビ映画が流れます。そして、後半には企画、撮影の舞台裏が明らかになります。ここからが、怒涛の面白さです。何度も涙が出るほど笑いました。 ゾンビ映画であるとともに、コメディ映画であり、ファミリー映画であり、青春映画でもあります。笑いの後に、気持ちの良い感動が訪れます。幅広い年齢層が訪れ、家族連れの観客が多いのは、そのためです。 上田監督の見事な脚本、参加者の情熱に支えられていますが、低予算、撮影条件の悪さや撮影中の偶然が、この作品をさらに魅力的にしています。映画の八百万の神様がたくさん降りて来た奇跡的な作品です。 2017年11月に1館で6日間限定で公開し、超満員になり、2018年6月に2館で劇場公開が始まりました。ここでも満員が続き、8月以降、公開する劇場が急増しています。公開予定を含めると200館に届く勢いです。私は、8月13日に見ましたが、本当に満員でした。ロビーに観客があふれていました。 超低予算で製作し、ここまで大ヒットしていた作品は、国内では初めて、歴史的な事件です。1999年に公開された「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」は、6万ドルの予算で、全世界興行収入2億4000万ドルという大ヒットになりました。架空の伝説を創作し、その伝説を取材した学生たちが遺したフィルムという設定でした。テレビ特番やインターネットのホームページをうまく活用しました。 「カメラを止めるな!」のヒットは、ソーシャルメデイアとともに、見た人が周りの人に直接勧めるという本当の口コミの影響が大きいと思います。見た人が、笑った後元気になるという前向きさが一番の力でしょう。 そして何よりも、劇場でたくさんの人たちと一緒に楽しむことで、面白さが膨らむという映画本来の魅力が実感できます。 私は、1997年公開の三谷幸喜(みたに・こうき)監督の初めての映画作品「ラヂオの時間」を思い出していました。ラヂオドラマの生放送で起こる出来事を、無駄のないテンポで編み上げたコメディです。 私は当時の映画評で「笑いすぎてアゴが痛い。1997年を代表する作品」と書きました。評価は高かったのですが、配給収入は4億円止まりでした。20年前の作品です。インターネット、ソーシャルメディアが浸透していれば、もっとヒットしたはずの傑作です。 三谷監督の新作「記憶にございません!」は、2019年公開の予定です。史上最低の支持率の総理大臣が、市民の投げた石が頭に当たり記憶喪失になってしまうという設定のコメディのようです。三谷監督は「100年後でも楽しめる作品にしたい」と話しているので、期待しましょう。 上田監督は、なんとVR映画も作っています。カンヌ国際映画祭に日本のVR映画として初めて出展された「ブルーサーマルVR はじまりの空」です。12分の作品。グライダーに青春をかける若者たちの物語です。上田監督は、次にVR映画を監督するなら「ホラーがやりたい」と話しているので、こちらにも期待しましょう。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM