劇場アニメ「GODZILLA 決戦機動増殖都市 」

  • 2018.06.29 Friday
  • 12:32



「ゴジラ」シリーズ初のアニメ作品として製作された劇場3部作「GODZILLA」監督は、瀬下寛之です。

虚淵玄がストーリー原案・脚本を担当しているので、一筋縄では語れない重層性を持っています。セルルックの3DCGアニメーションを多く手がけるポリゴン・ピクチュアズが制作。映像のキレは、さすがです。
2017年11月公開の「GODZILLA 怪獣惑星」では、ラストで300メートルに成長した、ゴジラアースが登場。絶望感に包まれたまま終わります。
そして5月公開の「GODZILLA 決戦機動増殖都市」。1度地球を脱出しながらゴジラ殲滅のために地球に戻ってきた主人公たちは、2万年間ゴジラ支配のもとで生き延びてきた「フツアの民」に救われます。
しかし、「フツアの民」の生活環境は、主人公たちとゴジラの戦闘で大きな影響を受けます。この辺は、さらっと流していますが、胸が痛みます。
メカゴジラが、都市に変貌していたというアイデアには、うなりました。スティーブン・スピルバーグ監督の「レディプレイヤー・ワン」で、メカゴジラとガンダムがVR内で戦うシーンが登場し、一躍注目を集めたメカゴジラ。メカゴジラは、メカゴジラシティになっていました。そこが今回の戦場です。
ナノメタルをめぐる人類と異星人種族ビルサルドの価値観の違いが、重い問いを残します。メカゴジラシティにゴジラを誘導する戦闘機のバルチャーが、かっこいいです。ここだけはガンダムみたいでした。
主人公たちを影で支える異星人種族「エクシフ」のメトフィエス。思慮深く謎めいた雰囲気を持っていますが、名前の響きが「メフィスト」に近いので不気味でもあります。
次回最終章「GODZILLA 星を喰う者」は、いよいよキングギドラが登場します。そして、おそらくはモスラも。メカゴジラがアッと驚く変化を遂げていましたから、キングギドラやモスラも、ひねった姿で登場するのではないかと思います。ゴジラと人類の関係も、変わるのではないでしょうか。

11月の劇場公開を前に、妄想が膨らみます。

電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM