劇場アニメ「犬ヶ島」

  • 2018.06.29 Friday
  • 12:31



「犬ヶ島」は、ウェス・アンダーソン監督が日本を舞台に制作したストップモーションアニメです。第68回ベルリン国際映画祭オープニング作品として上映、コンペティション部門で監督賞(銀熊賞)を受賞しました。
細部のビジュアル表現が、とても魅力的。とても手が込んでいます。すごい情報量です。アートとエンターテインメントが見事に融合しています。
20年後の日本のメガ崎市を舞台に、東京湾の埋め立て地・ゴミの島に隔離されている愛犬スポッツを探す少年アタリと犬たちが繰り広げる冒険活劇です。絵画をはじめ日本文化への深いリスペクトが込められています。
登場する個性豊かな犬たちには、本物のアルパカの毛を植毛しているので、実在感があります。
「七人の侍」のテーマが、繰り返し流れて感激しました。音楽だけでなく、全編にわたって、黒澤明監督への熱烈なオマージュが感じられます。
アンダーソン監督は、日本文化への熱い思いを披露しつつ、ハリウッド映画の間違った日本文化の紹介を皮肉っています。
13年ぶりに来日したアンダーソン監督は、「日本のありとあらゆる好きなことを網羅して、ひとつの物語に落とし込もうとした」と話していました。

電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM