ソフィア・コッポラ監督の長編6作目「ビガイルド 欲望のめざめ」

  • 2018.03.29 Thursday
  • 20:13



「ビガイルド 欲望のめざめ」。ソフィア・コッポラ監督の長編6作目の新作です。第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で、女性として史上2人目となる監督賞を受賞しました。

 

トーマス・カリナンの小説を原作に、女性の視点で映像化しました。南北戦争期のアメリカ南部が舞台です。ニコール・キッドマン、エル・ファニング、キルステン・ダンストという、すごい俳優たちをそろえました。

 

世間から隔絶された女子寄宿学園で暮らす7人の女性たちの前に、突然の負傷した敵軍兵が現れます。迷いながらも傷の治療をするうちに、情欲と嫉妬が増幅していきます。男女のパワーバランスの変化が、とてもスリリングです。

 

製作費が削減されて、撮影期間はわずか26日間。その制約の中で、濃密でスタイリッシュが世界がつくられました。来日したソフィア・コッポラ監督は「娯楽性とアートを両立させる上での、バランスの大切さを学ぶ機会だった」と話していました。

 


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM