テクノロジーの民主化を促進する俵コイン(TawaraCoin)誕生

  • 2018.03.20 Tuesday
  • 18:33


 

 

仮想通貨の価格が高騰した、暴落した、儲けた、損した。そんなニュースが連日流れています。

 

しかし、ブロックチェーンに支えられた仮想通貨は、管理する中心を持たずに個々人が価値の移動を保証する仕組みです。まさに貨幣なのです。

 

ブロックチェーンは、分散型台帳技術と呼ばれ、自律的に運営されます。一度記録すると、ブロック内のデータを変えることはできません。従来のインターネットの欠点を補ってくれます。

 

仮想通貨はトークンとも呼ばれますが、誰でもつくることが可能です。しかしこれまでは、発行までの敷居が高かったです。Wavesという独自トークンを簡単に安価で発行できるプラットフォームができて、発行の敷居がぐっと下がりました。

 

私も、3月2日に俵コイン(TawaraCoin)という独自トークンを発行しました。Wavesプラットフォームで運営されています。人を豊かにするテクノロジーの民主化を促進する活動を支援します。幅広い利用が考えられますが、当面はVR空間で開く私の講座などで活用していきます。

 

 

Wavesには、DEX(分散型取引所)という通貨の交換場所もあります。分散型で管理者がいないので、ハッキングのリスクが極めて少なく安全です。送金手数料も安いです。(1回の送金で0.001waves、3月20日現在0.5円程度)、そして、とても高速な処理が行われます。実際の決済に使えます。

 

俵コイン(TawaraCoin)は、すでに分散型取引所で取引も行われています。17日の私のVR講座で、参加者に俵コインを配布しました。スマートフォンのアプリで簡単にやりとりできます。

 

俵コインの広場Discordです。
https://discord.gg/2PYNxNJ

 



コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM