1949年、志賀直哉は谷崎潤一郎と共に文化勲章受章

  • 2017.02.20 Monday
  • 09:18


 

 

1915年、志賀直哉は柳宗悦の勧めで千葉県我孫子市の手賀沼の畔に移り住むます。この後1923年まで我孫子に住み、同時期に同地に移住した武者小路実篤やバーナード・リーチと親交を結びました。

 

 


1949年、志賀直哉は谷崎潤一郎と共に文化勲章受章。学習院以来の友人である武者小路実篤、細川護立、柳宗悦、里見 らの他、梅原龍三郎、安倍能成、和辻哲郎、安井曽太郎、谷川徹三など多くの知識・文化人と交流がありました。

志賀直哉は、戦後間もなくの時期、公用語を「世界中で一番いい言語、一番美しい言語」「論理的な言語」であるフランス語にすべきとの主張をしたことがありました。晩年は執筆を減らしたが、文学全集類に監修で多く名を出しています。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v



コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM