現生のシーラカンス2種はいずれも深海に生息

  • 2016.12.21 Wednesday
  • 07:53


 

 

古生代と中生代のシーラカンス目は、世界中の淡水域や浅い海に広く分布していたと考えられます。体形・体長もさまざまなものが知られ、現生のラティメリア属に近い体形のものから、タイのように体高が高く扁平な体型をした種やアンコウのような丸い形のもいました。

 

 


シーラカンス目は、復元された全長が3mに達する巨大な種も知られています。現生のシーラカンス2種はいずれも深海に生息し、魚やイカを捕食していると考えられています。


シーラカンスは8つのひれを持ち、第2背びれ、胸びれ、腹びれ、しりびれには鱗でおおわれた筋肉質の基部があります。骨格は脊柱をふくめほとんど軟骨でできており、肋骨がありません。浮き袋には空気ではなく脂肪が満たされています。

 




 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM