映画「ミッション: インポッシブル/ゴースト・プロトコル」は1級の娯楽作

  • 2015.12.15 Tuesday
  • 18:25




「ミッション: インポッシブル/ゴースト・プロトコル」は、とても面白かったです。ブラッド・バード監督の初実写映画。これまで「アイアン・ジャイアント」「Mr.インクレディブル」「レミーのおいしいレストラン」と、名作アニメを監督してきました。

荒唐無稽で、突っ込みどころ満載ですが、ハラハラし通しの1級の娯楽作です。ちょっとひねった多くのユニークなアイデアに感心しました。なんといっても、絶妙に始まるオープニング・タイトルの出来は最高です。一番目立っていたのは、トム・クルーズではなく、大活躍のiPadとiPhoneでした。

作品は、なかなかスケール感があります。ドバイ、プラハ、モスクワ、ムンバイ、バンクーバーでロケをしていますが、それぞれの雰囲気をうまく生かしています。ストーリーは流れるようにつながっていて、心地よい高揚感がありました。

なによりも、往年の「スパイ大作戦」的なチームプレイによる「だまし」作戦が嬉しかったです。ただ、最後はどういう訳か肉弾戦になってしまいます。続編をにおわせる静かなラストは、賛否が分かれるかもしれません。



コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM