2001年6月8日、札幌のショートフィルムフェスティバルで新海誠監督と出会う

  • 2016.09.25 Sunday
  • 21:51


 

 

新海誠監督の劇場アニメ「君の名は。」が、予想を遥かに超えた大ヒットになっています。9月22日までに774万人を集め、公開28日で興行収入が100億円を超えました。

 

 

 

札幌国際短編映画祭は、2006年から始まっていますが、その前にアメリカン・ショート・ショートフィルムフェスティバルという映画祭を開いていました。

 

新海誠監督との出会いは、2001年6月8日、第2回アメリカン・ショート・ショートフィルムフェスティバル2001でした。まだ20代で、デビュー前でした。

 

上映したアニメ「彼女と彼女の猫」(4分46秒)は、一人暮らしの女性と拾われた猫の日常を叙情豊かに描いていました。音楽の使い方と映像の省略のセンスが抜群でした。マックを使って一人でアニメを作る姿勢に大きな可能性を感じました。

 

製作中の「ほしのこえ」は、予告編を公開しました。宇宙と地上にひきさかれたスーパー遠距離恋愛、アクションSFといった内容です。新しいセンスを感じて、わくわくしたことを覚えています。

 

短編映画祭は、新海誠監督のような才能に、いち早く出会える場でもあります。新しい才能、新しい表現に出会える場です。

 




 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM