アニメ「君の名は。」は、小野小町の和歌がモチーフの1つ

  • 2016.09.23 Friday
  • 21:51


 

 

アニメ「君の名は。」は、小野小町の和歌をモチーフの1つとしています。現代語に訳すと「あの人のことを思って眠りについたから夢に出てきたのだろうか。夢と知っていたなら目を覚まさなかっただろうに」と、思いを寄せる恋心を描いています。

 

 


新海誠監督は、前作「言の葉の庭」でも万葉集の柿本人麻呂の和歌が、重要なモチーフになっていました。「なるかみの すこしとよみて さしくもり あめもふらぬか きみをとどめむ」。


アニメ「君の名は。」のモチーフの一つは、平安時代の「とりかへばや物語」。男女が入れ替わって生活する物語です。この2つのモチーフはとても古いもので、他の作品でも要素として利用されています。

 




 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM