2011年、新海誠は『星を追う子ども』公開

  • 2016.09.23 Friday
  • 21:13


 

 

新海誠は、2008年1月中旬から2月中旬にかけて、ヨルダン(アンマン)、カタール(ドーハ)、シリア(ダマスカス)で、現地のクリエイターを対象としたデジタルアニメーション制作のワークショップを行いました。


ワークショップ終了後、新海誠は1年ほどロンドンに滞在、2009年4月日本に帰国しました。2012年にはこの中東でのワークショップ開催により、世界で活躍し『日本』を発信する日本人プロジェクトに選ばれ、内閣府国家戦略室の担当大臣古川元久から感謝状が贈られました。


2011年5月7日、新海誠は『星を追う子ども』を公開。これまでの作品とはかなり異なる作風で、ファンタジー要素が強くアクションシーンも増えています。随所に宮崎駿作品へのオマージュが散りばめられています。

 

新海誠は、『星を追う子ども』では「日本のアニメの伝統的な作り方で完成させてみる」ことを個人的な目標にしていたといいます。第八回中国国際動漫節「金猴賞」優秀賞を受賞。第34回アヌシー国際アニメーション映画祭の長編コンペティション部門ラインナップに選ばれました。




 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM