ヒスイは人気が高い宝石で、秦の始皇帝の遺体もヒスイで覆われていました

  • 2015.12.05 Saturday
  • 08:41




ヒスイ(翡翠)は、深緑の半透明な宝石です。東洋(中国)、中南米(インカ文明)では、古くから人気が高い宝石であり、金以上に珍重されました。古くは玉(ぎょく)と呼ばれました。

不老不死、生命の再生をもたらす力を持つと言われ、古代では遺体全体を玉で覆いました。秦の始皇帝の遺体も玉で覆われていたといいます。中南米の王族の墓でも、同様の処置が行われていました。

中国では、ヒスイは他の宝石よりも価値が高く、古くから腕輪などの装飾品、器、精細な彫刻をほどこした置物などに加工し、利用してきました。ニュージーランドやメソアメリカでは、まじないの道具としても使われていました。

ヒスイは、非常に壊れにくいので先史時代には石器武器の材料でした。ヨーロッパでは、ヒスイで作られた石斧が出土しています。日本では、古代に糸魚川で産出する硬玉のヒスイが勾玉などの装飾品の材料とされていました。

世界で最初にヒスイを使ったのは、約5000年前の縄文前期末の人々です。世界最古のヒスイ大珠が、山梨県で見つかっています。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM