宝石に光の効果で猫の目のような模様がでるキャッツアイ

  • 2015.12.05 Saturday
  • 08:35




キャッツアイは、金緑石(クリソベリル)の変種で、猫睛石(びょうせいせき)ともいいます。宝石に光の効果で猫の目のような模様がでるので、正確には「クリソベリル・キャッツアイ」と呼びます。

クリソベリル・キャッツアイの産地は、ブラジルやスリランカが有名で、地色が蜂蜜色をしているカボションに、白い色のはっきりした目が出て、いわゆる「ミルクと蜂蜜効果」されるものが価値があるといわれています。

同じクリソベルに属するアレキサンドライトにも、稀にキャッツアイが表れることがあります。ただでさえ高価なアレキサンドライトにキャッツアイの価値が加わり、数ある宝石の中でも最も稀少価値があります。一級のダイアモンドにも劣らない価格で取引されます。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM