かつてルビーは、全宝石中で最も貴重とされていました

  • 2015.12.05 Saturday
  • 07:51




ルビーは、コランダム(鋼玉)の変種です。ダイヤモンドに次ぐ硬さの赤色が特徴的な宝石です。天然ルビーは産地がアジアに偏っていて、欧米では採れません。宝石にできる美しい石が採れる場所は、極めて限られています。

かつてルビーは、全宝石中で最も貴重とされていました。ダイヤモンドの研磨法が発見されてからも、人工合成ができるまでは、ダイヤモンドに次ぐ宝石として扱われていました。

ほとんどのルビーは、玄武岩や変成岩、大理石などの岩石中に存在します。ミャンマーでは「ピジョン・ブラッド」(ハトの血)と呼ばれる最高級のルビーが得られます。

ルビー成分の中にルチルの針状結晶が混ざることによって反射光が星状に見えるものは「スタールビー」と呼ばれ、珍重されています。

中世から、ルビーと呼ばれ始めます。アラビアやペルシアでは、ルビーに病気を治す力があると信じられていました。インドでも、ルビー粉が秘薬として用いられたことがあります。

1902年、フランスの化学者オーギュスト・ヴィクトル・ルイ・ベルヌーイによって、商業用の宝石としては初めて人工合成法が開発・発表されました。ベルヌーイ法(火炎溶融法)です。

ヨーロッパ史上最大のルビーは、1777年サンクトペテルブルクを訪れたスウェーデン王グスタフ・アドルフがロシアのエカチェリーナ女帝に贈ったルビーで、小型の鶏卵程度の大きさがありました。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM