20世紀初頭では、真珠はダイヤモンドより高価な宝石

  • 2015.12.04 Friday
  • 08:05




20世紀初頭、ヨーロッパ資本が真珠の価格をコントロールしたため、真珠はダイヤモンドより高価な宝石でした。

古くから日本は、真珠の産地として有名でした。日本書紀や古事記、万葉集には、真珠の記述があります。「魏志倭人伝」には邪馬台国の台与が曹魏に白珠(真珠)5000を送ったと記されています。

日本の真珠は、アコヤガイから採取されていました。日本以外で採れる真珠に比べ小粒でした。ただ日本の真珠の美しさはヨーロッパまで伝えられ、コロンブスも憧れていたといいます。

1893年、日本の東大三崎臨海実験所の箕作佳吉の指導をうけた御木本幸吉が、英虞湾神明浦で養殖アコヤガイの半円真珠の生産に成功します。そして1905年、英虞湾の多徳島で真円真珠の生産に成功します。

日本の養殖真珠の発明は、球体に削った核を、アコヤガイの体内に外套膜と一緒に挿入して、真珠層を形成させる方法です。

1907年、見瀬辰平が初めて真円真珠に関し特許権を獲得します。続けて西川藤吉が真円真珠生産に関し真珠形成法の特許を出願します。現在の養殖貝による真珠生産の技術は、これらの技術に負うところが大きいです。

イギリスが養殖貝による真珠は偽物だとし、パリで真珠裁判が行われました。1924年5月24日、天然と養殖貝による真珠には全く違いが無かったので全面勝訴します。養殖真珠が大量に市場に出回るようになり、真珠の価格は暴落しました。

真珠の養殖技術と販売ビジネスモデルを獲得した日本は、ヨーロッパ資本によって支配されていた真珠市場に進出し、世界のシェア9割を占めるようになりました。

1960年代後半、ミニスカートの流行など、従来のファッションの傾向が大きく変わり、世界の真珠の需要が激減しました。日本の真珠業者は、その後は国内市場を中心に販売しています。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM