ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2006(3)

  • 2016.02.08 Monday
  • 16:25




2006年2月26日も、ヤング・ファンタスティック・コンペ部門の作品を観ました。最後の6作目。「日が暮れても彼女と歩いてた」(日本、高柳元気監督)は、序盤のギャグが寒くて白けましたが、若い女性たちの日常を淡々と描くうちに彼女たちが輝きはじめます。会話も良い。後半では、計算したとは思えない素晴らしいシーンが登場します。なかなか清清しい。

招待作品「子ぎつねへレン」(河野圭太監督)は、オホーツクを中心にロケされた映画です。キタキツネの生態調査の第一人者で、野生動物の保護・治療に尽力し、写真家・エッセイストでもある竹田津実の「子ぎつねヘレンがのこしたもの」を原作にしています。視覚、聴覚、嗅覚が不自由な子ぎつねを見つけた少年が、必死で育て、最後には「子ぎつねの母親」になって、看取るまでの話しです。種を超えた家族関係の構築。夕張で、こういう映画を見ると、素直に感動し泣けます。

「プロデューサーズ」は、トニー賞12部門、史上最多受賞のブロードウェイ・ミュージカルを完全映画化した。原作は、メル・ブルックスにアカデミー脚本賞をもたらした1968年の映画。これをブルックス自身の脚本と作詞作曲で2001年にミュージカル化。その舞台で演出、振り付けを担当したスーザン・ストローマン自身が初監督しました。初監督とは思えない、余裕のある出来栄えです。ブロードウェイ恐るべし。ミュージカルの素晴らしさを味わいました。危ないネタを満載しながら、ぎりぎりのところで笑いに変える絶妙な手さばき。これだけネタが詰まっていれば、何度でも観たくなるでしょう。
 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM