ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2006(1)

  • 2016.02.08 Monday
  • 15:39




第17回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2006に、2006年2月25日から参加しました。目標は、ヤング・ファンタスティック・コンペ部門のノミネート全6作品を観ること。25日に、一気に5作品を観ることができました。
 
「陶器人形」(中国、ツアン・ジャーベー監督)は、 伊藤歩が主演する初の中国映画です。不気味で不可解な死が連鎖するミステリー・ホラー。ツアン・ジャーベー監督は、日本映画シナリオと監督の研究にも取り組み、沢山の本を翻訳しています。1990年に来日し、日本映画学校へ留学。川喜多記念映画文化財団に入り、映画の研究をし続けてきました。ホラーをよく研究しているのは分かりますが、作品は、やや生煮えの印象でした。

「イド」(日本)の不二稿京(ふじわら・けい)監督は、 塚本晋也監督作品「鉄男」(1987年)で、女優・撮影・特殊小道具・特殊メイキャップを担当しています。「オルガン」(1996年)で脚本・出演し、初の映画監督を担当しました。「イド」は、「オルガン」に比べ、かなり洗練された映像です。時間をかけて丹念に作り上げたことが分かります。猥雑でグロテスクですが、とても宗教的な作品です。



コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM