ビタミン発見の発端は、兵士がかかる壊血病や脚気の研究

  • 2016.12.14 Wednesday
  • 07:46


 

 

 

 

 

ビタミンの多くは、生体内において酵素がその活性を発揮するために必要な補酵素として機能します。したがってビタミン欠乏症に陥ると、ビタミン類を補酵素として利用する酵素が関与する代謝系の機能不全症状が現れます。


日本では厚生労働省が日本人の食事摂取基準によって各ビタミンの指標を定めており、摂取不足の回避を目的とする3種類の指標と、過剰摂取による健康障害の回避を目的とする指標、及び生活習慣病の予防を目的とする指標から構成されています。


ビタミン発見の発端は、兵士が壊血病や脚気に集団でかかり、当時の軍医らがこれらの病気の撲滅を狙って研究したことから始まりました。現在ではこれらの病気はビタミン不足による障害だと知られています。

 




 

ビタミンでどれが一番大切だと思いますか?

  • 2016.12.14 Wednesday
  • 07:45


 

 

Twitterで「ビタミンでどれが一番大切だと思いますか?」と質問し、1,208人が回答してくれました。結果は、A13%、
B22%、C53%、D12%でした。

 

 


ビタミンは、生物の生存・生育に微量に必要な栄養素のうち、炭水化物・タンパク質・脂質以外の有機化合物の総称です(なお栄養素のうち無機物はミネラルです)。ビタミンは機能で分類され、物質名ではありません。


ある物質がビタミンかどうかは、生物種によります。ビタミンCはヒトにはビタミンですが、多くの生物にはそうではありません。ヒトのビタミンは13種が認められています。ビタミンはほとんどの場合、生体内で合成することができないので、主に食料から摂取されます。

 




 

胃腸は強い方ですか?

  • 2016.12.12 Monday
  • 08:08


 

 

Twitterで「胃腸は強い方ですか?」と質問し、954人が回答してくれました。結果は、とても強い11%、まあ強い27%、あまり強くない34%、弱い28%でした。

 

 


胃(い)は、消化器を構成する器官。消化管の中で、食道の次に続き、十二指腸につながります。横隔膜の下に位置し、腹腔内に突出。肝臓の左側に位置します。


腸(ちょう)は、食物が胃で溶かされた後、その中の栄養や水分を吸収する器官。末端は肛門で、消化された食物は便となり、排便により体外へと排出されます。腸の構造は動物によって異なり、摂取する食物による違いが大きいです。

 




 

膝は体重を支える重要な部位ですが、負傷するケースも多い

  • 2016.11.14 Monday
  • 07:59


 

 

日本語で膝という場合は、膝頭の上部の大腿部(もも)の前面を含めることがあります。欧米の言語には、大腿部前面の座った時に水平になる部分を指す言葉(英語のlapなど)がありますが、日本語にはそれに一対一に対応する言葉はなく、通常は「膝」といいます。

 

 


膝は体重を支える重要な部位ですが、負傷するケースも多いです。膝が伸びた状態で正面からの衝撃に弱く、体重が過度に重いと膝に負担がかかり障害を起こします。半月板や前十字靭帯の負傷、傷害のケースは多く、腰に次いで直立二足歩行の弊害を大きく受けている箇所です。


膝は、横に捻る動作に全く対応していません。格闘技で使用される関節技でヒールホールドというかかとをひねる技がありますが、この技は膝靭帯を破壊する危険な技です。反面、曲げた状態で体重を乗せる膝蹴りは膝という鋭利な部位を有効に使えるため重くて硬く、使用頻度が高いです。

 




 

あなたは、ひざを痛めたことがありますか?

  • 2016.11.14 Monday
  • 07:57


 

 

Twitterで「あなたは、ひざを痛めたことがありますか?」と質問し、931人が回答してくれました。結果は、よくある25%、なんどかある37%、一度ある11%、痛めたことはない27%でした。

 

 


膝(ひざ)は脚(足)の関節部で、腿(もも)と脛(すね)とを繋ぐ部分のことを指します。膝の前面を膝頭(ひざがしら)、膝小僧(ひざこぞう)という。後面はひかがみ(膕、引屈)といいます。


膝は足裏以外では接地することが多い部位です。たとえばかかとを挙げ、つま先と膝をついて座る座り方は「跪く」と言い、多くの民族に見られます。つま先を伸ばして足の甲と膝をつくのを正座といいます。いずれも改まった場、あるいはへりくだった姿勢を示します。

 




 

あなたは、皮膚が強い方ですか?

  • 2016.11.14 Monday
  • 07:45


 

 

Twitterで「あなたは、皮膚が強い方ですか?」と質問し、1,083人が回答してくれました。結果は、とても強い8%、まあ強い22%、あまり強くない37%、弱い33%でした。

 

 


皮膚(ひふ)は、動物の器官のひとつで、体の表面をおおっている層のことです。体の内外を区切り、その境をなす構造です。皮膚と毛、爪、羽毛、鱗など、それに付随する構造(器官)とをあわせて、外皮系という器官系としてまとめて扱う場合があります。


動物種によっては、皮膚感覚を伝える感覚器の働きも持っている場合があります。ヒトの皮膚は「肌」(はだ)とも呼ばれます。ヒトの皮膚は、上皮部分では細胞分裂から角化し、垢となって剥がれ落ちるまで約4週間かかります。

 




 

歯並びが悪いと顎関節症になりやすい

  • 2016.11.09 Wednesday
  • 08:06


 

 

歯並びが悪いといつも歯が顎の中で押し合っていて噛み合わせが安定しません。若いときは顎の関節や筋肉が軟らかいために、多少の変化には耐えることができますが、年齢とともに関節が固くなってくると噛み合わせの変化に対応できず顎関節症になりやすくなります。


歯並びが良い方は前後を歯で、左右を頬や舌で歯並びの位置を保っています。歯並びが悪いと歯の位置が安定していないために親知らずや歯周病の影響を受けやすく年齢とともにより歯並びは悪くなってきます。


歯と歯が重なっている場合はその間に骨や歯茎が無いため、歯並びを整えると歯と歯の間に隙間ができたように見えてしまいます。矯正治療を行うと、年齢に関係なく歯の根が短くなることがあります。

 




 

あなたは、歯並びが良い方ですか?

  • 2016.11.09 Wednesday
  • 08:05


 

 

Twitterで「あなたは、歯並びが良い方ですか?」と質問し、1,238人が回答してくれました。結果は、とても良い15%、まあ良い方31%、あまり良くない33%、悪いと思う21%でした。

 

 


先進国では歯並びの悪さは就職にも恋愛にも影響するほど重要なことです。欧米では八重歯はドラキュラをイメージされ嫌われます。前歯の歯並びが悪いと細菌が残りやすく虫歯になりやすくなってしまいます。歯並びは見た目だけでなく虫歯予防にも重要です。


顎の中に歯が収まりきれないと歯が顎から飛び出してしまい歯茎が下がってしまいます。年齢とともに歯茎の下がりは大きくなり、歯周病の悪化とともに歯が抜けてしまうこともあります。

 




 

チョコレートをたくさん食べると鼻血が出るは医学的根拠なし

  • 2016.08.08 Monday
  • 07:55


 

 

 

 

 

「チョコレート(またはピーナッツ)をたくさん食べると鼻血が出る」と言われますが、医学的な根拠はありません。しかし、鼻の粘膜に傷がある場合は糖分摂取による血圧上昇のために鼻血が出る場合もあります。


チョコレートやコーヒーに含まれるカフェインには、体を興奮させる作用があり、血圧上昇などに働き、鼻血を引き起こすとも考えられています。また、「うなじを叩くと鼻血が止まる」と言われますが、医学的根拠はなく、叩いた衝撃で出血が酷くなることもあります。


アニメや漫画、ドラマなどでよく見受けられる性的な興奮状態にあるとき鼻血が出るのは、あくまでも興奮状態にあることを示す漫画的な表現手法で、性衝動と鼻血に医学的な関連性はありません。

 




 

キーゼルバッハ部位からの鼻出血は、比較的簡単に止血

  • 2016.08.08 Monday
  • 07:52


 

 

キーゼルバッハ部位からの鼻出血は、圧迫止血法により比較的簡単に止血できます。また鼻の領域の動脈は鼻の付け根の部分を通過しているので、目頭のあいだの鼻の骨の部分を親指と人差し指で両側から圧迫することで止血も出来ます。

 

 


鼻出血の圧迫による止血で間違えやすいのは骨のある硬い部分を圧迫する方法ですが、これは間違いで小鼻の柔らかい部分を5-10分ほど強く圧迫することで大抵は止まります。1時間経ってもとまらないのは止血方法に問題があることが多いです。


全身疾患により発症する鼻出血は、局所的誘因によるものと比べ、深刻な経過をとることが多いです。最も多く見られるのは動脈硬化、腎性高血圧などで、次に血液疾患(白血病、血友病、多発性骨髄腫、紫斑病など)に多く見られます。

 




 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM