映画「トールキン 旅のはじまり」

  • 2019.10.04 Friday
  • 20:38



 

フィンランドのドメ・カルコスキが監督し、トールキンの波乱に満ちた半生を描いています。トールキンと作品への敬愛に満ち、当時のイギリスの雰囲気も丁寧に再現しています。FOXサーチライト設立25周年記念作品の第1弾です。

 

トールキンは3歳で父親を失くし、イギリスの田園で母と弟と暮らしています。しかし12歳で母親が急死し、孤児になります。母親の友人で後見人だったモーガン神父によって、名門キング・エドワード校に入学します。

 

エドワード校でトールキンは3人の仲間と出会います。理想に燃えて「芸術で世界を変えよう」と誓い合いますが、第1世界大戦がトールキンと仲間の運命を大きく変えてしまいます。学生時代の熱い友情、第一次世界大戦の悲惨が、胸に迫ります。戦場の場面では、トールキンの作品が幻想的に再現されています。

 

若きトールキンが、架空言語の創造に熱心だったことが随所に描かれます。戦争から生還したトールキンは、大学で教鞭をとりつつ、地道に神話を研究し続けます。

 

最初は自分の子供たちを喜ばせるために物語をつくりますが、その作品は大人を含め幅広い読者を得ていきます。若い時に仲間と約束した「芸術で世界を変える」という目標を実行したと言えます。

 

作品の公開を前に、トールキンの遺族と遺産管理団体であるトールキン財団は「この映画は、我々の許可を得ることなく作られたものであり、我々は製作に一切関与していないということを、明確にしておきたい。よって我々一同、本作とその内容を支持しない」という声明を発表しました。

 

トールキンの遺族が映画化を批判し、不支持を表明したと報道されましたが、声明のニュアンスは「映画で描かれているトールキンのエピソードを事実として支持しない」という、関与を否定するものでしょう。この作品がトールキンへの敬愛に満ちていることを否定することはできません。

 


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




自家発電に成功した実話をもとにした映画「風をつかまえた少年」

  • 2019.10.04 Friday
  • 20:37



 

人口の2%しか電気が使えないアフリカのマラウイで、少年が風車を使った自家発電に成功した実話をもとにした映画です。

俳優のキウェテル・イジョフォーがメガホンをとり、映画監督デビューを果たしました。撮影はマラウイ現地で行われました。

 

原作を読んだイジョフォー監督は、意志の強さで困難を乗り越えていく主人公に感動し、9年をかけて脚本を執筆しました。主人公の少年ウィリアムの父親トライウェル役でも出演しています。極限状態の下、息子を信じた父の姿を熱演しています。

 

2001年、マラウイを大干ばつが襲います。ラジオで流れる「911のニュース速報」が、当時を思い出させます。14歳のウィリアムは、貧困で学費を払えず学校を強制退学になってしまいます。しかし、図書館で出合った本をきっかけに、独学で発電のできる風車を作って畑に水を引くことを思いつきます。

 

たしかに感動的な物語です。雨ごいで雨を降らせるのが普通だった村で、意志を貫く少年。最初は反対していましたが、最後に息子に希望を託す柔軟さを見せた父親。風車に勇気づけていく村の人々。

 

ただ、試行錯誤を繰り返しながら風力発電機をつくっていく姿を、もっと丁寧に描くべきでした。あまりにもあっさりと発電機が完成してしまうのは事実に反します。底の浅い美談になってしまいます。

 


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

  • 2019.10.04 Friday
  • 20:35



 

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」は、クエンティン・タランティーノ監督の9作目となる長編です。161分。最近のタランティーノ作品は、160分以上あります。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演しています。ディカプリオが落ち目の俳優、ピットがそのスタントマン役です。

 

タランティーの映画は、「レザボア・ドッグス」から「デス・プルーフ in グラインドハウス」までは、どこかキワモノの雰囲気が強い作品だったのですが、「イングロリアス・バスターズ」以降は、重厚なテーマと余韻の残る巧みなストーリー展開が強く印象に残っています。

 

「ジャンゴ 繋がれざる者」「ヘイトフル・エイト」は、異色の西部劇と呼べそうな傑作です。そして、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」も西部劇のスターとスタントマンを主人公にした作品です。

 

1969年というハリウッドが曲がり角を迎えた時代をえがいています。細部まで当時の様子を再現するこだわりは、さすがタランティーノ監督です。

 

神経質で涙もろい俳優リック・ダルトンと、貧しくても毅然としているスタントマンのクリフ・ブースは、堅い友情で結ばれています。対照的な二人の演技が見ものです。

 

8歳の子役としてスクリーンデビューしたジュリア・バターズの大人びた演技が素晴らしいです。自信をなくして涙ぐむ、落ち込んだリック・ダルトンを慰めたり、ダルトンの演技を褒めるシーンの演技力は、目を見張るものがあります。

 

ダルトンの邸宅の隣に引っ越してきたのは、なんとポランスキー監督と妻のシャロン・テートです。1969年8月9日のシャロン・テート殺害事件がすぐに思い出されます。ただ、この事件を知らないで映画を観ると、印象が全く違ってしまいます。

 

ラストシーンには驚きます。あまり起伏のないストーリーは、ラスト15分のためにあったと痛感するはずです。

 

そして、エンドクレジットとともに流れる、リック・ダルトンのたばこのCM撮影の場面には笑いました。見ないと損です。

 


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




映画「新聞記者」、果敢に政治の闇に切り込む

  • 2019.10.04 Friday
  • 20:34



 

藤井道人監督の映画「新聞記者」は、望月衣塑子記者のノンフィクション小説「新聞記者」を原案にした、オリジナルの作品です。

 

東都新聞の吉岡記者は、日本人の父と韓国人の母のもと、アメリカで育ち、ジャーナリストとして強い思いを持って日本の新聞社で働いています。ある日、新聞社に大学新設計画に関する極秘情報が匿名のFAXで届きます。吉岡記者は、真相を究明するため、取材をはじめます。

 

一方、内閣情報調査室ではたらく杉原は、ソーシャルメディアで政権に都合の良いように世論を操作したり、政権を批判する人物のスキャンダルを新聞社にリークしたりする調査室の仕事に疑問を持ち始めています。

 

妻の出産が迫ったある日、杉原は、尊敬するかつての上司・神崎から電話を受け、再会します。しかし、数日後、神崎はビルの屋上から身を投げて自殺してしまいます。

 

大学新設計画をめぐって3人はつながり、衝撃の事実が明らかになります。果敢に政治の闇に切り込んだ姿勢は評価しますが、最後に情緒に流される展開は疑問に思いました。

 

11月に、望月衣塑子記者の姿を通して報道の問題に迫る森達也監督のドキュメンタリー作品が公開されます。ジャーナリズムの機能不全、同調圧力や忖度の問題に迫るのなら、やはりドキュメンタリーがふさわしいと思います。

 


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




映画「記憶にございません!」、楽しみましょう

  • 2019.10.04 Friday
  • 20:32

 

 

三谷幸喜監督の長編映画8作目です。

 

 

 

史上最低の支持率になっていた総理大臣が、演説中に市民から投げられた石が頭にあたり記憶をなくしてしまいます。しかし、しがらみから解放されたことで、悪徳政治家から善良なおじさんに変わります。政治の場で登場する都合の良い言葉「記憶にございません」を、逆手に取った設定は見事です。

 

最初に出たクレジットがいいです。この作品はフィクションであり、「実在の人物と似ていても、たまたまです」というクレジットで、早くも笑ってしまいました。前半には、不必要なすべるギャグが多く、少し心配しましたが、徐々に物語の中に引き込まれました。

 

なにもかも忘れてしまい、周りに振り回される黒田総理大臣を中井貴一が、軽妙に演じています。終始、困った顔が印象に残ります。俳優としての安定感、うまさに磨きがかかっています。

 

黒田総理大臣は、夢と理想を取り戻し、政治を変えようと捨て身の行動に出ます。合わせて家族の再生も描かれます。

底抜けの楽天性を貫いていますが、そこには家族や政治に対する屈折した皮肉がこめられているのでしょう。

 

政治コメディとしては、軽すぎるという印象が残るものの、あまりムキにならずに楽しんだ方がいいです。

 

東宝のホームページをみると、一般公開を前にした8月11日、安倍首相に「記憶にございません!」を観てもらい、上映後に三谷監督と対談した様子が公開されています。

 

まず三谷幸喜監督が「どうもありがとうございます」と話し、安倍首相が「楽しく拝見しました」と感想を述べます。三谷監督は「ムッとはしなかったですか?」と直球の質問をします。安倍首相は「いえ、一瞬しましたけれど」と本音を明かします。 三谷監督が、「とりあえず、おうかがいをしたいのですが、感想は? 」と畳みかけ、安倍首相は「記憶にございません!」とかわしています。

 

映画を観た後、この対談を読むと、映画の余韻が変わるかもしれません。

 


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v



映画「家族にサルーテ!イスキア島は大騒動」

  • 2019.09.02 Monday
  • 21:06

 

 

ガブリエレ・ムッチーノ監督作品。2018年イタリア本国で最高の話題作となり150万人を動員しました。イタリアの大家族をテーマにしています。サルーテは、乾杯の意味です。ただし、原題は、「家ではみんな良い感じ」という、なんとも皮肉な題名です。

 

 

 

イスキア島に暮らすピエトロとアルバ夫妻の結婚50周年を祝うために、親戚19人が集まります。教会で金婚式を挙げ、自宅の屋敷でパーティを開きます。再会したファミリーの楽しい宴会が終わりますが、天候不良でフェリーが突然欠航してしまいます。そして、島に足止めされた家族の、それぞれが抱えている秘密が、次第に明らかになっていきます。

 

イスキア島は、アラン・ドロン主演の「太陽がいっぱい」など多くの名作が撮影された場所です。予告編では、コメディが強調されていますが、コメディというよりは、悩みを抱えた人たちのかなり深刻な人間ドラマです。

 

複雑な人間関係に悩む人々の姿が描かれます。その中で、認知症が進みつつある男性の存在が、別な角度から家族のあり方についての、問いを投げかけます。

 

イタリアは家族の結びつきが強いといわれていますが、家族のいさかいが最高潮に達した時、一家の長であるピエトロは「俺は孤児だ!家族はむかつくんだ!」は叫びます。イタリアの大家族主義という紋切り型のイメージを揺さぶる見事な場面でしたが、もう少し効果的に演出してもらいたかったと思います。それが、少し残念でした。

 

ガブリエレ・ムッチーノ監督は「本作は私がこれまで成し遂げてきたものの集大成といえるかもしれない」と話しています。確かに多面的な映画でした。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v



ドキュメンタリー映画「クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代」

  • 2019.09.02 Monday
  • 21:05

 

 

19世紀末のオーストリア・ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムトとエゴン・シーレの没後100年にあわせて2018年に製作されました。テレビのドキュメンタリー番組を手がけてきたミシェル・マリー監督の映画初監督作品です。

 

 

 

クリムトとクリムトを師と仰ぎ支援されたエゴン・シーレは、それまでの絵画とは異なる斬新な作品を生み出します。しかし、二人は、2018年のスペイン風邪の流行で、相次いで死んでしまいました。

 

クリムトの絵画はたくさんの金箔を使い、官能的ですが、死の香りが充満しています。シーレの絵画は歪んだ身体にエロスとタナトスが漂っています。映画の中では触れられていませんでしたが、シーレの画風はゴッホやムンクの影響を受けています。

 

19世紀末から20世紀初頭にかけては、精神医学者ジークムント・フロイトの精神分析が注目され、無意識に関心が集まりました。クリムトとシーレの作風も、そうした時代の雰囲気が大きく影響しています。その流れは、現代にもつながっています。

 

著名な芸術家や歴史家たちが、次々に作品の魅力を解説します。アルベルティーナ美術館、オーストリア絵画館、美術史美術館、分離派会館、レオポルド美術館、ウィーン博物館などの絵画が、矢継ぎ早に紹介されます。

 

ゆったりと大画面で作品を見せていくというスタイルではなく、たえず関心をひきながら慌ただしく進んでいきます。テレビの美術番組のようでした。ただ、新しく知った事実が多く、クリムトやシーレの作品の細部を大写しで鑑賞できたので、満足しています。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v



映画「アルキメデスの大戦」は、見応えのある群像劇

  • 2019.08.30 Friday
  • 07:26



「アルキメデスの大戦」は、戦艦大和の建造をめぐる歴史を描いた三田紀房のコミックを、山崎貴監督が実写映画化しました。史実に添いながら、天才数学者という架空の人物が主人公です。原作はまだ連載中ですが、映画は原作をかなり改変して大胆にまとめています。

 

日本と欧米の対立が激化する1933年、日本帝国海軍上層部は巨大戦艦・大和の建造計画の実現を目指しますが、海軍少将・山本五十六は、建造計画の裏に隠された不正を暴き、計画を阻止するために、天才数学者・櫂直を海軍に招き入れます。

 

建造費を不正に安く積算して計画を実現しようとする海軍。現在の日本でも蔓延している不正です。この作品は、現在の日本の政治の様々な腐敗を見事にあぶり出します。その意味では、とてもタイムリーな作品です。

 

天才数学者・櫂直を演じた菅田将暉のうまさ、才能に感心しました。特に膨大な数式を書きながら、早口で主張する場面は、圧巻です。

 

山本五十六役の舘ひろしをはじめ、登場人物は、皆好演していましたが、中でも戦艦「大和」の設計を担当した平山忠道を演じた田中泯が、すごいです。

 

田中泯は、天才的な舞踏家の土方巽を師と仰ぐ、世界的な前衛舞踏家です。2002年、山田洋次監督の映画「たそがれ清平衛」に初めて出演して以来、俳優としても活躍し、その深みのある存在感が強烈な印象を残してきました。今回も、最後に凄みのある演技を見せます。

 

見応えのある群像劇ですが、映画の冒頭、戦艦・大和が沈没する迫力のあるシーンが描かれます。山崎監督ならではの重厚なCG映像です。CGをうまく生かした独創的なアングルは、タイタニックやダンケルクを連想させます。大和の沈没を、映画の最後ではなく、最初に持ってきた山崎監督の判断は、間違っていなかったと思います。

 


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




映画「僕はイエス様が嫌い」の得体の知れなさ

  • 2019.08.30 Friday
  • 07:23



「僕はイエス様が嫌い」は、奥山大史(おくやま・ひろし)監督が、脚本、撮影、編集も手がけました。大学の卒業制作で、初の長編作品です。第66回サンセバスチャン国際映画祭の最優秀新人監督賞を、22歳の史上最年少で獲得し、注目されました。

 

映画は、死を前にしたおじいちゃんが、障子に穴を開けて外を覗く意味深な場面から始まります。そして、ラスト近くでは、主人公のユラが障子に穴を開けて外を覗くシーンが登場します。

 

その家に、家族とともに主人公のユラが引っ越してきます。ミッション系の小学校に転入し、同級生のカズマと友達になります。そして、ユラの前に小さくて可愛いイエス様が現れます。

 

折り畳んだ千円札とイエス様の紙相撲というアイデアには、笑いました。イエス様は、ときにコミカルで、礼拝堂だけでなく、ユラとともに神社にもやってきます。さりげなく、宗教を横断する柔軟性にハッとします。

 

ロイ・アンダーソン監督の映像手法の影響を感じますが、天才的なアングルや光の演出は奥山監督の独自の才能です。

 

監督自身、小学校5年生の時に、仲のよかった友達が亡くなるという体験をし、この作品は、そこから生まれました。宗教的な作品というよりは、少年の体験した「死」をテーマにした作品です。

 

監督は、「狭い意味での宗教を深く信仰しているわけではないけれど、自分たちの常識を超越するなにかがあるとは思っている」と話しています。

 

私が初めて出会った奥山監督の作品は、「Tokyo 2001/10/21」です。簡易カメラ「写ルンです」で撮影した3000枚の写真で構成した切り絵アニメでした。とぼけた味ですが、毒を含んだ見応えのある人間ドラマになっています。主演の大竹しのぶのうまさとともに、若い監督の人間観察力にも驚かされました。

 

「僕はイエス様が嫌い」は、「Tokyo 2001/10/21」とは、かなり違う作風ですが、得体の知れなさは共通しています。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」

  • 2019.08.17 Saturday
  • 09:59



「ホットギミック ガールミーツボーイ」は、山戸結希監督の新作です。脚本も担当しています。原作は、相原実貴の少女コミックです。

 

16歳の少女・成田初(なりた・はつみ)が主人公です。初を取り巻く3人の男性との間で、心が激しく揺れ動きます。「乃木坂46」の堀未央奈が映画初主演で、初を演じています。演技はぎこちないですが、不器用だけれど前向きな少女を演じるには、そこが良かったのでしょう。

 

少年が少女と出会って恋に落ちる物語を「ボーイ・ミーツ・ガール」と言いますが、この作品は「ガールミーツボーイ」と、あえてガールを前面に出しています。そして、よくあるストーリーとは大きくかけ離れた展開を、独自の映像表現で、畳みかけるように描いていきます。監督の尖った美意識が充満しています。

 

前作の「溺れるナイフ」も、初々しい映像表現が魅力的でしたが、新作ではさらに作家性を発揮した表現が目立ちます。とらえどころがなく、たえず変化する少女を描くことに成功しています。

 

映画では、「バカでいる」ことが強調されます。スティーブ・ジョブズが2005年6月、スタンフォード大学卒業式辞で語ったスピーチの締めくくりの言葉として述べた「stay hungry, stay foolish」を思い出しました。

 

紋切り型の少女観、女性観を問い返し、破壊する山戸結希監督は、目が離せない作家です。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM