さっぽろ自由学校・遊の第3回「AR・VR講座」が、6月9日に開かれます

  • 2018.06.02 Saturday
  • 23:31

さっぽろ自由学校・遊の第3回「AR・VR講座」が、6月9日に開かれます。
http://www.sapporoyu.org/modules/sy_course/index.php?id_course=623

 

2018年6月9日開催のAR・VR講座(札幌市中央区南1西5、愛生館ビル5階501、午後2時30分-5時30分)のリアル参加費を、俵コインで支払えます。先着5人、25歳以下対象、1000俵で参加無料になります。
 
私のTwitterのDMにAR・VR講座参加希望と明記し、8日までに私のWavesアドレスに送金してください。3P5WWFHv53CtYFD1yT53vJK6srPxY2rVYBz
 
参加者は、送金者と別人でも構いません。必ず参加者のお名前(ハンドルネーム可)を教えてください。
 
AR・VR講座の冒頭30分(午後3時まで)を、VR空間Clusterで同時開催します。9日午後1時すぎに、私のTwitterと俵コインのDiscordで、会場のリンク先を公開します。VR空間の参加は無料です。
 
VR機器がなくても、パソコン(Windows、MAC)でログインできます。

 

初めてClusterを使う方は、事前にCluster(https://cluster.mu/) で「新規登録」し、専用のアプリをダウンロードしてください。パソコン用(Windows、MAC)、Oculus、Vive用のアプリがあります。
 
午後3時時点でClusterの会場に入室していた方に、俵コイン3000俵を贈呈します。午後3時以降に、私のTwitterDMで、Wavesアドレスを申告してください。
 
★私のTwitter
https://twitter.com/tawarayat

★俵コインのDiscord
https://discord.gg/2PYNxNJ

VRに関するアンケートを実施しました

  • 2018.05.31 Thursday
  • 10:17
Twitterで、VRに関するアンケートを実施していました。
VR(バーチャル・リアリティ)の最も近いイメージは。
https://twitter.com/tawarayat/status/1001267659780968448
あなたは、VRに関心がありますか?
https://twitter.com/tawarayat/status/1001639707720040448
初めてVRを体験したとき、あなたは、どう感じましたか?
https://twitter.com/tawarayat/status/1001639938025144321
あなたが、初めてVRを体験した場所は、どこですか?
https://twitter.com/tawarayat/status/1001640150114361344
あなたが初めてVR機器を体験したきっかけは?
https://twitter.com/tawarayat/status/1001992634016194560
パソコンやゲーム機を使ったVR機器を体験したことがありますか?
https://twitter.com/tawarayat/status/1001992868163145728
スマートフォンを使ったVR機器を体験したことがありますか?
https://twitter.com/tawarayat/status/1001993051252936704
★VRの技術は、社会に役立つと思いますか?
https://twitter.com/tawarayat/status/1002354120148176896
★あなたが一番ほしいVR機器は何ですか?。
https://twitter.com/tawarayat/status/1002354331293646848
★10年後、単独で動くVR専用機が、普及していると思いますか?
https://twitter.com/tawarayat/status/1002354537611399168

【Oculus Go体験レビュー】低価格と高性能と手軽さでVR普及の起爆剤に

  • 2018.05.15 Tuesday
  • 11:42


 

 

VR機器といえば、高性能のパソコン、ゲーム機を使うもの、スマートフォンを使うものというイメージがありますが、パソコンもゲーム機もスマホもいらない一体型VRヘッドセットOculus Goが、5月2日から発売されました。
私は2018年5月2日午前10時に注文し、5月7日の昼に届きました。体験して1週間経ちますが、結論として、低価格と高性能と手軽さでVR普及の起爆剤になると思います。
32GBタイプが23800円、64GMタイプが29800円です。SDカードが使えないので、64GMタイプがお勧めです。
注文は、Oculusのサイト(https://www.oculus.com/) から行います。
名前も住所も、必ずローマ字で書いてください。
Oculus Goは、450グラムと軽く、装着感も自然です。
3Dオーディオに対応したスピーカーを内蔵しているほか、手持ちのイヤホンやヘッドホンを挿すためのジャックも備えています。専用コントローラーは、機能は限定されていますが、シンプルで使いやすいです。
届いたら、設定です。VR機器だけでの設定は面倒なので、スマホを使って設定します。Oculusアプリをダウンロードして設定して行きます。日本語表示でわかりやすいです。
スマホのOculusアプリのストアで体験するアプリを購入します。そのアプリはOculus Goに自動でダウンロードされます。Oculus Goの中のホームで、体験するアプリをコントローラーで選択します。
低価格ながら、しっかりとした性能で、しかも気軽に使えます。
普通の映画を巨大画面で見ることができるので、そこから入る人もたくさんいそうです。横になって見ることもできますから。
アプリ購入して体験する他に、ブラウザ機能で、様々な360度や普通の写真や動画をストリーミング再生できます。YoutubeやFacebook内の動画再生も、かなり綺麗です。VRだけでなく、普通の映像を楽しむ場合でも利用価値は高いです。
本当に手頃な価格のお勧めのVR機器です。

★VRファンのひろばOVRのDiscord
https://discord.gg/psRFsBF

 

 


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v



OVR「あなたが最も感動したVR体験を教えてください」

  • 2018.05.14 Monday
  • 13:18
VRファンのひろば「OVR」(オーバー)は、「わくわくVR」を目指しています。
オーバーは「over」、超えていくという気持ちを込めています。さまざまな壁を超えて、出会い、わくわくしながら楽しみ、変わっていきたいと思います。
ぜひ、参加してください。お待ちしています。

「感動共有」キャンペーンを実施中です。感動VRの輪を広げましょう。
「あなたが最も感動したVR体験を教えてください」
(1)体験したVR作品名(2)それを体験したVR機器(3)体験した場所(4)体験したのは何年何月(5)感動した理由、体験内容(6)あなたのWavesアドレス
を、OVRのDiscordにを記入してください。
https://discord.gg/psRFsBF

書いていただいた方に、otk100枚を贈ります。

No Maps2017 VR「没入祭」

  • 2017.10.28 Saturday
  • 13:27

No Maps2017が、10月15日まで行われました。映画祭、コンサートなどの開催のほか、今年はテクノロジーの社会実験に力を入れました。先端テクノロジーを積極的に生かした産業・街づくりは、とてもタイムリーな取り組みです。

 

イベントの一つ、VRが体験できる「没入祭」に参加しました。札幌駅と大通りをつなぐ地下歩行空間「チ・カ・ホ」で開催されたので、多くの市民が足を止めていました。ただ、別世界に行ける没入型のVRは、まだまだ浸透していないなあとも感じました。VR体験は、便利で楽しいとともに、現実や身体や自分を相対化する力も持っています。本当に幅広い画期的な可能性を持った技術なので、多くの人に体験してもらいたいと思います。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




俵屋年彦著「VR FIRST」Kindle版の出版は「VRすげえ!の終わり」

  • 2017.03.27 Monday
  • 16:12
「VR FIRST」Kindle版が、2017年3月25日に出版されました。3月25日といえば、FacebookがOculusVRの買収を明らかにした日です。2014年3月25日、FacebookはOculusVRを20億ドルで買収すると発表しました。

【俵屋】今回のVRブームは、OculusVRの開発したOculus Riftから始まりましたが、キックスターターでの資金獲得をきっかけに、Facebookが電撃的にOculusVR買収を発表し、ザッカ―バーグが「VRは次のソーシャルプラットフォーム」と語ったことで、VRが本格的に注目されました。「3月25日」は、VRにとって特別な日です。

 

 

とはいっても、なぜこの時期に「VR FIRST」を発刊したのですか。自身のVR体験をまとめて書籍化した意味は、何ですか。

 

【俵屋】2014年5月に没中型VRを初めて体験し、とても驚きました。VR体験の衝撃とともに、日常の現実を揺さぶられました。講座や体験会を開いてVRの素晴らしさ、大きな可能性を伝えようとしてきました。私自身の体験の歴史を本という形で伝えることで、もしかしたらVRに関心を持ってもらえる可能性があるのでは考えました。

 

 

ただ、書籍というスタイルでVRを伝えるのは、なかなか難しいのではありませんか。
【俵屋】いろいろ試してみるということの一環です。この時期に書籍をまとめたもう一つの意味は、今後への決意です。自身のVR体験を整理し、次の段階に進みたいと思っています。「VRすげえ!という段階の終わり」、一つの節目です。これからは、「VRすごい」を伝えるだけでなく、VRをどう活用するかを、多くの方とともに考えていきたいと思います。

 

 

書籍出版が、次へのステップというわけですか。

 

 

【俵屋】「VR FIRST」は、書籍発刊が区切りであるとともに、Facebookページ「VR FIRST」(https://www.facebook.com/FirstVR/)は、これからもVRの可能性を探る広場です。Facebookページで応援していただいた書籍化は、ひとつのきっかけです。

 


★VR FIRST Kindle版のページです。
https://www.amazon.co.jp/dp/B06XQ1HQ21

4月5日、公開セミナー「バーチャルリアリティの明日はどっちだ!」開催

  • 2017.03.22 Wednesday
  • 18:31

公開セミナー「バーチャルリアリティの明日はどっちだ!」
参加無料。定員=30人


日時=2017年4月5日(水)午後7−9時
会場=インフィニットループ(札幌市中央区北1条東4丁目1番地1 サッポロファクトリー1条館3階)


講師=俵屋年彦(FM三角山放送局パーソナリティ、さっぽろ自由学校「遊」講師、電子書籍「VR FIRST」出版)
主催=ソーシャルパワーSAPPORO(https://www.facebook.com/socialpowersapporo/)

 

VRブームに火がついた2014年から現在までの3年間のバーチャルリアリティを振り返り、その可能性の大きさを確認、今後の方向性を探ります。気軽に参加できるセミナーです。

 

イベントページ

https://www.facebook.com/events/274718492979051/

電子書籍「VR FIRST」「はじめに」の予定稿です

  • 2017.03.17 Friday
  • 21:23



電子書籍「VR FIRST」「はじめに」の予定稿です。


未来は、過去の延長ではありません。私たちは、人類の大きな転機の時代に生きています。

テクノロジーが社会を激変させる時代に突入しました。これまでも、科学技術は社会を大きく変えてきましたが、その多様性と変化の速さは、前例がないと言えます。

人工知能をはじめ、ロボット、3Dプリンター、ドローン、バイオテクノロジーなどが、幅広い分野に浸透していきます。想像を絶するような変革が、すべての常識を変えていくことでしょう。

その未曾有の変化を、深く実感させるのが、VR(バーチャル・リアリティ)です。多様なテクノロジーが、信じられないような変化を生み出しますが、私にとって、VRは別格のテクノロジーです。

時間の体感が年齢とともに速くなるということは、実感してきましたが、VRに出会ってからの3年間は、また10代のころの体感に戻ったように感じます。これからの様々なテクノロジーの進化による日常の変化は、時間の体感を大きく変えます。

時間の体感が10代の時のようになったのは、日々新鮮なVR体験をしたからだけではありません。VRを通じた新しい人との出会い、交流がありました。そして「現実」をとらえ直すことによって、人間の認識や存在について、考え直す、学び直すようになったからです。

私は、さっぽろ自由学校「遊」などでVR講座を開き、地域FM三角山放送局の私の番組「シネマキックス」にVR関係のゲストを迎えました。

VR体験は、私のすべてを大きく揺さぶりました。私の認識、存在の根底に深く刺さる体験でした。多くのテクノロジーの大きな可能性を認めつつ、私にとってVRは最も衝撃的なテクノロジーです。VR FIRSTです。

ある絵が、少女に見えたり老人に見えたりする錯視という現象は、網膜に映る像が「我々が見ているもの」ではない証しです。目に見える世界は脳が作っています。私は、このことから「現実」は、人によって違って見えることを学びました。錯視の不思議な世界に魅せられました。

私は、さまざまな映像作品にも夢中になりました。考えてみると動画の技術も、静止画を連続再生することで、人間の視覚の仕組みを利用して「動いている」ように感じさせる「錯視」と言えます。そして、VRの両眼立体視の技術は、平面の映像を立体に感じさせる「錯視の技術」です。脳がだまされているのです。

2009年、私は人と人が共感でつながるソーシャルメディアにも夢中になりました。VRは、コミュニケーション技術として誕生しました。VRは、次世代のソーシャルメディアになると言われています。

これまで私が夢中になった錯視、映像、ソーシャルメディアが、VRで重なりました。VR体験の衝撃だけでなく、私の人生にとってVRは特別な存在、VR FIRSTなのです。

アップルコンピュータ創立者スティーブ・ジョブズ氏は、2005年6月、米スタンフォード大学の卒業式で、有名な祝賀スピーチを行いました。ジョブズ氏は、リード大学でカリグラフィ教育を受けたことがコンピューターに美しいフォント機能を持たせることにつながったと話しました。

「未来に先回りして点と点を繋げて見ることはできない、君たちにできるのは過去を振り返って繋げることだけなのだ。だからこそバラバラの点であっても、将来それが何らかのかたちで必ず繋がっていくと信じなくてはならない」

VRに出会い、私はジョブズ氏の言葉の意味を深く理解しました。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




これまで私が夢中になってきた錯視、映像、ソーシャルメディアが、VRで重なりました

  • 2017.03.01 Wednesday
  • 19:48


 

 

ある絵が、少女に見えたり老人に見えたりする錯視という現象は、網膜に映る像が「我々が見ているもの」ではない証です。目に見える世界は脳が作っています。私は、このことから「現実」は、人によって違って見えることを学びました。錯視の世界に魅せられました。

 

私は、映像の世界にも夢中になりました。考えてみると動画の技術も、静止画を連続再生することで、人間の視覚の仕組みを利用して「動いている」ように感じさせる「錯視」と言えます。そして、VRの両眼立体視の技術は、平面の映像を立体に感じさせる「錯視の技術」です。脳がだまされているのです。

 

2009年、私は人と人が共感でつながるソーシャルメディアにも夢中になりました。VRは、コミュニケーション技術として誕生しました。VRは、次世代のソーシャルメディアになると言われています。

 

これまで私が夢中になってきた錯視、映像、ソーシャルメディアが、見事にVRに重なりました。VR体験の衝撃だけでなく、私の人生にとってVRは特別な存在、VR FIRSTなのです。

 

私のVR体験をまとめた電子書籍「VR FIRST」出版に向けたFacebookページ

「いいね!」をお願いします。
https://www.facebook.com/FirstVR/​



Oculusにいた当時の近藤義仁氏にお会いしたとき

  • 2017.02.13 Monday
  • 22:42



Oculusにいた当時の近藤義仁氏にお会いしたとき、ラジオでVRを宣伝していると話し、近藤さんに驚かれました。「どうやってラジオで伝えるの?」と聞かれ、「気合です」と答えて、半ばあきれられました。

 

私の番組「シネマ・キックス」は、映画やアニメを紹介していますが、映画やアニメをラジオで伝えるときも、基本は「気合です」。自分の感動、思いを基本に話しています。


https://www.facebook.com/FirstVR/

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM