映画「ロスト・イン・スペース」、「宇宙家族ロビンソン」のリメイク、人間と機械の双方に説得力

  • 2016.01.28 Thursday
  • 13:45




「ロスト・イン・スペース」(1998年。アメリカ映画)は、スティーブン・ホプキンス監督・製作の作品です。「宇宙家族ロビンソン」のリメイク。懐かしいです。しかし、そのことを抜きにしても娯楽映画として十分に楽しめる水準にあります。

まず宇宙服、宇宙船の細部のデザインがいい。機能性に加え気品が感じられます。日常の小道具を巧みに使いながら、2058年らしい雰囲気をただよわせています。

そして、性格俳優をそろえて家族の亀裂と再生を描きつつ、SF的な事件やアクションも切れ目なく盛り込んでいます。つまり人間と機械の双方に説得力があります。これはなかなか困難な仕事です。

おびただしいCGもこれ見よがしではなく、自然に組み込まれています。本当に「見たこともない」シーンがふんだんに登場しました。ただ、まだ「石油」に頼っているような時代設定には古さを感じます。また、素晴らしいデザインの中で珍妙なサル「ブラープ」のCGだけは、全体とマッチしていませんでした。過酷な状況での安らぎのために必要だったのでしょううが、ハイクオリティな映像にうまく調和しているとは思えませんでした。



映画「ビッグ・リボウスキ」、大胆にして繊細な「ほら話」、絶妙などたばた喜劇

  • 2016.01.28 Thursday
  • 13:32




ジョエル・コーエン監督・脚本の「ビッグ・リボウスキ」(1998年。アメリカ映画)は、大胆にして繊細な「ほら話」に仕上がり、おおいに楽しむことができました。

登場人物の個性が絡み合い、絶妙などたばた喜劇に発展していきます。中でも、デュードとウォルターの掛け合い漫才は、あまりにも見事です。コーエン兄弟としては珍しく本格的なCGも使っているが、そのキッチュぶりも決まっています。

ボウリング仲間ドニーが死に、コーヒーの缶に入れた遺灰を海にまこうとするシーンがとりわけ秀抜です。ウォル

ターは大演説の後に灰をまきますが、風が吹いて後にいたデュードの顔が真っ白になります。このブラックなユーモア。同じようなシーンを感傷的に撮った「ジャンク・フード」とは対照的です。

最後にボウリング場にいたカウボーイがカメラに向かって話します。「人間のコメディは、そうやって未来永劫続いていく。世代から世代へ。楽しんでくれたかい」。なんと上品な悪意でしょう。



映画「スモール・ソルジャーズ」、フィギュアが活躍するファンタジー・コメディ

  • 2016.01.28 Thursday
  • 13:22




アクション・フィギュアが活躍するファンタジー・コメディ「スモール・ソルジャーズ」(1998年。アメリカ映画)は、ジョー・ダンテ監督作品です。「ドラえもん」の世界に近いものを想像していましたが、「トイ・ストーリー」よりも毒がありました。

善が生き残るというラストは子供向けの配慮ですが、それまでの徹底した破壊や改造されたバービー人形たちのエロティシズムは、子供の世界を逸脱して大人が遊んでいます。精悍なコマンド・エリートが無慈悲な戦闘集団で、怪物的なゴーゴナイトが自由と平和を愛しているというジョー・ダンテ監督らしい皮肉な設定も効いています。

ダンテ監督は「おもちゃを人間のように見せ、人間をおもちゃのように見せる」と言っていましたが、そこまでの逆転はありませんでした。また、その必要もないでしょう。人形と人間の逆転は、クエイ兄弟に任せておけばいい。



映画「CUBE」、低予算を意識させない端正で重厚な映像

  • 2016.01.28 Thursday
  • 12:58




「CUBE」(1997年作品。カナダ映画)は、ヴィンチェンゾ・ナタリ監督の初長篇作品です。ナタリ監督は、これまで「Exam」(1982年)、「Mouth」(1992年)、「Playground」(1993年)、「Elevated」(1996年)と短編を手掛け、高い評価を得てきました。

「CUBE」の製作費は5千万円足らずです。「ロスト・イン・スペース」の200分の1。監督は「6面体と半分の3面のセットに部屋から抜ける通路が一つずつあるだけ。壁は特殊ガラスにし、いろいろな色のジェルを流して変化をつけた」と、映像づくりの工夫を明らかにしています。低予算を意識させない端正で重厚な映像、緊密なストーリーは、見事です。

連続する正6面体に閉じ込められた6人が、部屋に仕掛けられた殺人トラップを見破りながら脱出を試みます。極限の緊張で、人々は対立し憎しみ合う。数学的な法則が貫かれた部屋、無機的なワナ、そして人間たちの殺りく。スプラッター的な始まりで観るものをひきつけながら、シンメトリカルなデザインの中で繰り広げられるのは、赤裸々な人間の葛藤です。それが古典的な味わいを醸し出します。

SFからミステリー、ホラーまで、密室に多様なジャンルを詰め込んだ傑作。カフカ的な寓意性も持たず、悪が亡び無垢な者が生き延びるゲーム感覚のラストを用意したナタリ監督は、デビッド・クローネンバーグとは異なる感覚のカナダ新世代といえるでしょう。



映画「In & Out」、故・淀川長治さんが推薦した最後の作品、笑いながら心が豊かになる

  • 2016.01.28 Thursday
  • 12:39




「In & Out」(1997年。アメリカ映画)は、フランク・オズ監督作品です。故・淀川長治さんが推薦した最後の作品として有名です。パロディ感覚に満ちたオスカーのシーンから物語が始まり、同性愛のカミングアウトと周囲の温かな支援というハッピーエンド。観終って、温かな気持ちになります。

両親も、教え子も、その親たちも、あまりにもすんなりとゲイの先生を受け入れてしまうので、差別の深刻さ、カミングアウトの重さが分っていないという批判は当然あるでしょう。しかし、小さな村での共感の広がりに、素直に感動しました。

公の場で、ゲイと名指しされたハワード・ブラケット役のケビン・クラインは、絶妙の演技です。あたふたし、じたばたしながらも、自分の性的指向を見つめ、ついに結婚式の場で同性愛者であることを明らかにします。

あっと思わせながら、納得してしまう展開。クラインのうまさと脚本の良さが、爽やかな傑作を生み出しました。笑いながら、心が豊かになります。



映画「宋家の三姉妹」、香港返還の機会をとらえ、制約にもめげずに作品を完成

  • 2016.01.28 Thursday
  • 12:13




「宋家の三姉妹」(1997年作品。香港=日本合作)は、メイベル・チャン監督作品です。宋三姉妹は、アメリカに留学した後、長女は財閥の御曹子と、次女は孫文と、三女は蒋介石と結婚します。政治に翻弄されながらも、姉妹の絆を保ち、協力し合って中国の歴史に影響を与えました。

なんとドラマチックでスケールの大きな三姉妹のドラマでしょう。政治に深く関わっているために、映画化は難しかったはずです。香港返還の機会をとらえ、制約にもめげずに作品を完成させた努力を、まず評価します。

三姉妹の一人ひとりが、紋切り型に陥らずに生き生きとしています。それぞれに魅力的です。父親のチャーリー宋も、印象に残ります。メイベル・チャン監督は、戦争やイデオロギー問題に深入りせず、歴史の中で生きる人間を描くことに専念しています。

大作ですが、重さよりも優しさが映像を支配しています。ワダ・エミの衣装、喜多郎の音楽が、確実に物語を盛り上げていました。



映画「のど自慢」、これほど爽やかな人間賛歌は貴重

  • 2016.01.28 Thursday
  • 11:19




「のど自慢」(1998年)は、井筒和幸監督作品です。映画が終って明るくなると、周りの人たちは皆笑顔。笑って泣いて、感激して。良い映画を観たと満足した顔。 私も同感でした。

さまざまな境遇、さまざまな思いで「NHKのど自慢」を目指す人々。ラストの本番に向かって物語は次第に熱をおび、気持ちの良いハッピーエンドが届けられます。これほど爽やかな人間賛歌は貴重です。

室井滋が演じる売れない演歌歌手が大ホールの舞台に立つために「のど自慢」に挑戦するというストーリーを中心にしながら、失敗を繰り返してもめげない40歳の男性、複雑な家族関係に悩む女子高生、失語症の孫を励まそうとしている老人、その他歌好きの人たちを巧みに配した群像劇です。

すべてがかみ合っている訳ではないが、脚本は工夫されています。 井筒監督は、日本の大衆文化を描く切り口として「のど自慢」を取り上げたといいますが、カラオケとの関係をもう少し掘り下げると文化論的な厚みが出たでしょう。しかし娯楽作品としては、これで十分です。



映画「メリーに首ったけ」、過激で下品なギャグ満載、B級に徹することで一級のコメディに

  • 2016.01.28 Thursday
  • 11:14




「メリーに首ったけ」(1998年。アメリカ映画)は、ボビー・ファレリー、ピーター・ファレリー監督作品です。過激で下品なギャグという点では、「キカ」(ペドロ・アルモドバル監督)と肩を並べる水準。一見差別や虐待につながりかねないギャグを連発しながら、嫌味にならないバランス感覚と根底に優しさを持っているのがファレリー兄弟の強みです。B級に徹することで一級のコメディに仕上がりました。快作。

メリー役のディアスは、いつもながらキュート。その魅力が、いかれたギャグの毒気を中和していることは否定できません。下ネタの危ないギャグをチャーミングに変えてしまいます。

マット・ディロンも、調子のいい詐欺師ヒーリーを軽妙に演じていた。そして愛すべきテッド役のベン・スティラーが、ドジの限りを尽くして場を盛り上げます。不死身のギブス犬の活躍も忘れずに指摘しておきましょう。



映画「ヴアンパイア最期の聖戦」、CG多用の時代に古典的なスタイルにこだわった

  • 2016.01.28 Thursday
  • 11:10




「ヴアンパイア最期の聖戦」(1998年)は、西部劇スタイルの吸血鬼ものです。魔鬼はむちゃくちゃ強いが、あとのヴアンパイアは弱い。武装した人間たちに丸腰でどんどん殺されていきます。すべての設定は、お遊びのために用意されています。

CG多用の時代に、あえて古典的なスタイルにこだわったのもジョン・カーペンター監督らしいです。最後まで後味の悪いB級テーストを残していました。

1998年作品。アメリカ映画。106分。 配給=日本ヘラルド。 監督=ジョン・カーペンター(John Carpenter)。脚本=ドン・ジャコビィ。原作=ジョン・スティークレー『ヴァンパイア・バスターズ』。製作=サンディ・キング。製作総指揮=バー・B・ポッター。撮影監督=ゲイリー・B・キッブ。美術=トマス・A・ウォルシュ。特殊メイク効果=KNBエフェクツ・グループ。音楽=ジョン・カーペンター。ジャック・クロウ=ジェームズ・ウッズ(James Woods)、トニー・モントヤ=ダニエル・ボールドウィン、カトリーナ=シェリル・リー、魔鬼ヴァレックト=トーマス・イアン・グリフィス、アダム神父=ティム・グィニー、アルバ枢機卿=マクシミリアン・シェル



映画「ラブ&デス」、ラブ・コメとアメリカ、イギリス文化への鋭い批評

  • 2016.01.27 Wednesday
  • 23:38




「ラブ&デス」(1997年作品。イギリス映画)は、クウィートニオスキー監督長篇第1作です。慎ましやかで、ほのぼのとしたラブ・コメディでありながら、根底にアメリカ、イギリス両文化への鋭い批評を含んでいます。

「美少年と老芸術家」という共通点でビスコンティ監督の「ベニスに死す」と比較する評論が目立つが、両者の味わいは全く違います。死が漂う退廃的な耽美ではなく、知的だが滑稽でもある切なさが、この作品の持ち味です。

映像文化を理解していなかった堅物の作家が、ひょんなことからB級映画のアイドルに一目ぼれし、雑誌を買い漁って彼の写真を切り抜いたり、初めてビデオデッキを買って作品をレンタル、さらに「追っかけ」までする変身ぶりが笑えます。

重たい役が多かった知性派ジョン・ハートが、軽妙なコメディを演じています。うまいものです。代表作の一つと言えるでしょう。ジェイソン・プリーストリーも悪くありません。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM