劇場アニメ「海獣の子供」圧倒的な映像体験

  • 2019.06.25 Tuesday
  • 17:33



渡辺歩監督 が、五十嵐大介 が2006年から2011年にかけて連載したコミック「海獣の子供」をもとにアニメ化しました。五十嵐のコミックがアニメ化されるのは今回が初めてです。

 

「海獣の子供」は、中学生の少女・琉花が、ジュゴンに育てられた2人の少年と出会い、驚異の海洋体験をする物語です。

 

渡辺監督は、劇場版「ドラえもん」シリーズなどを監督してきました。制作は、アニメ表現にこだわることで有名なSTUDIO4°C。6年間かけて制作しました。音楽は、久石譲が、担当。映像世界をしっかりと支えています。

 

キャラクターデザインと総作画監督を、小西賢一が担当しています。小西賢一は「かぐや姫の物語」「千年女優」などの作画監督として有名です。彼も、こだわりの人です。

 

原作は緻密な書き込みが特徴ですが、アニメでも原作のタッチを生かした緻密な表現が追求されています。それに鮮やかな色彩と繊細な動きが加わり、これまで見たことのない質感のアニメ表現になっています。

 

あたらしいアニメ表現を、大きなスクリーンで見る幸せをかみしめました。

 

私は、2010年前後、連載途中の「海獣の子供」を読みました。その圧倒的な画力に驚きましたが、伝えようとしているテーマについては、心の奥には十分届いていませんんでした。

 

2014年に没入型のVRを体験し、人間の感覚について学びなおすことによって、「海獣の子供」のテーマは、心の奥にまで届くようになりました。

 

映画の中で「鯨の歌は、とても複雑な情報の波なんだ。鯨たちはもしかしたら、見た風景や感情をそのままの形で、伝え合って共有しているのかもしれない」という話が出てきます。


これは、今後VRが実現しようとしていることです。

 

研究者でアーテストの落合陽一さんは、「VRで人はイルカのようになる」と話しています。イルカは、超音波によって周囲の状況を3次元的に把握し、それを超音波によって仲間に伝えています。人間も、周囲の状況を3Dスキャンして、他人にデータとして送ったものをVR機器で再生することで、複数の人々が同じ体験を共有できるようになります。

 

「この世界に在るもののうち、僕ら人間に見えているものなんて、ほんの僅かしかない」人間と鯨などの世界は全く違い、人間には分からない世界が広がっているという「環世界」という考えが出てきます。

 

すべての動物はそれぞれに特有の知覚世界をもって生きています。環境を、独自の時間・空間として知覚しています。環世界は、もともとユクスキュルが提唱した生物学の概念です。


しかし生物学を超えて、哲学にも大きな影響を与えました。ユクスキュルは、カント哲学の影響を受けています。

 

五十嵐大介は、人間の認識の狭さを繰り返し描いています。環世界の意味の「ウムヴェルト」という題名の短編も書いています。

 

アニメでは、この世界のあり方について印象的な言葉が話されますが、それは言葉による比喩に過ぎません。時間も空間も、生も死も、人間の狭い認識に過ぎません。「誕生祭」と呼ばれている出来事も、人間がかってに意味づけをしているに過ぎないと思います。

 

このアニメはストーリーを追うとわからなくなります。考えるのではなく、感じる映画と言われます。たしかにストーリーを追うよりも圧倒的に美しい映像に溺れる作品です。ただ、考えること、感じることの限界を実感するアニメでもあると思います。

 

私は、VRを体験することで、この作品のテーマが、とても切実に感じられるようになりました。

 

2019年6月は、VR30周年なんです。1989年6月にバーチャルリアりティが体験できるゴーグル型の機器が発売されました。耳の機器がイヤフォンなので、目の機器ということで「アイフォン」と名付けられました。30年たって、VR機器が高性能で安価になりました。これから様々な分野で使われていきます。どんどん身近になります。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




劇場版アニメ「プロメア」新しいアニメの質感

  • 2019.06.25 Tuesday
  • 17:31


 

 

「天元突破グレンラガン」「キルラキル」の今石洋之監督と脚本家の中島かずきが、タッグを組んだオリジナルのアニメです。アニメーションスタジオのTRIGGERと、XFLAGが初めて共同製作しました。

 

 

 

2007年にTV放送されたロボットアニメ「天元突破グレンラガン」は、衝撃的でした。今石監督は、「天元突破グレンラガン」で初めてTVシリーズアニメの監督を務めました。劇団☆新感線の座付作家として活躍する中島かずきとは、アニメ「Re:キューティーハニー」で出会いました。

 

「プロメア」は、炎をテーマにしていますが、全編が激しく燃え続けている熱血ドラマです。炎を操る人種「バーニッシュ」が突然出現し、「世界大炎上」が起こり、世界の半分が焼失します。そして攻撃的なバーニッシュ「マッドバーニッシュ」は、世界を危機に陥れようとしています。

 

対バーニッシュ用の救命消防隊「バーニングレスキュー」の新人隊員ガロと、マッドバーニッシュのリーダー・リオは、互いの信念をぶつけあいますが、やがて心を通わせていきます。

 

主人公ガロを松山ケンイチ、リオを早乙女太一、ガロの上司クレイを堺雅人が、担当し、実力派俳優としての力をいかんなく発揮しています。堺雅人の豹変ぶりには、いつもながら驚かされます。

 

スタイリッシュな作画も、魅力的です。「天元突破グレンラガン」を連想させる場面も多いのですが、パステルカラーを強調した色彩と幾何学的なポリゴンを活用した表現が、新しいアニメの質感を生み出しています。

 

2時間に壮大な物語を凝縮しているので、クライマックスシーンの連続です。ただ、緊張がつづき、緩急がないので、魅力的な場面にも、だんだん慣れてしまいます。見ごたえはありますが、ちょっと残念な気もします。

 

ただ、決め台詞も多く、劇場で盛り上がるタイプの作品です。6月20日には、「発声OK!応援上映」も行われました。

 

入場特典と教えてもらったインターネットのアドレスで、ガロが「バーニングレスキュー」に入隊するエピソードを描いた「ガロ編」を観ました。10分間の短編ですが、しっかりと作りこまれていました。得した気分になりました。

 


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v



劇場版アニメ「バースデー・ワンダーランド」

  • 2019.05.30 Thursday
  • 23:21


 

 

原恵一監督が、柏葉幸子の児童文学「地下室からのふしぎな旅」をアニメ化した作品です。

 

 

 

誕生日の前日、小学生の少女アカネの前に、突然錬金術師ヒポクラテスとその弟子ピポが現れます。そして、自分たちの世界を救ってほしいと訴え、アカネを骨董品屋の地下室から繋がるワンダーランドに連れていきます。

 

小学生・少女アカネの声は、なんと松岡茉優です。彼女は、声優としても素晴らしい実績を持っていますが、小学生の声は無理です。ずっと気になっていました。

 

色鮮やかな場面は登場しますが、異世界冒険ファンタジーとしては、あまりにもおとなしいです。


展開が優等生で物足りません。クライマックスのしずく切りの儀式はとても魅力的でしたが、それでも物足りなさは残りました。

 


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v



劇場版アニメ「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」

  • 2019.05.30 Thursday
  • 23:20



「甲鉄城のカバネリ」は、2016年4月から6月までテレビ放送された全12話のオリジナルアニメです。「進撃の巨人」などのアニメを手掛けた「WIT STUDIO」が制作を担当しました。

 

一度死んだ後によみがえる「カバネ」が世界を覆いつくし、島国・日ノ本(ひのもと)は「駅」と呼ばれる砦の中で暮らし、機関車の城「甲鉄城」で移動しながら生活しています。ゾンビと「進撃の巨人」を合わせたような世界観です。美しい作画、映像美が魅力でしたが、後半のストーリー展開に無理があり、残念な終わり方をしていました。

 

続編は、中編アニメとして5月に劇場公開されました。「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」は、冒頭からスタイリッシュな戦闘シーンに見とれます。変化にとんだ場面が次々と楽しめ、非常にバランスが良い仕上がりです。圧倒的な映像美が強く印象に残ります。

 

主人公・生駒と、少女・無名の関係も進みます。ラストの楽しい踊りのシーンで癒されます。

 

劇場版として時間をかけ丁寧に制作したことは、高く評価します。荒木哲郎監督の美意識がさえわたっています。68分と劇場版としては短めですが、これだけの濃縮度、魅力度があれば、文句はありません。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




劇場アニメ「スパイダーマン:スパイダーバース」

  • 2019.04.27 Saturday
  • 12:08



劇場アニメ「スパイダーマン:スパイダーバース」は、フィル・ロードとクリストファー・ミラーの製作、フィル・ロードの脚本。ロードとミラーは、オファーされた時、「クレイジーなビジュアル作品をやれるなら引き受ける」と言ったそうです。監督は、ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマンの3人。

 

初代スパイダーマンのピーター・パーカーが殺された後、2代目スパイダーマンの少年マイルス・モラレスが、異次元から来た多彩なスパイダーマンたちとともに、世界の危機に立ち向かいます。全く違う絵柄、様々な表現スタイルのスパイダーマンが登場しますが、アニメ表現も斬新です。実験的と言えるほどの尖った表現にも出会えます。

 

私は、短編映画祭で斬新な映像表現に触れていますが、多くの観客にとっては驚きの体験だったと思います。激しく空間移動するアクション表現のキレにも、目を見張ります。字幕を追うのではなく日本語吹替版で観た方が良い作品です。

 

映像表現の革新性だけでなく、音楽表現も凝っています。ヒップホップなどをディスクジョッキー風につないでいます。音楽は場面に合わせて前面に出たり、奥に引っ込んだりして、気持ちの良い音響空間を拡げます。

 

アニメ作品は、表現方法によって棲み分けてきました。ピクサーに代表される精密な3Dアニメ、日本のジブリに代表されるセル画アニメ、そしてミュージックビデオに代表される実験的なアニメ。しかし、「スパイダーマン:スパイダーバース」は、それらの垣根を超え、見事な融合を果たしました。

 

自分に自信が持てずにいる主人公のマイルスは、父親がアフリカ系、母親がヒスパニック系です。現実世界では、差別の対象になる彼が、成長し世界を救うヒーローになるという設定も悪くありません。

 

劇場アニメは、「スパイダーマン:スパイダーバース」によって、新しい地平に踏み出したと言えます。さらに挑戦的な、続編に期待します。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




アニメ「ペンギン・ハイウェイ」

  • 2019.02.24 Sunday
  • 23:23



第31回日本SF大賞を受賞した森見登美彦の小説を、アニメ化しました。監督は、30歳の石田祐康。初めて長編劇場アニメを担当しました。才能豊かな若手監督です。

 

好奇心旺盛な小学4年生のアオヤマ君が主人公です。ある日、街にペンギンの群れが出現し始めます。ペンギンの正体を探る「ペンギン・ハイウェイ研究」を進めるアオヤマ君は、歯科医院のお姉さんがペンギンを出現させる瞬間を目撃します。

 

奇想天外な物語ですが、細かな表現の積み重ねで、独創的な世界に引き込まれます。愛すべき佳作です。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




アニメ「未来のミライ」

  • 2019.02.24 Sunday
  • 23:22



「未来のミライ」は、「バケモノの子」に続く細田守監督の長編オリジナル作品第5作です。4歳の男の子・くんちゃんと未来からやってきた妹のミライちゃんの交流が描かれます。キレのあるアニメ表現、建築や都市の斬新なデザインは、評価できます。

 

しかし、くんちゃんの父親が設計した家は、急な階段が至る所にあり、とても4歳児と赤ちゃんと住む家ではありません。物語の展開よりも、転げ落ちないかとハラハラし通しでした。

 

私は俳優がアニメの声優を務めることに、基本的に反対はしません。しかし4歳児くんちゃんの声を聞いて耳を疑いました。上白石萌歌(かみしらいし ・もか)の声は、どう考えても中高生の女の子の声です。ストーリーが進んでも違和感は消えませんでした。ストーリーも底が浅く、私は評価しません。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




アニメ「劇場版ドラゴンボール超 ブロリー」

  • 2019.02.24 Sunday
  • 23:21



「ドラゴンボールZ 復活の「F」」から、3年ぶりの劇場公開アニメ。正式に「ドラゴンボールスーパー」名義の劇場版アニメとしては初めての作品です。悟空、ベジータ、ブロリーの出会いから戦闘が中心で、フリーザ軍とサイヤ人の歴史も描かれています。

 

はっきり言って、前半50分の物語は面白くありません。しかし、後半の悟空、ベジータ、ブロリーの戦闘シーンの迫力は、予想以上です。凄まじい戦いが、延々と続きます。見終わった後の満足感は少なくありません。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




2018年劇場アニメ・ベスト5

  • 2019.01.29 Tuesday
  • 07:39


2018年に私が観た劇場アニメの中から選んでいます。「未来のミライ」「ペンギン・ハイウェイ」「若おかみは小学生!」は観ていません。申し訳ありませんが、ご理解ください。


★5位「インクレディブル・ファミリー」
「Mr.インクレディブル」の14年ぶりの続編です。ブラッド・バード監督が前作に続いて監督・脚本を手がけています。

スーパーパワーを持つボブの家族は、スーパーヒーローの活動が禁止されているので、平凡な日常を送っています。しかし、母ヘレンがヒーロー活動をすることになり、謎の敵が登場します。スピード感あふれる映像表現は、いつもながら感心します。

様々な超能力合戦の組み合わせのアイデアも、とても考えられています。さすがです。ただ、スーパーヒーローに依存する大衆というテーマは、もはや定番で、目新しいものではありません。


★4位は「さよならの朝に約束の花をかざろう」
監督・脚本は、脚本家の岡田麿里です。初監督作品です。不老長寿の種族イオルフの少女マキアと、マキアが育てる人間の少年エリアルを中心にした壮大なスケールの物語。物語を引き立てる繊細な作画が素晴らしいです。

ストーリーは、衝動的すぎる面があるものの、それが大きな欠点にはなっていません。細かな突っ込みを入れるよりも、監督が全力投球した質感が清々しい。編み上げた布であると同時に手紙でもある「ヒビオル」というアイデアが、良く生かされています。


3位「リズと青い鳥」
「聲の形」が高い評価を受けた山田尚子監督が手がけました。京都アニメーション制作のテレビアニメ「響け!ユーフォニアム」の新作劇場版です。

高校の吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美は、ともに3年生となり、最後のコンクールを控えています。コンクールの自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うパートがありますが、2人の掛け合いが、うまくかみ合いません。

言葉にすると、崩れてしまいそうなほど繊細な世界を描いています。アニメとしては、未踏の領域に踏み出した表現に出会えます。微妙な感情の揺れ、吐息、心のつながり。研ぎ澄まされた柔らかな空気感に貫かれています。


★2位「リメンバー・ミー」
ピクサー・アニメーションの製作。監督は、「トイ・ストーリー3」でアカデミー賞を受賞しているリー・アンクリッチ。製作総指揮は、ジョン・ラセターです。2018年の第90回アカデミー賞では、長編アニメーション賞と主題歌賞を受賞しました。ピクサーばかり長編アニメーション賞を受賞していますが、この出来栄えなら仕方ないと思います。

メキシコの祝日「死者の日」を舞台に、陽気でカラフルな「死者たちの世界」が描かれます。

天才的なギターの才能を持つ少年ミゲルはミュージシャンを夢見ていますが、彼の一族は音楽を禁じられています。ミゲルは、夢をあきらめることができません。

ある日、憧れの伝説的ミュージシャン、デラクルスのお墓に飾ってあったギターを手にしたとたん、「死者の国」に迷いこんでしまいます。そこは楽しく美しい世界でした。

ストーリーは良く練られ、意外な展開の果てに、伏線が見事に回収され、奇麗にハッピーエンドを迎えます。あまりにも鮮やかな手さばきに、悔しさを覚えるほどです。劇中歌「リメンバー・ミー」が、物語の大きな鍵を握っています。本当に心にしみます。


★1位は「犬ヶ島」です。ウェス・アンダーソン監督が日本を舞台に制作したストップモーションアニメ。第68回ベルリン国際映画祭オープニング作品として上映、コンペティション部門で監督賞を受賞しました。

細部のビジュアル表現が、とても魅力的。ものすごく手が込んでいます。アートとエンターテインメントが見事に融合しています。

20年後の日本のメガ崎市を舞台に、東京湾の埋め立て地・ゴミの島に隔離されている愛犬スポッツを探す少年アタリと犬たちが繰り広げる冒険活劇です。絵画をはじめ日本文化への深いリスペクトが込められています。

登場する個性豊かな犬たちには、本物のアルパカの毛を植毛しているので、実在感があります。

「七人の侍」のテーマが、繰り返し流れます。音楽だけでなく、全編にわたって、黒澤明監督への熱烈なオマージュが感じられます。

アンダーソン監督は、日本文化への熱い思いを披露しながら、一方でハリウッド映画の間違った日本文化の紹介を皮肉っています。


俵屋年彦の電子書籍

http://urx.nu/PhCp



「リズと青い鳥」

  • 2019.01.10 Thursday
  • 16:45



山田尚子(なおこ)監督が手がけた「リズと青い鳥」は、吹奏楽に青春をかける高校生たちを描いた京都アニメーション制作のテレビアニメ「響け!ユーフォニアム」の完全新作劇場版です。
コンクールの自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うパートがありますが、親友2人の掛け合いはうまくかみ合いません。
言葉にすると、崩れてしまいそうなほど繊細な世界を描いています。アニメとしては、未踏の領域に踏み出した表現に出会えます。
微妙な感情の揺れ、吐息、心のつながり。研ぎ澄まされた柔らかな空気感に貫かれています。

電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM