アニメ「天気の子」、議論を巻き起こす壮大な実験作品

  • 2019.08.30 Friday
  • 07:20



新海誠監督の新作アニメ「天気の子」は、もうご覧になりましたか。期待を裏切らない作品に仕上がっています。いや、期待以上の驚きを与えてくれました。

 

歴史的な大ヒットを記録した「君の名は。」から3年。新海誠監督が、どんな新しい作品を届けてくれるのか、とても楽しみにしていました。「天気の子」を観て、監督が驚くほど冷静な作品づくりをしていることに感動しました。そして、揺るぎない作家性にも心を打たれました。

 

制作スタッフは、「君の名は。」とほぼ同じですが、組織体制は変わっています。 プロデューサーの古澤佳寛、川村元気の両氏は、東宝を飛び出し、2017年9月に新会社STORYを設立しました。このSTORYが企画・製作に当たりました。そのことで、新海監督の大胆な挑戦が可能になったのだと思います。

 

16歳の高校1年生の男の子が、島から家出し、東京にやって来ます。オカルト雑誌のライターの仕事を始めますが、不思議な少女と出会います。彼女には、「祈る」ことで天気を晴れにできる能力がありました。

 

その力で、仕事を始め注目されますが、物語は意外や方向へと発展していきます。雨の表現は、ますます多彩になりました。そして天候による都市の表情の変化の美しさには目を見張りました。世界を輝かせる新海マジックは、健在でした。

 

主人公の森嶋帆高の声優は、醍醐虎汰朗。彼と出会う少女・天野陽菜の声優は森七菜が担当しています。2000人のオーディションの中から選ばれました。初々しくてなかなか良かったです。

 

空前のヒットを記録した「君の名は。」ですが、2000万人以上が観たことで、予想外の批判も起こりました。新海監督は、それを前向きに受け止め、あえて賛否の分かれるストーリーにしています。とても楽しい映画ですが、議論を巻き起こす壮大な実験作品でもあります。

 

雨が降り続く東京が舞台。大雨被害が相次いでいる天候不順な時期に公開されたことで、「天気の子」の世界は、異様なリアルさを持ち始めます。新海監督の時代感覚の鋭さを感じさせます。そして地球規模の長期的な視点が、印象的でした。

 

公開初日は、7月19日。京都アニメーションの放火事件の翌日でした。新海監督は、舞台あいさつで悲惨な事件に触れながら、「どういうことがあったとしてもエンターテインメントを作って表現することで自分たちや誰かを傷つける可能性もゼロではないけれど、怯まずに、それをやり続けていくことが自分たちの役目であり、一番やりたいことなんだなと改めて思いました」と、作品を作り続ける決意を述べています。その言葉に、うたれました。

 

今回もRADWIMPSが音楽を担当しています。効果的な曲が、作品をより豊かな世界へと高めています。中でも、女性ボーカルとして三浦透子が参加した「グランドエスケープ」は、深い感動を運んできました。

 


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




劇場アニメ「きみと、波にのれたら」

  • 2019.08.17 Saturday
  • 10:01



「きみと、波にのれたら」の予告編を観ると、薄っぺらな恋愛ものに思えましたが、作家性がつよい湯浅政明監督なので、それだけで終わるはずはないと思い、劇場に足を運びました。

 

サーフィン好きな女子大生と消防士の青年が恋に落ち、甘い日々を送りますが、後半は予想外の展開を見せます。前作「夜明け告げるルーのうた」に続くオリジナル作品です。独創的な水の表現が見所です。

 

濃厚な作家性、過剰な表現が持ち味の湯浅監督ですが、今回は様々なアイデア、魅力的な表現を盛り込みつつ、明るい歌にのせて、軽快にテンポよく進みます。

 

「マインド・ゲーム」など過激で濃密な作品だけでなく、これくらいの濃度で気持ちよく流れる作品も悪くありません。これはこれで新たな挑戦だと思います。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




アニメ「トイ・ストーリー4」

  • 2019.08.17 Saturday
  • 09:53



綺麗な結末を迎えたと思っていた「トイ・ストーリー」が、予想外の続編を公開しました。新作「トイ・ストーリー4」は、ピクサー作品でストーリーボード・アーティストを担当してきたジョシュ・クーリーが、長編初監督を務めました。

 

「トイ・ストーリー4」の予告編を見たとき、くにゃくにゃの使い捨てフォークが仲間入りしていて、何かの冗談かと思いましたが、ウッディたちの新しい持ち主になった女の子ボニーが工作で作ったフォークの人形・フォーキーは、とても重要な役回りをします。

 

相変わらず気持ちの良いテンポで物語が進みます。実写と変わらないリアルな風景、人形たちの微妙な表情の変化や繊細な質感の表現には、感動しました。「トイ・ストーリー2」以来19年ぶりに再登場した陶器製の人形ボー・ピープが大活躍します。

 

人形を、子供自らが作るという新たな視点の導入で、完璧な結末と思われたトイ・ストーリーの世界が、別の展開を見せます。ラストのウッディの決断も、新鮮でした。

 

最初の「トイ・ストーリー」は、ピクサー・アニメーション・スタジオが制作して、1995年に公開されたコンピュータアニメ作品でした。

 

私が自分のホームページを開設したのは、1996年3月18日です。その月に日本で劇場公開されたのが、「トイ・ストーリー」でした。長さは81分。さっそく、ホームページに映画の感想を書きました。こんな内容です。

 

アニメ「トイ・ストーリー」(1995年)は、とても良くできています。完成作品総メモリー500GB。世界初の3Dフル・コンピューター・グラフィックス・アニメーションという話題性に溺れずに、全編を通じてアニメの職人芸と優しさがあふれています。さまざまな人形キャラクターの描き分けも見事です。ラストに向かって徐々にスピードを上げていく演出も巧みでした。

「ベイブ」は動物の視点から人間を見つめていましたが、「トイ・ストーリー」はおもちゃの視点で子供たちの移り気や残酷さを見つめています。おもちゃを破壊する、敵役のシド少年が作り上げたフリーク・トイのデザインは、子供の無邪気さと悪意を象徴していて、秀抜です。彼等がカウボーイ人形ウッディの呼びかけで、シド少年を脅かしに行くシーンはおもちゃ版「フリークス」でしょうか。

「マスク」「ジキル博士はミスハイド」など、人間のアニメ化が盛んになる一方、人形たちに人間らしい息吹を吹き込む技術としてもコンピューターは力を発揮します。もう垣根はありません。生物と無生物。人間と動物。そんな壁を軽々と乗り越えて、主人公がさまざまな視点から世界を体験する時代です。

 

以上です。
さまざまな視点から世界を体験する時代。あれから23年が経ち、今まさにVRによって実現しようとしている世界です。

 

「トイ・ストーリー」の着想のきっかけを作ったのは、おもちゃコレクターの北原照久です 。監督のジョン・ラセターが横浜の北原が運営するブリキのおもちゃ博物館を訪問したことでトイ・ストーリーの構想が誕生しました。

 

1990年代では、CG製作に多額の費用が必要でした。ピクサーのCEO最高経営責任者・スティーブ・ジョブズの資産がなければ、制作は不可能でした。公開までの4年間の投資額は5000万ドルに上りました。しかし「トイ・ストーリー」のヒットでピクサーの株は高騰し、スティーブ・ジョブスの資産は4億ドル増えました。そしてピクサーが、良質なCGアニメを制作していける基盤ができました。

 


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




劇場アニメ「海獣の子供」圧倒的な映像体験

  • 2019.06.25 Tuesday
  • 17:33



渡辺歩監督 が、五十嵐大介 が2006年から2011年にかけて連載したコミック「海獣の子供」をもとにアニメ化しました。五十嵐のコミックがアニメ化されるのは今回が初めてです。

 

「海獣の子供」は、中学生の少女・琉花が、ジュゴンに育てられた2人の少年と出会い、驚異の海洋体験をする物語です。

 

渡辺監督は、劇場版「ドラえもん」シリーズなどを監督してきました。制作は、アニメ表現にこだわることで有名なSTUDIO4°C。6年間かけて制作しました。音楽は、久石譲が、担当。映像世界をしっかりと支えています。

 

キャラクターデザインと総作画監督を、小西賢一が担当しています。小西賢一は「かぐや姫の物語」「千年女優」などの作画監督として有名です。彼も、こだわりの人です。

 

原作は緻密な書き込みが特徴ですが、アニメでも原作のタッチを生かした緻密な表現が追求されています。それに鮮やかな色彩と繊細な動きが加わり、これまで見たことのない質感のアニメ表現になっています。

 

あたらしいアニメ表現を、大きなスクリーンで見る幸せをかみしめました。

 

私は、2010年前後、連載途中の「海獣の子供」を読みました。その圧倒的な画力に驚きましたが、伝えようとしているテーマについては、心の奥には十分届いていませんんでした。

 

2014年に没入型のVRを体験し、人間の感覚について学びなおすことによって、「海獣の子供」のテーマは、心の奥にまで届くようになりました。

 

映画の中で「鯨の歌は、とても複雑な情報の波なんだ。鯨たちはもしかしたら、見た風景や感情をそのままの形で、伝え合って共有しているのかもしれない」という話が出てきます。


これは、今後VRが実現しようとしていることです。

 

研究者でアーテストの落合陽一さんは、「VRで人はイルカのようになる」と話しています。イルカは、超音波によって周囲の状況を3次元的に把握し、それを超音波によって仲間に伝えています。人間も、周囲の状況を3Dスキャンして、他人にデータとして送ったものをVR機器で再生することで、複数の人々が同じ体験を共有できるようになります。

 

「この世界に在るもののうち、僕ら人間に見えているものなんて、ほんの僅かしかない」人間と鯨などの世界は全く違い、人間には分からない世界が広がっているという「環世界」という考えが出てきます。

 

すべての動物はそれぞれに特有の知覚世界をもって生きています。環境を、独自の時間・空間として知覚しています。環世界は、もともとユクスキュルが提唱した生物学の概念です。


しかし生物学を超えて、哲学にも大きな影響を与えました。ユクスキュルは、カント哲学の影響を受けています。

 

五十嵐大介は、人間の認識の狭さを繰り返し描いています。環世界の意味の「ウムヴェルト」という題名の短編も書いています。

 

アニメでは、この世界のあり方について印象的な言葉が話されますが、それは言葉による比喩に過ぎません。時間も空間も、生も死も、人間の狭い認識に過ぎません。「誕生祭」と呼ばれている出来事も、人間がかってに意味づけをしているに過ぎないと思います。

 

このアニメはストーリーを追うとわからなくなります。考えるのではなく、感じる映画と言われます。たしかにストーリーを追うよりも圧倒的に美しい映像に溺れる作品です。ただ、考えること、感じることの限界を実感するアニメでもあると思います。

 

私は、VRを体験することで、この作品のテーマが、とても切実に感じられるようになりました。

 

2019年6月は、VR30周年なんです。1989年6月にバーチャルリアりティが体験できるゴーグル型の機器が発売されました。耳の機器がイヤフォンなので、目の機器ということで「アイフォン」と名付けられました。30年たって、VR機器が高性能で安価になりました。これから様々な分野で使われていきます。どんどん身近になります。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




劇場版アニメ「プロメア」新しいアニメの質感

  • 2019.06.25 Tuesday
  • 17:31


 

 

「天元突破グレンラガン」「キルラキル」の今石洋之監督と脚本家の中島かずきが、タッグを組んだオリジナルのアニメです。アニメーションスタジオのTRIGGERと、XFLAGが初めて共同製作しました。

 

 

 

2007年にTV放送されたロボットアニメ「天元突破グレンラガン」は、衝撃的でした。今石監督は、「天元突破グレンラガン」で初めてTVシリーズアニメの監督を務めました。劇団☆新感線の座付作家として活躍する中島かずきとは、アニメ「Re:キューティーハニー」で出会いました。

 

「プロメア」は、炎をテーマにしていますが、全編が激しく燃え続けている熱血ドラマです。炎を操る人種「バーニッシュ」が突然出現し、「世界大炎上」が起こり、世界の半分が焼失します。そして攻撃的なバーニッシュ「マッドバーニッシュ」は、世界を危機に陥れようとしています。

 

対バーニッシュ用の救命消防隊「バーニングレスキュー」の新人隊員ガロと、マッドバーニッシュのリーダー・リオは、互いの信念をぶつけあいますが、やがて心を通わせていきます。

 

主人公ガロを松山ケンイチ、リオを早乙女太一、ガロの上司クレイを堺雅人が、担当し、実力派俳優としての力をいかんなく発揮しています。堺雅人の豹変ぶりには、いつもながら驚かされます。

 

スタイリッシュな作画も、魅力的です。「天元突破グレンラガン」を連想させる場面も多いのですが、パステルカラーを強調した色彩と幾何学的なポリゴンを活用した表現が、新しいアニメの質感を生み出しています。

 

2時間に壮大な物語を凝縮しているので、クライマックスシーンの連続です。ただ、緊張がつづき、緩急がないので、魅力的な場面にも、だんだん慣れてしまいます。見ごたえはありますが、ちょっと残念な気もします。

 

ただ、決め台詞も多く、劇場で盛り上がるタイプの作品です。6月20日には、「発声OK!応援上映」も行われました。

 

入場特典と教えてもらったインターネットのアドレスで、ガロが「バーニングレスキュー」に入隊するエピソードを描いた「ガロ編」を観ました。10分間の短編ですが、しっかりと作りこまれていました。得した気分になりました。

 


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v



劇場版アニメ「バースデー・ワンダーランド」

  • 2019.05.30 Thursday
  • 23:21


 

 

原恵一監督が、柏葉幸子の児童文学「地下室からのふしぎな旅」をアニメ化した作品です。

 

 

 

誕生日の前日、小学生の少女アカネの前に、突然錬金術師ヒポクラテスとその弟子ピポが現れます。そして、自分たちの世界を救ってほしいと訴え、アカネを骨董品屋の地下室から繋がるワンダーランドに連れていきます。

 

小学生・少女アカネの声は、なんと松岡茉優です。彼女は、声優としても素晴らしい実績を持っていますが、小学生の声は無理です。ずっと気になっていました。

 

色鮮やかな場面は登場しますが、異世界冒険ファンタジーとしては、あまりにもおとなしいです。


展開が優等生で物足りません。クライマックスのしずく切りの儀式はとても魅力的でしたが、それでも物足りなさは残りました。

 


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v



劇場版アニメ「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」

  • 2019.05.30 Thursday
  • 23:20



「甲鉄城のカバネリ」は、2016年4月から6月までテレビ放送された全12話のオリジナルアニメです。「進撃の巨人」などのアニメを手掛けた「WIT STUDIO」が制作を担当しました。

 

一度死んだ後によみがえる「カバネ」が世界を覆いつくし、島国・日ノ本(ひのもと)は「駅」と呼ばれる砦の中で暮らし、機関車の城「甲鉄城」で移動しながら生活しています。ゾンビと「進撃の巨人」を合わせたような世界観です。美しい作画、映像美が魅力でしたが、後半のストーリー展開に無理があり、残念な終わり方をしていました。

 

続編は、中編アニメとして5月に劇場公開されました。「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」は、冒頭からスタイリッシュな戦闘シーンに見とれます。変化にとんだ場面が次々と楽しめ、非常にバランスが良い仕上がりです。圧倒的な映像美が強く印象に残ります。

 

主人公・生駒と、少女・無名の関係も進みます。ラストの楽しい踊りのシーンで癒されます。

 

劇場版として時間をかけ丁寧に制作したことは、高く評価します。荒木哲郎監督の美意識がさえわたっています。68分と劇場版としては短めですが、これだけの濃縮度、魅力度があれば、文句はありません。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




劇場アニメ「スパイダーマン:スパイダーバース」

  • 2019.04.27 Saturday
  • 12:08



劇場アニメ「スパイダーマン:スパイダーバース」は、フィル・ロードとクリストファー・ミラーの製作、フィル・ロードの脚本。ロードとミラーは、オファーされた時、「クレイジーなビジュアル作品をやれるなら引き受ける」と言ったそうです。監督は、ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマンの3人。

 

初代スパイダーマンのピーター・パーカーが殺された後、2代目スパイダーマンの少年マイルス・モラレスが、異次元から来た多彩なスパイダーマンたちとともに、世界の危機に立ち向かいます。全く違う絵柄、様々な表現スタイルのスパイダーマンが登場しますが、アニメ表現も斬新です。実験的と言えるほどの尖った表現にも出会えます。

 

私は、短編映画祭で斬新な映像表現に触れていますが、多くの観客にとっては驚きの体験だったと思います。激しく空間移動するアクション表現のキレにも、目を見張ります。字幕を追うのではなく日本語吹替版で観た方が良い作品です。

 

映像表現の革新性だけでなく、音楽表現も凝っています。ヒップホップなどをディスクジョッキー風につないでいます。音楽は場面に合わせて前面に出たり、奥に引っ込んだりして、気持ちの良い音響空間を拡げます。

 

アニメ作品は、表現方法によって棲み分けてきました。ピクサーに代表される精密な3Dアニメ、日本のジブリに代表されるセル画アニメ、そしてミュージックビデオに代表される実験的なアニメ。しかし、「スパイダーマン:スパイダーバース」は、それらの垣根を超え、見事な融合を果たしました。

 

自分に自信が持てずにいる主人公のマイルスは、父親がアフリカ系、母親がヒスパニック系です。現実世界では、差別の対象になる彼が、成長し世界を救うヒーローになるという設定も悪くありません。

 

劇場アニメは、「スパイダーマン:スパイダーバース」によって、新しい地平に踏み出したと言えます。さらに挑戦的な、続編に期待します。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




アニメ「ペンギン・ハイウェイ」

  • 2019.02.24 Sunday
  • 23:23



第31回日本SF大賞を受賞した森見登美彦の小説を、アニメ化しました。監督は、30歳の石田祐康。初めて長編劇場アニメを担当しました。才能豊かな若手監督です。

 

好奇心旺盛な小学4年生のアオヤマ君が主人公です。ある日、街にペンギンの群れが出現し始めます。ペンギンの正体を探る「ペンギン・ハイウェイ研究」を進めるアオヤマ君は、歯科医院のお姉さんがペンギンを出現させる瞬間を目撃します。

 

奇想天外な物語ですが、細かな表現の積み重ねで、独創的な世界に引き込まれます。愛すべき佳作です。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




アニメ「未来のミライ」

  • 2019.02.24 Sunday
  • 23:22



「未来のミライ」は、「バケモノの子」に続く細田守監督の長編オリジナル作品第5作です。4歳の男の子・くんちゃんと未来からやってきた妹のミライちゃんの交流が描かれます。キレのあるアニメ表現、建築や都市の斬新なデザインは、評価できます。

 

しかし、くんちゃんの父親が設計した家は、急な階段が至る所にあり、とても4歳児と赤ちゃんと住む家ではありません。物語の展開よりも、転げ落ちないかとハラハラし通しでした。

 

私は俳優がアニメの声優を務めることに、基本的に反対はしません。しかし4歳児くんちゃんの声を聞いて耳を疑いました。上白石萌歌(かみしらいし ・もか)の声は、どう考えても中高生の女の子の声です。ストーリーが進んでも違和感は消えませんでした。ストーリーも底が浅く、私は評価しません。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM