劇場版アニメ「BLAME!」

  • 2017.06.28 Wednesday
  • 20:43



劇場版アニメ「BLAME!」は、1993年から2003年まで月刊アフタヌーンに連載された、弐瓶勉によるSFコミックのアニメ化です。監督・ 脚本は『亜人』『シドニアの騎士』の瀬下寛之。コミックは、弐瓶勉初の長編連載作品で、人よりも全体像がわからない階層都市・巨大建築物が主人公でした。とても先駆的な内容です。

 

都市のネットワークにアクセスできる「ネット端末遺伝子」を失った人類は、過去の繁栄の記憶を忘れ、都市の片隅で細々と生き残っています。都市の保安システムからは、見つかると異物として駆除されてしまいます。

 

主人公の霧亥(キリイ)は、「ネット端末遺伝子」を持つ人間を探し放浪しています。手にしているのは、全てを貫通する強力な銃「重力子放射線射出装置」。ものすごい破壊力です。

 

アニメは、見ごたえのある人間ドラマになっています。食料がなくなり滅びようとしていた村が舞台。少女・づるたちは食料探しの旅に出ますが、都市の保安システムに見つかり、攻撃を受けます。絶体絶命のとき、霧亥が現れ、づるを救います。づるは、霧亥を村に連れていきます。そこから物語が始まります。

 

霧亥は、西部劇ていえば無敵のガンマンです。少女・づるは、とてもかわいいです。サイボーグの科学者・シボは、キャラクターがとても魅力的です。立ち振る舞いが、シャープです。

 


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




劇場アニメ「夜は短し歩けよ乙女」は、湯浅政明監督ならではの独創的な表現

  • 2017.05.28 Sunday
  • 19:20


 

 

森見登美彦の初期小説「夜は短し歩けよ乙女」、黒髪の乙女に思いを寄せる冴えない大学生の物語を、湯浅政明監督がアニメ化しました。なんと、13年ぶりの劇場アニメです。

 

 

京都を舞台にしています。京都の不思議な時空間で、奇妙な物語が進み、荒唐無稽なエネルギーがさく裂します。大学時代のお祭り騒ぎ、自由さが広がります。湯浅政明ならではの独創的なアニメ表現ですが、さすがに歴史的な傑作「マインド・ゲーム」には及びません。

 

あらためて湯浅政明監督を紹介します。

1990年から放送開始の『ちびまる子ちゃん』では、初代OP「ゆめいっぱい」、初代ED「おどるポンポコリン」の作画を担当しました。1992年の映画「ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌」で「1969年のドラッグレース」「買い物ブギ」の音楽シーンを担当し、個性を爆発させています。

 

2004年公開の映画初監督作品「マインド・ゲーム』」では脚本も務め、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞し、世界的に注目されましたが、興行収入はとても少なかったようです。

 

2010年には森見登美彦原作の『四畳半神話大系』をTVアニメ化し、『マインド・ゲーム』以来2度目となる文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞しています。

 


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v



劇場版アニメ「ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール」

  • 2017.03.25 Saturday
  • 22:31



「ソードアート・オンライン」は、川原礫のライトノベル。VRを舞台にした物語です。2009年4月から「ソードアート・オンライン」シリーズの刊行を開始しました。小説は日本国内で累計1250万部(全世界1900万部)発行を記録しています。

 

Oculus VRの創業者パーマー・ラッキーが「ソードアート・オンライン」のコスプレをするぐらいのファンであることは、有名です。インタビュアーが訪れると、パーマー・ラッキーのいるオフィスの壁に「ソードアート・オンライン」の主人公キリトの絵が描かれていたと言います。

 

2014年にアメリカで開かれたAnime Expoでは、Oculus VRが「ソードアート・オンライン」のVRアプリを出展しました。Oculus VRがKADOKAWAに打診して企画が通り日本の制作チームが作成しました。川原礫も現地でパーマー・ラッキーと会い、「ソードアート・オンライン」のVRを体験しています。

 

テレビアニメ「ソードアート・オンライン」は、2012年7月から12月まで放送。全25話。アインクラッド編とフェアリィ・ダンス編をアニメ化。「ソードアート・オンライン2」は、2014年7月から12月まで放送。全24話。ファントム・バレット編、キャリバー編、マザーズ・ロザリオ編をアニメ化。

 

「ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール」(2017年)は、シリーズ初の劇場版。川原礫の完全書き下ろしストーリーです。これまで描かれてきたVRではなくAR(拡張現実)を中心に、2026年春が舞台となっています。人工知能、記憶のコピーという大きなテーマも盛り込まれました。

 

2026年、フルダイブ型のVRではなく、現実世界をフィールドとする拡張現実型のオーグマーが、急速に普及しています。オーグマーを使用して遊ぶゲームが「オーディナル・スケール」。東京の街並みが「オーディナル・スケール」の世界に変わっていくシーンに、ぞくぞくしました。ARによるこれからの現実感覚を示しています。

 

物語は、第1期TVアニメとのつながりが強いです。ただ、初見でも楽しめます。キリトとアスナの関係を中心に、ファンにとって美味しい場面が続きますが、ファンサービスの作品ではありません。VRとARがその特徴を生かして人間ドラマと絡む、よく練られた構成です。

 

アニプレックスは、2016年9月に「スクリプトルーム」の新設を発表しました。社内に設けたアニメシナリオなどのテキストを制作するチームです。全員で決定稿まで議論しています。脚本の密度の濃さを生み出しています。「ソードアート・オンライン オーディナル・スケール」はスクリプトルームの第1作に当たります。

 

たたみかける映像の迫力、矢継ぎ早の戦闘シーンは魅力的です。そして人工知能ユナの悲しい秘密。ユナが戦闘場面で歌う曲も美しいです。ユナ役の神田沙也加は、会話から流れるように歌い出します。うまいです。

 

予想を超えた傑作でした。エンドロール後の意味深な映像とともに、"SAO will return.”の文字。続編が、待ち遠しいです。テレビアニメシリーズの3期にも期待しましょう。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v




ゆうばり国際ファンタステック映画祭オープニング作品「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」

  • 2017.03.23 Thursday
  • 18:52


 

 

今年のゆうばり国際ファンタステック映画祭は、例年より1週間遅い開会でした。初日3月2日に、夕張を訪れました。昨年のオープニングは吹雪になりましたが、ことしは、穏やかな天気でした。

 

 

 

ことしの3月6日は、夕張市の財政破たんから10年目に当たります。鈴木直道夕張市長は「新しい夕張の一歩が、 映画祭期間中にスタートします。この10 年間、映画祭にお集まりのみなさんに夕張市民がどれだけ救われたかわかりません」とあいさつしました。

 

オープニングセレモニーでは、夕張再生に向けた「RESTART!」のメッセージを込めた映像が初めて公開されました。BGM にはGLAY の曲が使われていました。

 

2014年でインターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門でグランプリに輝いた堀貴秀監督「JUNK HEAD」の続編の予告編映像も紹介されました。「JUNK HEAD」は、4年間かけてほとんど一人で作り上げた30分のコマ撮り作品でした。端正な造形とダークな世界観、そしてほのかなコメディ色が特徴です。制作は順調のようで「JUNK HEAD 2」の公開が楽しみです。2014年の夕張で、堀監督と映画について話したことが懐かしく思い出されます。

 

オープニング上映会場は、ことしも体育館でしたが、音響は素晴らしかったです。特に低音は身体を揺さぶるほどでした。ことしのオープニング作品は「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」です。

 

「精霊のもり人」「東のエデン」「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズなどの神山健治監督のオリジナル長編劇場アニメです。残念ながら神山監督は来ませんでしたが、映画の前のビデオ映像で制作にかけた3年間の苦労を話しました。

 

今回の作品は、ふつうの女子高生・森川ココネが主人公です。2020年夏という東京オリンピックの年が舞台の近未来アニメ。前半は、やや話しが混み入っていますが、ラストに向けて怒涛の展開を見せます。見応えがありました。

 

予告編に、オキュラス・リフトのようなVRヘッドセットが登場したので、VRと作品が、どうつながるのかと思っていましたが、VRヘッドセットは新しいモニターとしての役割にとどまっていました。作品のテーマは、自動運転をめぐる世代間の価値の違いでした。

 

エンドロールの歌は、名曲「デイ・ドリーム・ビリーバー」。ココネの声優を務めた高畑充希が歌っています。エンドロールの映像は、本編では謎だったココネの両親の出会いと恋愛を描いていて、本編以上に面白かったです。


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v



2016年劇場アニメ・ベスト5

  • 2017.02.06 Monday
  • 18:46


 

 

私が、2016年に劇場で観たアニメの中から選んでいます。ほかにたくさんの傑作があると思いますが、ご理解ください。

 

 

 

★5位「父を探して」
「父を探して」は、出稼ぎに出た父親を探し、少年が世界を旅する物語です。ブラジルのアレ・アブレウ監督による長編アニメです。セリフもテロップもありません。それでも、十分に伝わります。アカデミー賞長編アニメーション部門の最終候補にノミネートされ、注目を集めました。

 

クレヨン・色鉛筆・切り絵・油絵具、コラージュなどを巧みに使ったアニメは、多彩であり、センスが良く、わくわくします。豊かな映像表現は、札幌国際短編映画祭で、たくさん観てきたので、それほど驚きませんが、それでも高い水準を保ち続けたこの長編は、間違いなく力作です。

 

★4位「聲の形」
「聲の形」は、大今良時(おおいま・よしとき)のコミックをアニメ化しました。山田尚子(やまだ・なおこ)監督。制作は京都アニメーションです。聴覚障害によっていじめられ、嫌がらせを受けるようになった少女と、彼女のいじめの中心人物となったことが原因で周囲に切り捨てられ孤独になった少年の触れ合い。 「気持ちを伝えることの難しさ」、 人間の孤独や絶望、純愛を繊細に描いています。

 

 一歩間違えば、障碍者を使って感動を押し付ける差別的な作品にもなりかねない、アニメとしては、非常に難しいテーマに挑みました。ひりひりする感情が伝わってくる作品です。

 

★3位「ズートピア」
アニメ「ズートピア」(リッチ・ムーア、バイロン・ハワード、ジャレド・ブッシュ監督、2016年)は、まず映像の美しさに驚かされますが、本当に驚くのは、大どんでん返しまでの良く練られた脚本です。じつに鮮やかな手さばきです。

 

新米ウサギの警察官ジュディ・ホップスと、キツネの詐欺師ニック・ワイルドの2人を軸に物語は進みます。連続行方不明事件を探る中で、二人の関係は深まります。そして、「ズートピア」の人種差別、欺瞞があぶり出されていきます。

 

差別の問題を動物の世界に置き換えることで、鋭い指摘が可能になっています。深い社会派作品でした。

 

★2位「君の名は。」
アニメ「君の名は。」は、これまでの新海誠の表現から大きく踏み出した作品です。しかし新海誠の、美しく切ないテイストは健在です。表現の幅は、さらに豊かに広がりました。安藤雅司(あんどう・まさし)氏ら、多くのベテランたちの協力で、幅広い層が楽しめる内容になりました。

 

すべての音楽をRADWIMPS(ラッドウィンプス)が手がけています。音楽と映像が響きあいます。新海誠監督は、初期のころから、音楽とのシンクロを重視してきました。2001年にデビュー前の新海誠監督に出会い、その才能に驚いてから15年。アニメ制作を独力で始めて、ここまでできたという感動は、筆舌に尽くせません。


★1位「この世界の片隅に」
 片渕須直(かたぶち・すなお)監督・脚本。こうの史代(こうの・ふみよ)の漫画のアニメ化です。制作会社は、MAPPA(マッパ)。準備期間を含めて6年の歳月をかけた作品です。

 

制作から、公開後の広がりを見ると、「この世界の片隅に」は、インターネット時代だからこそ可能になった作品だと言えます。片渕監督は、資金を集めるためにパイロット版を作成しましたが、その制作資金をクラウドファンディングで集めました。3374人が3912万円の資金を支援しました。このことが話題となり、制作資金が順調に集まりました。

 

前半は、当時の人々の生活を丹念に描いています。ほのぼのとした喜劇のような内容です。片渕監督は、丹念に資料を集め、現地の人々とじっくりと交流しながら、失われた町の生活を再現しています。前半の丁寧な生活描写があるため、後半の戦争シーンは心がえぐられるように感じます。知らないうちに、あの時代に一緒に暮らしているような気持ちになります。そして、いまも世界の各地で空襲が続いていることに身震いします。

 

監督による丹念な調査による細やかな日常描写と、主人公すず役のんの柔らかな演技。この作品は、長く心に残ると思います。多くの人に見てもらいたい作品です。

 

次点「GANTZ:O」
フル3DCGアニメ「GANTZ:O(ガンツ:オー)」。予想を遥かに上回る作品に仕上がっています。川村泰(かわむら・やすし)監督。96分。
2016年は日本2D手書きアニメの金字塔というべき「君の名は。」が歴史的に大ヒットした年として記憶されますが、3DCGアニメの水準を大きく引き上げた「GANTZ:O」が公開された年としても記録されると思います。

 





 

 

アニメ「レッドタートル ある島の物語」

  • 2016.12.19 Monday
  • 22:13


 

 

アニメ「レッドタートル ある島の物語」は、日仏合作のアニメーション映画で全編セリフ無しの作品です。オランダ出身のアニメーション作家、マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットが監督しました。フランスの映画監督・脚本家パスカル・フェランが脚本を担当しています。

 

8年の歳月をかけて完成させたヴィット監督の初長編作品で、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で特別賞を受賞しています。スタジオジブリが、同社としては初となる海外作家の映画製作に参加しました。高畑勲監督がアーティステックプロデューサーとして、シナリオや絵コンテ作りなどに関わっている。

 

ジブリがドゥ・ヴィット監督にオフォーしたのは、2000年公開の8分間の作品「岸辺のふたり」の魅力を評価したからでした。


ドゥ・ヴィット監督は、スタジオジブリ本社のある東京都小金井市に一時転居してシナリオと絵コンテを完成させ、高畑勲監督のチェックを受けた後、フランスに移って本格的な製作に取りかかりました。

 

作品の冒頭では、嵐の海に放り出された一人の男が、ウミガメやカニ、鳥たちが暮らすとある無人島に流れ着きます。彼は島から脱出しようと試みるが、見えない力によって島に引き戻されます。そんな彼の元に、ある日一人の女が現れます。不思議な時間が流れる神話的、寓話的な世界が描かれています。

 

とても完成度の高い作品ですが、それが作品の魅力につながっているかと言えば、そうとは言えません。81分の「レッドタートル ある島の物語」よりも、8分間の「岸辺のふたり」の余韻の方が、深かったです。

 




 

劇場アニメ「ズートピア」

  • 2016.11.28 Monday
  • 18:49


 

 


アニメ「ズートピア」(リッチ・ムーア、バイロン・ハワード、ジャレド・ブッシュ監督、2016年)は、まず映像の美しさに驚かされますが、本当に驚くのは、大どんでん返しまでの良く練られた脚本です。鮮やかな手さばきです。

 

肉食動物と草食動物が共存する巨大なハイテク都市「ズートピア」を舞台です。さまざまな動物たちが、工夫しながら人間のように暮らしています。擬人化された動物たちの動きに、見とれます。


新米ウサギ警察官ジュディ・ホップスと、キツネの詐欺師ニック・ワイルドの2人を軸に物語は進みます。連続行方不明事件を探る中で、二人の関係は深まります。そして、「ズートピア」の人種差別、欺瞞があぶり出されていきます。

 

差別の問題は、デリケートで、映画化しにくいテーマですが、動物の世界に置き換えることで、鋭い指摘が可能になっています。意外な真相に、自分の先入観を問い返させられます。深い社会派作品でした。

 

あまりにも遅い動きにイライラした「なまけもの」が、ラストのオチで活かすされたことにも、びっくりました。

 

2016年は、アニメの活躍が目立ちますが、「ズートピア」も2016年を代表するアニメの一つです。

 




 

劇場アニメ「聲の形」

  • 2016.11.27 Sunday
  • 21:58


 

 

「聲の形」は、大今良時(おおいま・よしとき)のコミックをアニメ化しました。

 

 

 

山田尚子監督。制作は京都アニメーションです。京都アニメーション、山田監督にとって、テレビシリーズを介さない初めての映画作品です。岐阜県大垣市がモデルです。

 

2016年9月17日に公開し、興行収入が21億円を超えました。2013年公開の『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』の約20.8億円を上回りました。

 

聴覚障害によっていじめられ、嫌がらせを受けるようになった少女と、彼女のいじめの中心人物となったことが原因で周囲に切り捨てられ孤独になった少年の触れ合い。 「気持ちを伝えることの難しさ」、 人間の孤独や絶望、純愛を繊細に描いています。

 

一歩間違えば、障碍者を使って感動を押し付ける差別的な作品にもなりかねない、アニメとしては、非常に難しいテーマに挑みました。ひりひりする感情が伝わってくる作品です。

 

 




 

劇場アニメ「この世界の片隅に」

  • 2016.11.27 Sunday
  • 21:30


 

 

片渕須直監督・脚本のアニメ「この世界の片隅に」は、こうの史代(こうの・ふみよ)の漫画のアニメ化です。制作会社は、MAPPA(マッパ)。準備期間を含めて6年の歳月をかけた作品です。

 

 

 

「この世界の片隅に」は、インターネット時代だからこそ注目され、劇場公開が可能になった作品かもしれません。片渕監督は、資金を集めるためにパイロット版を作成しましたが、その制作資金をクラウドファンディングで集めました。3374人が3912万円の資金を支援しました。このことが話題となり、制作資金が順調に集まりました。

 

たくさんのオーディションを重ねた結果、主人公のすず役に女優の「のん」を起用しました。能年玲奈さんですね。しかし、事務所独立に伴い、以前の事務所がマスコミに映画を取り上げないように働きかけ、特に民放テレビは作品公開を無視続けるという状況になりました。しかし、高い作品評価がソーシャルメディアで広まり、68館という小規模ながら多くの観客が集まっています。初登場10位でした。

 

作品は1944年が舞台です。絵が得意な少女すずは、広島市から呉に嫁ぎます。すずは、いつも楽しく空想して暮らしています。前半は、当時の人々の生活を丹念に描いています。ほのぼのとした喜劇のような内容です。片渕監督は、丹念に資料を集め、現地の人々とじっくりと交流しながら、失われた町の生活を再現しています。

 

やがて、空襲が激しくなり、8月6日には閃光と轟音が響き、広島方面からあがる巨大な雲を見ます。前半の丁寧な生活描写があるため、後半の戦争シーンは心がえぐられるように感じます。知らないうちに、あの時代に一緒に暮らしているような気持ちになります。そして、いまも世界の各地で空襲が続いていることに身震いします。

 

監督による丹念な調査による細やかな日常描写と、のんの柔らかな演技。この作品は、長く心に残ると思います。多くの人に見てもらいたい作品です。

 

「アニメだから観ない」という映画ファンが、けっこういます。アニメといえば、子供向けか、深夜TVアニメの劇場版か、かつてはジブリ作品。そんな先入観があると思います。しかし、「君の名は。」の歴史的なヒットによって、アニメは幅広い層が観る分野として定着し始めました。「この世界の片隅に」も、その一翼を担う傑作です。

 




 

フル3DCGアニメ「GANTZ:O」は予想を遥かに上回る出来

  • 2016.10.29 Saturday
  • 19:42


 

 

フル3DCGアニメ「GANTZ:O(ガンツ:オー)」を観てきました。GANTZファンとしてコミック、TVアニメ、実写映画を観続けてきた者として、フル3DCGアニメは理想であると同時に大きな不安も覚えていましたが、予想を遥かに上回る作品に仕上がっています。川村泰(かわむら・やすし)監督。96分。

 

 


「分けも分からずに不条理な戦いに参加させられる」。原作コミック「GANTZ」が始まった2000年当時は、斬新な内容でしたが、現在ではリアルな感触のある設定です。その意味では先駆的でした。


東京と大阪のガンツチームが妖怪たちと激しいバトルを繰り広げる「大阪篇」。最もアニメ化が期待された内容です。登場人物は、原作よりもかなり絞られていますが、かえって展開が締まったと思います。


主人公の玄野は、冒頭のオニ星人との戦いで死んでしまいます。「GANTZ:O」は、準主役の加藤が活躍します。


予告編でも分かりましたが、従来の3DCGのクオリティを大幅に上回っています。登場人物は、動きも表情も精緻でありながらいわゆる「不気味の谷」を超えています。画期的な成果です。


バトルシーンが、これほど詰め込まれているとは思いませんでした。メカニックのリアルさとともに、キレの良いアクションの連続に引き込まれました。全体の8割がバトルシーンです。原作者の奥浩哉(おく・ひろや)が「マッドマックスくらい見せ場の連続です」とTwitterに書いていたのは、誇張ではありません。


2016年は日本2D手書きアニメの金字塔というべき「君の名は。」が歴史的に大ヒットした年として記憶されますが、3DCGアニメの水準を大きく引き上げた「GANTZ:O」が公開された年としても記録されると思います。

 




 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM