2016年TVアニメの独断ベスト・特別賞

  • 2017.02.20 Monday
  • 23:16


 

 

2016年TVアニメの独断ベスト・特別賞があります。

 

 

 

10分アニメの「とんかつDJアゲ太郎」

渋谷のトンカツ屋「しぶかつ」の跡取り息子・揚太郎が、クラブカルチャーに衝撃を受け、とんかつ屋とDJに多くの共通点を見出し、両方を両立させようと奮闘するギャグ漫画です。熱血で、乗りが良いアニメです。監督は、大地丙太郎(だいち・あきたろう)です。

 荒唐無稽な設定に見えますが、DJの本質を鋭くえぐっているとクラブシーンの関係者やアーティストが高く評価しています。さらには、人生哲学の深みも感じられます。

 

 

5分アニメ「3ねんDぐみガラスの仮面」

 「ガラスの仮面」40周年記念作品で、美内すずえが監修しています。なぜ3ねんDぐみかというと、3Dアニメだからなんですね。

 アニメは、冷え切った現代人の心を熱くするため、登場人物の北島マヤ(きたじま・マヤ)、姫川亜弓(ひめかわ・あゆみ)、月影千草(つきかげ ちぐさ)、桜小路優(さくらこうじ・ゆう)、速水真澄(はやみ・ますみ)が、現代にタイムスリップしてきたという設定です。すぐマヤの眼が白くなるし、ストーリーもシュールでなかなか毒のある展開で、面白いです。 

 


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v



2016年TVアニメの独断ベスト5

  • 2017.02.20 Monday
  • 23:14


 

 

2016年TVアニメの独断ベスト5です。ものすごくたくさんのアニメが放送されましたが、私が観た作品に限ります。ご理解ください。

 

 

 

5位「田中くんはいつもけだるげ」

まったりとしたペースで、高い水準を保っています。地味ながら、これまでにない斬新な映像表現に驚きます。繊細なギャグと絶妙な間合いがたまりません。高校1年生の田中くんと太田くんの掛け合い漫才が基本ながら、取り巻きの女子高生たちが皆個性的で、それぞれキャラが立っていています。中でも、田中くんの中学3年生の妹の屈折した性格が可愛いです。脱力系で無気力に見える田中くんは、なかなか謙虚な性格で人間観察に優れていることに気づきます。だんだん魅力的に見えてきます。

 

4位「Re:ゼロから始める異世界生活」

コンビニ帰りに突然、異世界に召喚された引きこもり高校生の少年ナツキ・スバルの冒険活劇です。異世界、死に戻り、ループという、使い古された設定にも関わらず、毎回本当にドキドキする先の読めない壮大な展開でした。ナツキスバルの空回りにイライラしながら、いつしか感情移入してしまいます。そして、ヒロインのエミリアもレムも、本当に可愛い。萌えアニメとしても優秀です。

 

3位「ユーリ!!! on ICE」

 男性フィギュアスケートの世界を見事に描きました。毎回、流れるようなオープニング映像を観るだけで、期待が高まりました。 グランプリファイナル優勝を目指して各選手が全力で滑ります。その華麗な場面と、個々人の境遇や個性を描くシーンの対比が面白いです。さまざまな小ネタも楽しかったです。今年最も盛り上がったアニメの一つです。

 

 

2位「僕だけがいない街」

 TVアニメ「僕だけがいない街」は、苫小牧出身の三部(さんべ)けいの漫画のアニメ化です。原作の繊細さを生かし、とても丁寧に作られています。主人公のひたむきさに、涙が出ます。毎回、はらはらし、切なさで胸がいっぱいになります。

 

苫小牧を舞台にした希代の傑作アニメの完結を喜びたいと思います。長く心に残ると思います。

 

 

1位「昭和元禄落語心中」

物語の構成が巧みで、毎回、きっちりとまとめあげ、各回ともメリハリの利いた展開が続いていました。一言一言、一つ一つの動きの間合いが、とても心地良い展開です。落語自体が、間の芸術ですが、このアニメの間は、本当に素晴らしいと思います。時代を表す背景画が、じつに落ち着いています。

 

毎回、落語をしっかりと聞かせる場面を盛り込んでいます。落語の素晴らしさを伝えると同時に、声優という仕事のすごさをも感じさせます。 

 

 

次点「舟を編む」

 TVアニメ「舟を編む」は、三浦しをんの小説のアニメ化です。新しく刊行する辞書『大渡海』を地道に編さんしていく物語です。原作に忠実に、ゆったりとしたペースで進んでいきます。こんな地味な話しを、よくアニメ化したものだと感心します。しかし、なかなか良い味を出しています。これも、アニメの魅力です。

 


電子書籍
http://www.amzn.to/18ddM5v



2016年TVアニメ・ベスト5

  • 2017.02.06 Monday
  • 18:50


 

 

2016年、ものすごくたくさんのアニメが放送されましたが、私が観た作品に限ります。ご理解ください。

 

 

 

★5位「田中くんはいつもけだるげ」
まったりとしたペースで、高い水準を保っています。地味ながら、これまでにない斬新な映像表現に驚きます。繊細なギャグと絶妙な間合いがたまりません。高校1年生の田中くんと太田くんの掛け合い漫才が基本ながら、取り巻きの女子高生たちが皆個性的で、それぞれキャラが立っていています。中でも、田中くんの中学3年生の妹の屈折した性格が可愛いです。脱力系で無気力に見える田中くんは、なかなか謙虚な性格で人間観察に優れていることに気づきます。だんだん魅力的に見えてきます。

 

★4位「Re:ゼロから始める異世界生活」
コンビニ帰りに突然、異世界に召喚された引きこもり高校生の少年ナツキ・スバルの冒険活劇です。異世界、死に戻り、ループという、使い古された設定にも関わらず、毎回本当にドキドキする先の読めない壮大な展開でした。ナツキスバルの空回りにイライラしながら、いつしか感情移入してしまいます。そして、ヒロインのエミリアもレムも、本当に可愛い。萌えアニメとしても優秀です。

 

★3位「ユーリ!!! on ICE」
 男性フィギュアスケートの世界を見事に描きました。毎回、流れるようなオープニング映像を観るだけで、期待が高まりました。 グランプリファイナル優勝を目指して各選手が全力で滑ります。その華麗な場面と、個々人の境遇や個性を描くシーンの対比が面白いです。さまざまな小ネタも楽しかったです。今年最も盛り上がったアニメの一つです。


★2位「僕だけがいない街」
 TVアニメ「僕だけがいない街」は、苫小牧出身の三部(さんべ)けいの漫画のアニメ化です。原作の繊細さを生かし、とても丁寧に作られています。主人公のひたむきさに、涙が出ます。毎回、はらはらし、切なさで胸がいっぱいになります。

苫小牧を舞台にした希代の傑作アニメの完結を喜びたいと思います。長く心に残ると思います。


★1位「昭和元禄落語心中」
物語の構成が巧みで、毎回、きっちりとまとめあげ、各回ともメリハリの利いた展開が続いていました。一言一言、一つ一つの動きの間合いが、とても心地良い展開です。落語自体が、間の芸術ですが、このアニメの間は、本当に素晴らしいと思います。時代を表す背景画が、じつに落ち着いています。

 

毎回、落語をしっかりと聞かせる場面を盛り込んでいます。落語の素晴らしさを伝えると同時に、声優という仕事のすごさをも感じさせます。 


★次点「舟を編む」
 TVアニメ「舟を編む」は、三浦しをんの小説のアニメ化です。新しく刊行する辞書『大渡海』を地道に編さんしていく物語です。原作に忠実に、ゆったりとしたペースで進んでいきます。こんな地味な話しを、よくアニメ化したものだと感心します。しかし、なかなか良い味を出しています。これも、アニメの魅力です。

 

これで終わりではありません。特別賞があります。

 

★10分アニメの「とんかつDJアゲ太郎」
渋谷のトンカツ屋「しぶかつ」の跡取り息子・揚太郎が、クラブカルチャーに衝撃を受け、とんかつ屋とDJに多くの共通点を見出し、両方を両立させようと奮闘するギャグ漫画です。熱血で、乗りが良いアニメです。監督は、大地丙太郎(だいち・あきたろう)です。

 荒唐無稽な設定に見えますが、DJの本質を鋭くえぐっているとクラブシーンの関係者やアーティストが高く評価しています。さらには、人生哲学の深みも感じられます。

 

★5分アニメ「3ねんDぐみガラスの仮面」
「ガラスの仮面」40周年記念作品で、美内すずえが監修しています。なぜ3ねんDぐみかというと、3Dアニメだからなんですね。

アニメは、冷え切った現代人の心を熱くするため、登場人物の北島マヤ、姫川亜弓、月影千草、桜小路優、速水真澄が、現代にタイムスリップしてきたという設定です。すぐマヤの眼が白くなるし、ストーリーもシュールでなかなか毒のある展開で、面白いです。




 

TVアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」、毎回本当にドキドキする展開

  • 2017.01.18 Wednesday
  • 23:22


 

 

TVアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」は、長月達平による日本のライトノベルのアニメ化です。全25話。

 

 

 

コンビニ帰りに突然、異世界に召喚された引きこもり高校生の少年ナツキスバルの冒険活劇です。2016年を代表するアニメの一つと言っていいでしょう。

 

異世界、死に戻り、ループという、使い古された設定にも関わらず、毎回本当にドキドキする先の読めない壮大な展開でした。ナツキスバルの空回りにイライラしながら、いつしか感情移入してしまいます。そして、ヒロインのエミリアもレムも、本当に可愛い。萌えアニメとしても優秀です。

 




 

TVアニメ「ユーリ!!! on ICE」、2016年最も盛り上がったアニメの一つ

  • 2016.12.31 Saturday
  • 22:06


 

 

 

 

 

男性フィギュアスケートの世界を見事に描きました。毎回、流れるようなオープニング映像を観るだけで、期待が高まりました。 グランプリファイナル優勝を目指して各選手が全力で滑ります。その華麗な場面と、個々人の境遇や個性を描くシーンの対比が面白いです。さまざまな小ネタも楽しかったです。

 

漫画家の久保ミツロウと山本沙代(やまもと・さよ)の原案です。 監督は山本沙代 (やまもと・さよ)が担当しています。ふたりとも、本当にフィギュアスケートが好きなんですね。

 

とにかく、毎回スケートのシーンがたくさんあります。フィギュアスケートをアニメで描くという難しい作業に毎回取り組む姿勢に感心します。

 

競技で使用している曲も振付もオリジナルです。有名選手の振付で知られる宮本賢二さんが振付を監修しています。今年最も盛り上がったアニメの一つです。2期が待ち遠しいです。

 




 

TVアニメ『戦国鳥獣戯画〜甲〜』

  • 2016.11.29 Tuesday
  • 08:00


 

 

5分枠のTVあにめ『戦国鳥獣戯画〜甲〜』。鳥獣戯画を基に、戦国武将を動物化させて、歴史的な場面や何気ない日常が描いています。パンクな感じがします。

 

 

 

ナレーションを担当しているのが、ベテラン声優の林原(はやしばら)めぐみさんです。林原さんは「歴史おたくが本気で作った遊び」とコメントしています。

 

 




 

アニメ「怪獣娘〜ウルトラ怪獣擬人化計画」

  • 2016.11.29 Tuesday
  • 07:24


 

 

ウルトラ怪獣擬人化計画は、ウルトラシリーズの怪獣・宇宙人を美女化し、商品化して販売する、円谷((つぶらや)プロ公認のプロジェクトです。5分アニメ「怪獣娘〜ウルトラ怪獣擬人化計画」も、その一環です。

 

 

 

アニメは、可愛い3頭身なのですが、闘いの効果音が、TV怪獣シリーズの効果音をそのまま使っているので、何とも言えない味を出しています。

 

 




 

TVアニメ「バーナード嬢曰く」

  • 2016.11.28 Monday
  • 23:47


 

 

TVアニメ「バーナード嬢曰く」は、5分枠の短編アニメです。原作は、施川(しかわ)ユウキの漫画で、小説うんちく作品です。

 

 

 

主人公の町田 さわ子(まちだ・さわこ)は、学校の図書室の常連ですが、いかに本を読まずに読書通ぶれるかを考えている不真面目な女の子です。バーナード・ショーに影響され、自分のことを「バーナード嬢」と呼んでほしいと思っています。

 

ギャグアニメなのですが、取り上げられる作家や作品は、それなりに感心させられる内容です。グレッグ・イーガンやフィリップ・K・ディックも出てきます。

 

 




 

TVアニメ「3月のライオン」

  • 2016.11.28 Monday
  • 23:25


 

 

「3月のライオン」は、羽海野(うみの)チカの漫画のアニメ化です。将棋を題材にしています。NHKの深夜アニメで初の製作委員会方式で製作されました。全22話の予定です。

 

 

 

制作はシャフト。新房昭之が監督を務めます。新房さんは、このところ総監督が多かったのですが、久々の監督です。

 

羽海野チカさんが、新房監督作品のファンで「新房監督の作品が大好きで大好きで『新房監督でシャフトさんで!』とお願いしたために、実現しました。

 

騒がしさと静けさ、ギャグとシリアスの表現の大きな振幅が、作品に豊かな奥行きを与えています。最初は、やや野暮ったいかなと感じていましたが、少しずつ作品の世界に引き込まれていきました。何度も、心が震えました。

 

 




 

TVアニメ「舟を編む」

  • 2016.11.28 Monday
  • 21:41


 

 

TVアニメ「舟を編む」は、三浦しをんの小説のアニメ化です。新しく刊行する辞書『大渡海』を地道に編さんしていく物語です。監督は黒柳トシマサ。

 

 

 

雑誌連載時のカットや単行本、文庫のカバー装画は、雲田はるこが担当していました。今回のアニメのキャラクター原案も、雲田はるこさんなんですね。私にとって、雲田はることいえば、『昭和元禄落語心中』です。

 

アニメ『舟を編む』は、原作に忠実に、ゆったりとしたペースで進んでいきます。こんな地味な話しを、よくアニメ化したものだと感心します。しかし、なかなか良い味を出しています。これも、アニメの魅力です。

 

主人公は、馬締光也(まじめ・みつや)なのですが、西岡正志役の声優・神谷浩史が、あまりにもうまいので、どうしてもそちらの方が目立ってしまいます。それでも、馬締と林香具矢の古風な恋愛は、微笑ましいものがあります。ある意味で時代劇です。

 

 




 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM