映画「裸足の1500マイル」は、先住民アボリジニの同化政策という歴史に向き合った作品

  • 2016.01.09 Saturday
  • 09:25




「裸足の1500マイル」(2001年。オーストラリア映画)は、「今そこにある危機」「ボーン・コレクター」というハリウッドのヒット作品を手掛けたフィリップ・ノイス監督が、生まれ故郷のオーストラリアに帰り、先住民アボリジニの同化政策という歴史に向き合った作品です。強制的に隔離された寄宿舎から母のもとに歩いて戻る少女たちの2400キロの旅。なんと稚内から那覇までの距離です。

感動作にありがちな派手な演出を避け、アボリジニの少女3人が故郷へ向かう姿を、淡々と追います。大きな出来事はありませんが、実話をもとにしているだけに、説得力があります。ただ食べ物を得る苦労があまり描かれないので、90日間、どうやって生き抜いたのかという点でのリアリティがやや弱いです。日々の暮らしで得た知恵が生かされたのだと思いますが。

アボリジニの血を引く少女3人の表情の素晴らしさが、この作品全体に希望を与えています。とりわけモリー役のエヴァーリン・サンピの意志的な瞳が印象的。大地とともに生きる人間の尊厳をうたいあげたピーター・ガブリエルの曲が見事です。電子メールに添付したMP3のファイルを何度も監督と交換しながら生まれたというのも感慨深いです。



映画「レッドドラゴン」、ウィル・グレアムとハンニバル・レクターの対決

  • 2016.01.08 Friday
  • 22:38




「レッドドラゴン」(2002年)は、ブレット・ラトナー監督作品です。最初に捜査官ウィル・グレアムとハンニバル・レクターの対決を持ってきて、大きな山場をみせます。それからの展開は、適度の緊張をはらみながらよどみなく進みます。

猟奇的な事件とその捜査ですが、映像に品があり、キワモノ的なシーンは排除されています。フランシス・ダラハイドは、少年期の虐待によるトラウマがもとで殺人を犯していきます。しかし、トラウマと儀式的な連続殺人の関係は見えにくいです。観客が何となく分かったような気になるだけです。「羊たちの沈黙」につながるラストシーンは粋です。

エドワード・ノートン、レイフ・ファインズ、エミリー・ワトソン、ハーヴェイ・カイテル、アンソニー・ホプキンスと、個性派の名優たちが顔をそろえます。ドラマに厚みが出るのは当然です。ただレクターから自分と似たところがあると言われる捜査官グレアムを演じたエドワード・ノートンに、もう少し自分と向き合う怯えがほしかったと思います。



復讐殺人、強姦、パーティ、ラブシーンと、時間が逆回転する映画「アレックス」

  • 2016.01.08 Friday
  • 22:04




「アレックス」(2002年。フランス映画)は、ギャスパー・ノエ監督・脚本・撮影・編集の作品です。復讐殺人、強姦、パーティ、ラブシーンと、時間が逆回転する展開。「メメント」ほど複雑ではありませんが、観終わると心にしみる巧みな構成であることが実感できます。

始まりの物々しさは、ギャスパー・ノエらしいです。人違いの復讐殺人で顔をぐちゃぐちゃになるまで消火器で殴るシーンは、すさまじい強姦後でアレックスの顔がぐちゃぐちゃにされたことと対応していることが分かります。

後半に移るとモニカ・ベルッチの美しさが強調されます。そのため、ノエお得意のむせ返るような生々しい映像は、控えめになります。

モニカ・ベルッチの美貌とセクシーな肢体なしには、成立しない作品でしょう。恋人と愛し合い、幸せに浸るモニカ・ベルッチの表情が、この物語に切ない余韻を持たせています。

それにしても、前作「マレーネ」に続いて容赦なく暴行されるシーンを見せつけられると、役者魂と言うよりも、そういう役を意図的に選んでしまっているようにさえ見えてしまいます。だが、こういう役が、インパクトを与えるほどに素晴らしく美しいということなのです。



ジャンヌ・モローが友人だったデュラスの晩年を演じた映画「デュラス 愛の最終章」

  • 2016.01.08 Friday
  • 20:24




「デュラス 愛の最終章」(2001年。フランス映画)は、ジョゼ・ダヤン監督・脚本の作品です。ジャンヌ・モロー久々の主演作が、友人であったマルグリット・デュラスの晩年を演じた作品とは驚きました。

デュラスとモロー。確固たる意志に支えられた存在感のある二人。この作品は、私にとって特別な意味を持っています。デュラスは66歳、ヤン・アンドレアは28歳。1980年に二人は出会い、16年間生活を共にします。しかし、映画は、16年間を一夏の思い出のように、さらりとみせます。そしてデュラスは「一人で死なせて」と、さらりと死んでいきます。

長い一人暮らしが続き、アルコール依存症に苦しんでいたデュラスにとって、青年との暮らしは奇跡のようであり、それだけに破局を恐れて感情的になり取り乱したりもします。しかしヤンはデュラスを支え、晩年の豊かな創作活動を可能にしました。

モローが話すと、デュラスの鋭利な言葉も人間的に響きます。表情豊かな熟練のモローに対して、ヤン役のエーメリック・ドゥマリニーは自然体で優しさを表現しています。シャンソンの名曲が心地よい。



映画「黄泉がえり」、ラブストーリーと群集劇の中間を狙う野心的な試み

  • 2016.01.08 Friday
  • 19:23




「黄泉がえり」(2002年)は、繊細にして大胆な映像表現で、見る者の心をわしづかみにする塩田明彦監督のアイドル映画です。その過酷な条件の下で、見事に監督の持ち味を発揮しています。

ストーリーを単純化せず、ラブストーリーと群集劇の中間を狙う野心的な試み。ひとつ一つの短い限られたシーンは良く考えられています。主人公たちは最後まで手を握ることもせず、触れ合いは殴り合っただけというのもすごいです。

意表をついた多彩なキャスティングがとても楽しい。山本圭壱のはまりには、だれしも驚きます。草なぎ剛は、とても厚生労働省のエリートには見えないし演技も堅いですが、屈折した性格の川田平太としては適役かもしれません。

ボーカリストRUI役の柴咲コウは、全く話しませんが、その歌声がすべてを表現しています。うまい。柴咲コウは俳優としてだけでなく歌手としての才能も十分あります。



黒沢清監督作品としては、妙に明るく終わる映画「アカルイミライ」

  • 2016.01.08 Friday
  • 17:19




「アカルイミライ」(2002年)は、幅広い映像的な試みを楽しめた点は評価できますが、黒沢清監督の作品としては、どうにも分かりやすすぎます。いつも、人間の得体のしれなさを描き、その状況に置き去りにされるラストに衝撃を受けてきましたが、今回は妙に明るく終わっています。

増殖するクラゲの暗喩も、直接的すぎます。北村道子の衣装は独創的でしたが、最後の高校生たちが着ているチェ・ゲバラのTシャツは、ゲバラを反抗のシンポルにしようというやや安易な選択。すっかり古い構図に作品を押し込めてしまいました。

有田守が全共闘世代と思われる藤原夫妻を惨殺する展開は、いつもながらの黒沢的な展開。しかし、分かりやすいメッセージを残して有田守が自殺、父親が登場し、仁村雄二と親密になる物語の流れは、とても浮ついています。

特に監督の願いが託されているはずの父親に、リアリティがありません。藤竜也には、もっと暴れまわってほしかったと思います。世代間の憎悪は悲しいことですが、それが時代を変えるバネになるのも現実。物わかりの良すぎる大人は、かえって気持ちが悪いです。



鎌倉を舞台に、6人の高校生の交錯した恋愛を描く映画「ラヴァーズ・キス」

  • 2016.01.08 Friday
  • 16:49




「ラヴァーズ・キス」(2002年)は、及川中監督作品です。吉田秋生の漫画が映画化されました。鎌倉を舞台に、6人の高校生の交錯した恋愛を描いた物語。高校生という微妙な時期のひりひりする一途な思いと心の揺らぎをすくいとっています。

同性愛や性的なトラウマという深刻なテーマが流れているものの、最後は晴れ晴れとした印象を残します。たおやかな青春映画です。

難しい役を演じなければならなかった主役の平山綾、成宮寛貴には堅さが目立ち、やや荷が重すぎました。それでも、今後の成長に期待が持てます。宮崎あおいは、役を的確に把握する才能を発揮しています。市川実日子の成長がめざましい。西田尚美も、余裕の演技をみせます。



映画「至福のとき」、映画初出演で盲目の少女を演じたドン・ジエの才能と役者魂

  • 2016.01.08 Friday
  • 14:40




「至福のとき」(2002年。中国映画)は、チャン・イーモウ監督作品です。工場をリストラされたチャオは結婚に憧れる冴えない中年男性。見合い相手に旅館の社長だと嘘をつき、前夫の連れ子である目の不自由なウー・インの仕事を世話するはめに陥ります。そこから、工場仲間を巻き込んだ悲喜劇が始まります。

チャン・イーモウの作品としては、小品といえるでしょう。しかしながら、新しい映像に踏み込んだようにも感じます。一見「至福のとき」という題名に似つかわしくない結末も、至福の時間のはかなさを際立たせています。希望がないわけではありませんが、辛いラストです。

優柔不断な中年男性をチャオ・ベンシャンが軽妙に演じています。ダメさ加減に呆れながらも、次第に憎めなくなっていきます。そして何時の間にか好きになってしまいます。お人好しな工場の仲間も微笑ましい。

そして、何といっても映画初出演で盲目の少女を演じたドン・ジエの才能と役者魂に拍手を贈ります。痩せ細り、凍り付いたような表情の彼女が、人の温かさに触れ、こぼれるような笑顔を見せたとき、強烈なオーラを放ちました。チャン・イーモウは、女優を育てるのが上手い。いや、女優の個性にあった作品づくりがうまい。



映画「刑務所の中」、力の抜けた、ほのぼのとした笑いに満ちたストーリー

  • 2016.01.08 Friday
  • 13:02




花輪和一原作、崔洋一監督の「刑務所の中」(2002年)は、3年間の刑務所生活を描いていますが、暴力シーンがありません。

鉄砲刀剣類等不法所持、火薬類取締法違反による実刑。管理されながらも、ある意味で快適な日々が過ぎていきます。全体に力の抜けた、ほのぼのとした笑いに満ちたストーリーです。従来の刑務所描写の常識を覆す一方、刑務所生活を「体験リゾート」したくなる誘惑に満ちています。

これまでの崔洋一作品からはかけ離れた、新たな崔洋一作品といえます。順番は違うものの、原作の内容と雰囲気にそった展開。あっけらかんとしすぎた描写が、少しひっかかりますが、まあ素直に楽しんでしまいましょう。

それにしても、山崎努はすごい。自在に役になりきりながら、独特な個性を醸し出しています。「天国と地獄」から、こんなにも遠くに来たものです。香川照之、田ロトモロヲ、松重豊、村松利史も、いい味出しています。何気ない会話から美味しそうに食べる食事まで、うまいものです。



小学6年生の性と恋の目覚めを描いた、快挙といえる傑作映画「ごめん」

  • 2016.01.08 Friday
  • 12:17




冨樫森監督の「ごめん」(2002年)は、小学6年生の性と恋の目覚め、そして葛藤を描いた、これまでにありそうでなかった物語です。巧みな構成が、ラストの疾走へと爽やかにつながる。観終わって、これほど嬉しくなった作品も珍しいです。まさに快挙といえる傑作の誕生です。

冨樫監督の映像は、気取っていません。しかし、的確に鋭く感情をすくい取ります。静かによどみなく物語を盛り上げます。素朴でありながら、美しさと緊張を保っていまする。簡単にできることではありません。

この作品は、冨樫監督があこがれ、かつて助監督を務めた故・相米慎二監督にささげられています。相米監督も、満足していることでしょう。

主人公セイ役の久野雅弘は、掛け値無しの逸材。並みの「天才子役」ではありません。最初は、とぼけたしょうもない小学6年生なのですが、ラストの格好の良さはまぶしいほどです。上手な演技が鼻につかないほど、天才的にうまい。

ナオコ役櫻谷由貴花も、初出演とは思えない熱演ぶりです。そして、セイの父を演じた國村隼が、魅力的なのに驚きます。ナオコの父を演じた斎藤歩は、確実にうまくなっています。

2002年作品。日本映画。103分。配給=オフィス・シロウズ、メディアボックス。監督=冨樫森(とがし・しん) 。原作=ひこ・田中『ごめん』(偕成社刊)。脚本=山田耕大。製作=岡俊太郎、川城和実、関原二郎、竹中功、佐々木史朗。プロデューサー=藤門浩之、河野聡、吉田晴彦、久保田傑。協力プロデューサー=新谷弘、佐藤美由紀。撮影=上野彰吾(J.S.C.)。照明=上妻敏厚。録音=深田晃。美術=三浦伸一。編集=川島章正。助監督=谷口正晃。製作担当=森井輝。音楽=大友良英。セイ(七尾聖市)=久野雅弘、ナオコ(瓜生直子)=櫻谷由貴花、キンタ=佐藤翔一、ニャンコ=栗原卓也、ナオコの父(瓜生直希)=斎藤歩、セイの母(七尾結芽)=河合美智子、セイの父(七尾正一)=國村隼、セイの祖父=森毅、セイの祖母=伊吹友木子、ナオコの母=三田篤子、倉田先生=小牧芽美、竹林のおばあちゃん=飯島順子、ユーミ=岡本奈月、福俵尚子=山下真悠、クンコ=今中恵里奈、サツキ=土井玲奈、赤坂=川上翔太、セイキ=花田康次郎、ヨシキ=麻田優真、シゲミ=中川雄哉



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM