札幌国際短編映画祭(SAPPOROショートフェスト)2009

  • 2015.12.21 Monday
  • 14:17




札幌国際短編映画祭(SAPPOROショートフェスト)2009が、2009年10月14日から18日まで開催されました。毎年札幌で世界中のショートフイルムを観ることができて、とてもうれしい映画祭です。2009年は、札幌在住の横須賀令子監督が、フィルムメーカー部門のグランプリに輝き、さらにうれしさが増しました。

【エントリー作品】
■フィルムメーカー-AフィルムメーカーA。アレキサンダー・フィリップ(AlexandrePhilippe)監督の作品に出会いました。おそらく、2009年最高の出会い。「LEFT」のすごみのある美しい映像に、全身が震えました。ずっと、探していた映像に出会ったという感覚。タルコフスキー監督の映像に震えた以来の体験です。吉田舞、アナ・マッグラス両監督の作品はかわいい。

■フィルムメーカー-BフィルムメーカーBは、エーリック・ローゼンルンド(ErikRosenlund)、マイケル・ウォルフ(MichaelWolf)、令子(ReikoYokosuka)の3氏がエントリー。それぞれに強烈な個性を放っています。エーリック・ローゼンルンドは、デフォルメした表現のブラック・コメディが持ち味。マイケル・ウォルフの作品は、異様に怖い。こんな怖い3作品を見せられるとは。横須賀令子は札幌市内在住。墨を使ったアニメは、軽やかでダイナミックに踊ります。余白で自在に遊ぶ。28年間一貫して墨絵アニメを創作しています。今回グランプリを獲得しました。

■フィルムメーカーCフィルムメーカーC。神風動画の若々しいアニメに力がありました。アイルランド出身のテリー・オリアリー監督、ロシアのナタリー・クジミナ監督も個性的な作家性を感じさせます。

■チルドレンチルドレンショートプログラム。今年は、すべてアニメ。子供向けと侮れない佳作ぞろい。「まいごのペンギン」(フィリップ・ハント監督、イギリス)は、ていねいな作りで情感を盛り上げます。海のCGも見事。最優秀チルドレン・ショート賞。子ども審査員賞。ベルギー人アニメーター・セバスチャン・ゴダールと大阪の子供たちが創り上げたユニークな「うみといのち(うらしまたろうものがたり)」も面白かったです。

■インターナショナルI-A(女性におすすめ)
「ラウンド」(カーク・ヘンドリー監督、イギリス)がジャングルでの死と再生をテーマに手による影絵アニメの新しい地平を切り開いていました。「パッセージ」は、マリー・ジョゼ・サンピエール監督自身の出産体験をもとにした医療ドキュメンタリーアニメ。

■インターナショナルI-B(人間模様)
黒澤明監督の名作「七人の侍」への屈折したオマージュとなっている「八人目の侍」が出色。メキシコの「パラダイスカフェ」もおもしろかったです。

■インターナショナルI-C(クール!)
インターナショナル部門で一番気に入ったプログラム。作品部門のグランプリを獲得したエコロジカルなアニメ「ヴァーミンツ」(マルク・クレステ監督、イギリス)が傑出しているのは間違いありませんが、サイケデリックなミュージックビデオ「ノー・プレイス・ライク・ホーム」(ロスト監督、オランダ)のダークな雰囲気も大好きです。落書きアート「ムトー」(ブルー監督、イタリア)のインパクトも、忘れがたい。60年代のイラストをコラージュしたラン・レイク監督のアニメ「コントロール・マスター」も、毒を放っていました。
■インターナショナルI-D(不思議な世界)
「死の舞踏(DanceofDeath)」(ペドロ・ピレス監督、カナダ)の死体の荘厳な美しさに衝撃を受けました。

■インターナショナルI-E(映画好きもビックリ)
お気に入りのプログラム。「2バーズ」(ルナー・ルナーソン監督、アイスランド)の瑞々しく、切なくて、いたたまれなくなる映像に魅せられました。最優秀監督賞受賞。クロアチアのシモン・ボゴイヤビッチ・ナラス監督のアニメ「モラナ」は、非常に大きく切実な世界を描いていて胸に響きました。「テン」(ビフ監督、フランス)の幻覚も衝撃的。

■インターナショナルI-F(驚き。)
「編集者ミナミケイジ」(ティアゴ・メンドンカ監督、ブラジル)が勉強になりました。1970年代のブラジル、サンパウロで起きた「ボカ・フィルム・ムーブメント」を支えた雑誌「CinemainClose-up」の発行・編集者ミナミケイジを描いています。
■ナショナル-A
「赤い森の歌」(泉原昭人監督)の独自な世界を描ききったアニメが印象的。精緻な映像に引き込まれました。最優秀国内作品賞。筧昌也監督の「愛の小手指」は、指たちの恋の行方を描いたコメディ。単純だが笑えます。

■ナショナル-Bナショナル-Bでは、まず「28」(片岡翔監督、札幌)にやられました。エコロジカル・ホラー・コメディという新しいジャンルを切り開いたわけではなく、1発芸的なのだが、それでも「やられた」感は強いです。「KUDAN」(木村卓監督)は、ユニークな世界観を独自のキャラクターで描いたアニメ。労作です。宇木敦哉監督が1人で製作し、一般の映画館で劇場公開された、札幌で怪獣が暴れまわる「センコロール」も力作でした。最優秀北海道作品賞。

【特別プログラム】
■カリフォルニアショートカリフォルニアショート
姉妹映画祭カリフォルニア・インディペンデント・フィルム・フェスティバル(CIFF)2009からセレクト。BECKの妹アリッサ・スウェード出演のミュージックビデオ「FallingFromMars」、米国TVドラマ「HEROES」のアンドウ君役ジェームズ・キーソン・リー主演の「Akira'sHiphopshop」など9作品を上映。「Akira'sHiphopshop」では、片言の日本語を話す日本人役の俳優が笑えました。

■アジアンタイフーンアジアンタイフーン
90歳で初長編映画『夢のまにまに』を公開して、世界最高齢監督としてギネスブックに登録された木村威夫監督の監督デビュー作「夢幻彷徨」と「海をみつめて過ごした時間」と、新進気鋭の韓国女性監督であるホン・ジェヒの「雌のライオン」という異色の組み合わせ。「雌のライオン」は、「OUT」を連想させます。そして、なんと言っても木村監督作品を大スクリーンで観る幸せに浸りました。

■プレミアムショート
本当に豪華です。2008年度フィルムメーカー部門グランプリ受賞のケン・ワードロップ監督作品。古田亘(わたる)監督の「彼女の告白」。森本晃司監督のアニメ「次元爆弾」、マイケル・アリアス監督の「HOPE」など。なかでも、「彼女の告白」には、大笑いしました。卓越したストーリーテラーだと思います。



映画「脳内ニューヨーク」は、目をそらしている事実を見せつけられる感覚

  • 2015.12.21 Monday
  • 13:52




「脳内ニューヨーク」は、「マルコヴィッチの穴」「エターナル・サンシャイン」の脚本家、チャーリー・カウフマンが監督デビューした作品です。奇抜なアイデアをふんだんに盛り込み、力が入っています。

人気劇作家ケイデン・コタード(フィリップ・シーモア・ホフマン)の家族関係が壊れ、妻と娘に家を出ていってしまいます。そのとき、マッカーサー・フェロー賞受賞の知らせが入り、膨大な資金を得ます。

コタードは、ニューヨークに巨大なセットをつくり、自分の人生をそのまま再現するプロジェクトを始めます。コタードの人間関係を再現する俳優たちと、実際の人間関係が絡まり、3角関係などが発生、ストーリーは混乱していきます。

そして、俳優たちは役を入れ替え、ついには劇作家自身も役を降りることになります。極めて複雑な設定ですが、実は私たちの日常の不可思議さを浮き彫りにするための、ある意味リアルな設定でもあります。

目をそらしている事実を見せつけられる感覚。くたびれ果てた、フィリップ・シーモア・ホフマンの熱演が光りました。



映画「ジェイン・オースティン秘められた恋」は、イギリス映画の懐かしい味わい

  • 2015.12.21 Monday
  • 13:13




「ジェイン・オースティン秘められた恋」の舞台は、1795年のイギリス・ハンプシャー。オースティン家の次女ジェインは、裕福で家柄のいい相手との結婚を望む両親に迫られ、地元の名士レディ・グリシャムの甥との結婚を考えていました。

しかし、ジェインはロンドンで法律を学ぶアイルランド人の青年トム・ルフロイと出会います。彼は辛辣で知的。最初は互いに対立しますが、徐々に惹かれていきます。

「高慢と偏見」「いつか晴れた日に」など、映画化された作品も多いイギリスの女流作家ジェイン・オースティンの唯一の恋を描く伝記ラブストーリー。ジェインを演じるのはアン・ハサウェイ。ジェインの一世一代の恋の相手となる青年をジェームズ・マカヴォイが演じている。ともに好演しています。

監督は「キンキーブーツ」のジュリアン・ジャロルド。とんがっていた「キンキーブーツ」とはまったく違う雰囲気で、18世紀のイギリスの貴族たちの生活や田園風景を端正に映し出します。イギリス映画の懐かしい味わいです。



映画「2012」は、トンデモ災害映画の金字塔

  • 2015.12.21 Monday
  • 12:06




エメリッヒ監督の「2012」。今はやりの地球温暖化の影響ではなく、太陽活動の急速な変化による地球の大規模な地殻変動で大地震、大噴火が起こり、大陸が海に沈みます。

「アルマゲドン」「ザ・コア」「ディープ・インパクト」「デイ・アフター・トゥモロー」などの災害映画をはるかにしのぐ、目を見張るようなCG映像の連続、まさに災害映画の金字塔です。

ただし、ストーリーのトンデモ度も、すこぶる高い。CG映像のド迫力を評価するか、おざなりな物語のあまりのバカバカしさを酷評するかで、評価がまっぷたつに分かれる作品です。映画ファンにとっても、災害のような作品と言えます。



死の直前までのドキュメンタリー映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」

  • 2015.12.21 Monday
  • 11:34




こんなかたちで、マイケル・ジャクソンのスリリングなステージとあたたかな人柄を示す映像を見たくありませんでした。エンドロールが流れる中、感動に浸りながら、ずっとそう思っていました。2009年6月に急死したマイケル・ジャクソンが、死の数日前まで行われていたコンサート・リハーサルの様子を記録したドキュメンタリーです。

マイケル・ジャクソンは、2009年夏にロンドンのO2アリーナでのコンサートを計画していました。そして、そのためのリハーサルを続けていました。ロンドン公演のクリエーティブ・パートナー・ケニー・オルテガが、100時間以上の映像を編集して、舞台裏をみせてくれました。

さまざまなアイデアを出し、完璧を求めるマイケル・ジャクソンの姿勢が伝わってきます。そして、想像をはるかに上回るマイケル・ジャクソンのダンスのキレの良さ。リハーサルとは思えない力の入れように驚き、そのシャープな動きに酔いました。あまりにもすばらしいので、別人ではないかという噂が流れたほどです。

舞台で披露されるハズだった「スムーズ・クリミナル」のモノクロ映像を観ることができたことは、予想外の嬉しさです。「スリラー」の3Dも、ハイクオリティーで、全編を見てみたくなります。

最後に、地球環境へのマイケル・ジャクソンの関心の高さ、スタッフとの深い絆を伝えて、ドキュメンタリーは終わります。エンドロールが終わるまで席を立たないように。マイケル・ジャクソンの死後、この作品の情報が流れ、最初はあざとい商売かと思いましたが、見終わって感謝の気持ちでいっぱいになりました。



「母なる証明」は、映画的な毒が美味しい

  • 2015.12.21 Monday
  • 10:57




「母なる証明」は、ポン・ジュノ監督の作品です。女子高生殺人事件が起こり、事件の容疑者となった息子と、息子の無実を信じて真犯人を探す母の姿を追ったサスペンスです。予告編を見たときは、良くある「子どものために必死になる母親もの」かと思いました。

母親役は、「韓国の母」キム・ヘジャ。23年間にわたり出演し続けた長寿ドラマ「田園日記」で、農村で暮らす我慢強くも温かい母親を演じました。タイプは違うかもしれませんが、「肝っ玉かあさん」の京塚昌子に近いのだろうと思います。

キム・ヘジャは、国民的女優ですが、映画への出演は3作と少ないです。その理由を「正直に言うと、演じたいと思う新たな役がなかった。私のところにくる役は、どれも古臭いものだった。しかし、『母なる証明』はまったく違っていた。ポン監督は、自分がステレオタイプに対してどれだけ挑戦したいと思っているかを語ってくれた」と説明しています。

映画の最初で、突然草原で踊りだすシーンには驚かされましたが、本当の驚きは後半にやってきます。よくある母親像を粉々に打ち砕きます。

人気イケメン・スターのウォンビンが兵役後初めて、実に5年ぶりに映画に復帰した作品でもあります。「小鹿のような目をした青年」トジュンを演じています。おっとりしていて純真無垢な性格に見えて、突然恐ろしい言葉を吐き、暴力的になります。ストーリーは、スターとしてのウォンビン像を2度打ち砕きます。

韓国の観客にとっては、驚きの連続だったはずです。二人の俳優の熱演だけでなく、練り込まれたストーリーと鋭利な映像が、ずしりとした手応えを与えてくれる。監督の悪意と映画の快楽が詰まった作品です。映画的な毒が美味しい。



「イングロリアス・バスターズ」は、反ナチスのおちゃらけ映画

  • 2015.12.21 Monday
  • 10:45




「イングロリアス・バスターズ」は、家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ・ドレフュス(メラニー・ロラン)と、アルド・レイン中尉(ブラッド・ピット)率いる連合軍の極秘部隊イングロリアス・バスターズが、ナチスを血祭りに上げる「おちゃらけ映画」です。

エンツォ・G・カステラッリ監督の同名マカロニアクション映画にインスパイアされたものです。「キル・ビル」や「デス・プルーフinグラインドハウス」といった、ぶっ飛んだ作品に比べると、お遊び度は、やや低いですが1990年代の「レザボア・ドッグス」「パルプ・フィクション」に近い構成です。

映画館で、映画フィルムを燃やしてヒトラーらナチスを焼き殺すというアイデアは、ありきたりと言えばありきたりでしょう。ショシャナとツォラーの関係もロミオとジュリエットの屈折した最後としては、力がありません。終わり方も監督らしくなかったように思います。

ただ、俳優たちが、思わぬ役を演じていたのは、楽しかったです。ドイツ女優でレジスタンス役のダイアン・クルーガー、ヨーゼフ・ゲッベルスの通訳役ジュリー・ドレフュスが、なかなかの演技を見せます。ユダヤ・ハンターのランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)の軽妙さは、ナチ狩りのレイン中尉(ブラッド・ピット)の軽妙さを上回っていました。



映画「なくもんか」、笑うもんかと思っていても

  • 2015.12.21 Monday
  • 10:09




「なくもんか」は、宮藤官九郎の脚本、水田伸生監督の作品です。テンポよく、小ネタを繰り出して飽きさせません。笑うもんかと思っていても、笑わされてしまいます。くやしい。

東京下町。ハムカツで人気の「デリカの山ちゃん」の2代目店主・祐太は、親に捨てられ、弟と生き別れています。貧乏と生き別れの兄弟をテーマにするのは、とてもずるいですが、まあ許しましょう。

それにしても、究極のお人よしの主人公の屈折した心情をコミカルに表現できるのは、阿部サダヲしかいないでしょう。その意味では、まさに阿部サダヲの映画なのですが、脇役も面白いです。特に、祐太の母親役の鈴木砂羽。とてもエネルギッシュな母親ですが、通行人を楳図かずおと間違えて脇見運転し交通事故死してしまいます。

認知症のおばあちゃん役のいしだあゆみも、なかなかの芸を見せます。祐太の妻・徹子役の竹内結子は、確かにうまいですが、いまひとつテンポに乗り切れていませんでした。

作品は、どたばたしつつも、家族愛、兄弟愛、そしてエコロジーと、丸く収まっています。その点が、宮藤官九郎の作品としては、やや物足りません。



映画「笑う警官」は、作品自体がひっくり返る大胆な展開

  • 2015.12.21 Monday
  • 09:59




「笑う警官」は、佐々木譲「道警シリーズ」第1作の同名小説を、角川春樹監督が映画化しました。12年ぶりの監督作品。製作・脚本も手がけました。

北海道警を舞台に、婦警殺害の真犯人を探す警察官を描きつつ、道警の組織的な腐敗を正面からえぐる社会派作品のはずでしたが、角川春樹の作家性が遺憾なく発揮され、奇妙な映画になっています。

その下手な脚本と演出が、笑われているものの、珍品としての価値は高いと思います。さらに角川監督自らが、かなり重要な役でカメオ出演し、自ら作品を台無しにしています。

北海道警察による組織ぐるみの裏金疑惑が浮上し、現職警官が証言台に立つ道議会「百条委員会」が開かれる予定の前日、元ミス道警の変死体が発見されます。不自然な速さでキャリア達が現場に駆けつけ、死体発見から5時間後には、元交際相手の津久井卓巡査が容疑者と断定されます。

さらに不自然な射殺命令が下されます。津久井巡査が証言台に立つ予定だったことが判明し、佐伯宏一警部補は仲間を集めて真相を探り始めます。

状況や心情を全部台詞で説明するという下手な演出の王道を突き進みつつ、不必要なギャグを盛り込みます。緊迫のドラマが、おちゃらけになります。

警官たちが、だれも警官に見えないという離れ業の演出。どんでん返しの連続を決めようとして、作品自体がひっくり返る大胆な展開。いつもムーディなジャズが流れますが、作品のテイストと噛み合いません。

ラストは、死者も交えて敵味方がバーでジャズを楽しむという幻想的な大団円。角川春樹監督の真骨頂です。



映画「パイレーツ・ロック」は、ロックンロールでクールな群像劇

  • 2015.12.21 Monday
  • 09:38




「パイレーツ・ロック」は、リチャード・カーティス監督・脚本作品です。イギリスに民放ラジオが存在していなかった1966年。ラジオでは、ポピュラーミュージックの放送時間が制限されていました。そのため、領海外に停泊した船から、合法的にロックを24時間流し続ける「海賊ラジオ局」が存在し、熱狂的な支持を集めていました。

その船で暮らす魅力的なDJらを描いていきます。政府は、「国の風紀を乱す」ラジオ局をなんとか取り締まろうとしています。実話をもとにした、痛快な作品。楽しくて反骨精神に満ちています。まさに、ロックンロールでクールな群像劇です。

登場人物のキャラも、しっかり立っています。軽妙な船長役のビル・ナイはじめ、フィリップ・シーモア・ホフマンら、やんちゃな中年DJたちが、最高にかっこいい。青春しています。反抗的で下品で楽しい日々を送っています。

しかし、物語はタイタニックばりの展開を見せます。それは、放送の取り締まりが本格化する時代を象徴しています。それでも、ラストは、すこぶる明るい。懐かしい曲があふれた傑作ですが、1960年代を回顧するというよりも、未来を指し示すような作品です。そして長く語り継がれるに違いありません。

最後の踊りまで、とにかくかっこ良かったビル・ナイは、リチャード監督への信頼を熱く語り、実際の海賊放送局についての思い出を語っています。「ラジオ・ルクセンブルク、ラジオ・キャロラインやラジオ・ロンドン。とくにラジオ・キャロラインがメインだった。非常に多くの視聴者が、毎日ラジオのダイヤルを合わせていた。やがて、それらの放送局は違法となってしまうけれど、それはさらにクールなことだった。政府が封鎖しようとするなんて、何よりクールなことだ」。

幸せな気分で見終わって、サントラが買いたくなったのは、言うまでもありません。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM