第5回札幌国際短編映画祭2010(5)

  • 2015.12.31 Thursday
  • 18:34




★フイルムメーカー部門

7人の監督がノミネートされました。3つのプログラムで紹介しました。

F-Aプログラム。フランスのフランソワ・ボゲル監督の独創性に驚きました。上映作品「天井仕事」は観た覚えがありました。onedotzero2003札幌で上映されていました。今見ても、ハイセンスで新しい。「Stretching」もすごい映像体験です。ロイストン・タン監督、メンゼン監督も多くの表現の引き出しを持っています。

F-Bプログラム。カナダのカジック・ラドワンスキ監督はドキュメントの一場面のよう。レヴァンドフスキ監督は、独自の色調が強烈でした。

F-Cプログラム。ベルギーのトム・ギーンズ監督は全く救いのない展開。不条理ですが、デビッド・リンチとは違う感性です。石川慶監督は、ポーランド国立映画大学で学んだだけに、日本映画とはちょっと違う湿度です。「ディア・ワールド」は、タルコフスキー思い出しました。

フイルムメーカー部門グランプリのカジック・ラドワンスキ監督は、確かに力のある映像でした。ドキュメンタリーのように登場人物と向き合い、観客が自分で考えることを促します。しかし、あの映像では、思考は紋切り型に流されるのではないかと思いました。個人的にはフランソワ・ボゲル監督を推薦します。映像表現の可能性の空間を押し拡げ、確実に豊かにしてくれています。「ストレッチング」は、最優秀コンテンポラリー 、エクスぺリメンタルショート賞を受賞しましたが、他の作品も、とても刺激的でした。



第5回札幌国際短編映画祭2010(4)

  • 2015.12.31 Thursday
  • 18:33




★作品部門グランプリ

作品部門のグランプリは、ディーン・ヤマダ監督の日本作品「自転車」でした。 自転車のパーツが次々に盗まれることから始まる物語。 NーBプログラムを見ていて、すごい掘り出し物だとは思いましたが、まさかグランプリを獲得するとは思いませんでした。しかし、不思議な面白さに満ちた、気持ちのよい作品です。最優秀撮影賞 、 最優秀男優賞、最優秀作曲賞も受賞しています。

私がグランプリだと思ったのは、IーBプログラムのフランス作品「ある脚本家の災難」です。見終わって、力一杯拍手しました。映画の中で、映画の脚本をテーマにするという、とても難しいストーリーを、見事に描き、深い感動を与えます。エリック・レイノー監督の力量は、相当なものです。最優秀監督賞 、最優秀脚本賞の受賞は当然だと思います。

落合賢監督の「井の中の蛙」は、最初はもたついていたものの、後半にかけて見事なテンポを見せます。そして、母の遺言を守るため日本縦断の旅をしている主人公の行動の意味が解き明かされていきます。最優秀編集賞を受賞しました。また、「ゲルニカ 」「Mr.バブルガム」と、ともに死をテーマにしながら、対照的な、まったく異なるテイストの作品に仕上げた片岡翔監督の多彩な才能に期待します。



第5回札幌国際短編映画祭2010(3)

  • 2015.12.31 Thursday
  • 18:32




初の大人向けのミッドナイトプログラムの濃厚な世界を堪能しました。女性の方が多かったかもしれません。フィンランドの作品「KINBAKU」は勉強になりました。

一方、キッズアニメーションでは、子供たちと一緒にアニメを楽しみました。普段観ているアニメとは違うので最初戸惑っていましたが、面白さが分かって来ると、拍手も大きくなりました。こういう多彩なアニメを見る機会は、とても大切です。

一番の収穫は岩井俊二監督の特別プログラムでした。作品もトークも、素晴らしく面白かったです。大満足です。あんなに気さくな人だとは思いませんでした。岩井監督の「夏至物語」「マリア」。どちらも20代のテレビ用の低予算作品ですが、切れのある映像が大画面に映えていました。若い時から、しっかりと独自の世界を築いていました。

会場で配布していたフリーペーパー「マグネット」のインタビューで岩井監督が「札幌が一年中ショートフィルムが上映されてる街になればいいね」と話していました。私もそう思います。



第5回札幌国際短編映画祭2010(2)

  • 2015.12.31 Thursday
  • 18:31




映画祭初の特別招待作品の「A bed 二十歳の恋」は、題名から想像するような甘酸っぱい内容ではありません。結構重いです。しっかりとした脚本、計算された映像が印象的。初の招待作品だけのことはあります。出演した真野恵里菜さんは、少し緊張した表情で「皆さんの心の中に残れば」と挨拶していました。

ことしも楽しいアニメがたくさんありましたが、 16分の映画に6年間の月日を費やしたフランスの作品「ロゴラマ」が傑出していました。おびただしいロゴで埋め尽くされた作品です。最優秀アニメーション賞を受賞しました。

人形のブルース・リーが活躍する「燃えよ!プチドラゴン」も痛快でした。最優秀ミニショート賞でした。映像的には、奇抜なアイデアに満ちた粘着質なチェコのCGアニメ「マーダーチェーン」の圧倒的な不気味さが、他の作品を吹き飛ばしました。あまりにも衝撃的な映像。本当に不気味で、一生夢に出て来そうです。



第5回札幌国際短編映画祭2010(1)

  • 2015.12.31 Thursday
  • 18:29




第5回札幌国際短編映画祭2010が、2010年10月6から11日まで開かれました。ノミネート82作品を含め、98作品を観ることができました。短編映画の魅力に溺れました。

第5回札幌国際短編映画祭2010(SAPPOROショートフェスト2010)は、メイン会場を大通公園にホワイトロックシアターを特設して行いました。閉鎖空間の劇場とは環境が違います。最初は、戸惑った参加者も多かったと思います。野外コンサートのように楽しめるようになると魅力に気をつきました。

シアターは、白いテントで覆った空間です。お昼に日が射せば暑くなり、夜は寒くなります。救急車のサイレンなども聞こえます。半野外だから仕方ありません。そういう開放的な空間で、映画の別な楽しみ方を試みたのが、2010年のSAPPOROショートフェストでした。

まさに冒険でした。シアターの中には、樹々があります。そして、白いテントは風に揺れ、周りの樹々の姿を映します。ときおり鳥たちの影が横切ります。そういう環境の中で、映像を楽しむ。それが、映画祭というイベントでの新しい提案だったと思います。私は、慣れると楽しくなりました。



映画「ブライト・スター いちばん美しい恋の詩」は、詩人キーツの悲恋を描いた珠玉の傑作

  • 2015.12.18 Friday
  • 16:34




「ブライト・スター いちばん美しい恋の詩」は、英国最高の詩人で25歳の短い人生を生きたジョン・キーツとファニー・ブローンの悲恋を描いた珠玉の傑作です。

「イン・ザ・カット」以来、6年ぶりのジェーン・カンピオン監督の長編映画は、刺繍を織り上げるような繊細で美しい作品です。絵画のように端正な映像に、何度も身震いしました。キーツの詩の巧みさ、華麗さに負けない映像美です。

キーツの訃報に接し息をつまらせるファニーのリアルな慟哭、喪服に身を包んでキーツの詩を口ずさむファニーの美しさは、例えようがありません。カンピオン監督らしい映像表現の毒や大胆さは薄れたように見えますが、キーツの親友ブラウンの複雑な屈折さに、監督の成熟した毒を感じました。

キーツの詩は美しいだけでなく、心にしみます。映画の題名になった「ブライト・スター」は、キーツが1819年に書き、翌1819年ローマに向かう船の中で書き改めて、ファニー・ブローンに宛てた手紙に添えたものです。



鉄男を封印した塚本晋也監督の決意/映画「鉄男THE BULLET MAN」

  • 2015.12.18 Friday
  • 16:01




塚本晋也監督の「鉄男THE BULLET MAN」は、普通の1.5倍の音量で、最初から圧倒されます。石井忠の暴力的なサウンドは健在です。ストーリーは分かりやすく、洗練されすぎとは思うが、やはり「鉄男」でした。

時代状況を踏まえて、都市を破壊しつくす鉄男のエネルギーを、堅く封印しようという塚本晋也監督の決意が胸を打ちました。

「鉄男」(1989年)を初めて見たときの体験を今でも思い出します。その凄まじいパワーに驚きました。塚本晋也監督は、はっきりと世界に挑戦状をたたき付け、破壊と変身を肯定していました。

「鉄男2BODY HAMMER」(1991年)には、静的な時間が意図的に挿入されていました。新しい世界が開かれ、色調の妙が楽しめます。実験、冒険が随所に散りばめられ、破壊的なメッセージを発信していました。



中島哲也監督の映画「告白」は、新たな探求の始まり

  • 2015.12.18 Friday
  • 14:42




「告白」は、これまでの中島哲也監督のカラフルな作品と全く違います。人間の弱さと残酷さの負の連鎖を、冷たく美しく突き詰めていきます。感情移入を遮断します。ラストに安易な希望を置きません。

松たか子の演技が凄まじい。1人娘を担任していた生徒に殺された先生を演じています。増幅する恨みと憎しみと、わずかに残る教師としての感情。特にラストの表情には鳥肌が立ちました。

「告白」は、登場人物への感情移入を許しません。むしろ、こちらの感情がのぞかれているように感じます。「お前はどうなんだ」と。負の感情を引き出されるような感覚に襲われます。

これまでの中島哲也監督の作品は、ジェットコースターのような展開と明るいラストが用意されていました。「告白」のラストは宙吊りのまま終わります。私たちは自力で降りて来なければなりません。

「告白」は、美しい映像とシャープな編集で構成されています。だから、とことん重たいストーリー展開を見続けることができます。雲の描写が、人々の心を象徴していました。ラストのさまざまな雲の表情が、印象でした。

「告白」は、自分の分からない世界に真摯に近づこうとしていました。この壊れかけた現代日本に正面から向き合っています。だから信用できる監督です。



映画「動くな、死ね、甦れ!」は、映画的な奇跡としか例えようがない体験

  • 2015.12.18 Friday
  • 14:27

「動くな、死ね、甦れ!」を観て、久しぶりに映画的な奇跡としか呼びようのない体験をしました。日常が、そのまま突き抜けて神話になる映像体験。驚くべき表現の幅。私にとって、今後映画を語る時に避けて通れない作品になりました。
ヴィターリー・カネフスキー監督・脚本。1990年カンヌ国際映画祭でカメラ・ドールを受賞しています。1990年フランダース映画祭でグランプリに輝きました。

第二次大戦直後のロシアが舞台です。収容所と化した小さな炭鉱町で暮らす少年ワレルカと少女ガリーヤは、ともに12歳。学校のトイレにばら撒いたイースト菌事件、機関車の転覆事故など、ワレルカの引き起こす悪戯は、次第にエスカレートしていきます。

彼の前に、守護天使のように現れ危機を救ってくれるガリーヤ。しかし、二人に芽生えた淡い想いは、一転して悲劇に変わります。



映画「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」は、ひたむきな姿勢が胸を打つ

  • 2015.12.18 Friday
  • 14:07




「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」は、ストレートな思い、ひたむきな姿勢が強く胸を打ちます。書道ブームに乗った安易な映画化ではありません。出演者たちが猛特訓して吹き替えなしで臨んだ書道パフォーマンスと、よく練られた脚本によって、ど真ん中の感動に包まれます。

俳優たちと猪股隆一監督の意気込みを感じました。映画の始まりは、高校生の部活のバカバカしさを描いていましたが、やがて地域経済の疲弊という社会派的な背景が浮き彫りになっていきます。そして、紙の生産高日本一ながら不況で停滞した町の活気を取り戻そうと発案した「書道パフォーマンス甲子園」の実現に向けて奮闘する女子高生の姿を追うことになります。

女子高生5人のキャラ配置が絶妙です。成海璃子、山下リオ、桜庭ななみ、高畑充希、小島藤子、それぞれが個性的な演技をみせました。中でも、高畑充希の演技は印象に残りました。男子生徒や顧問も、いい味を出していました。

クライマックスシーンでは、本物の書道ガールズも撮影に参加し、パフォーマンスの面白さを盛り上げました。四国中央市の象徴は、製紙工場の煙突。煙突と言えば「キューポラのある街」(1962年)を思い出します。その後、煙突は公害の象徴になってしまいました。煙突が街の象徴になる映画が、21世紀に誕生するとは。映画における煙突の持つイメージの変遷を思います。

この作品によって、静かに1人で取り組むという書道のイメージも変わるでしょう。かつて書は、もっと自在なものでした。共同作業の場合もありました。近代になって硬直化しがちだった書道が、原点に返ったともいえます。大きな和紙に重い筆で書き続ける作業は、スポーツ的です。その迫力に圧倒されました。やっていて楽しく、見ていても面白いので、書道パフォーマンスは、きっと広がっていくと思います。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM