映画「イントゥ・ザ・ワイルド」は、割り切れなさが魅力

  • 2015.12.24 Thursday
  • 08:10




「イントゥ・ザ・ワイルド」は、ショーン・ペン監督作品です。1992年にアラスカの荒野で死体で発見された若者クリストファー・マッカンドレス。その生と死に迫ったジョン・クラカワーのノンフィクション「荒野へ」の映画化権獲得に、10年近い歳月を費やし、監督自らが脚本も手がけています。執念の映画化といえます。

クリス役のエミール・ハーシュは、18キロの減量に挑み、飢えていく主人公を演じました。大学を優秀な成績で卒業したクリスは、車や財布を捨て、自由を手に入れるための放浪の旅に出ます。労働とヒッチハイクを繰り返し、アラスカへ北上。捨てられたバスの車体を拠点に生活をはじめます。

そして、毒のある植物を食べ、孤独に死んで行きます。向こう見ずで、独りよがりで、若気の至りの典型的なケース。観終わって、クリスの甘さに腹が立ちましたが、その感情には、かつての自分の未熟さへの郷愁も含まれていました。美しい自然、魅力的な人たちとの出会いも印象的。好きな作品だとは言えませんが、時間が経っても不思議と心に残る作品です。割り切れなさが魅力なのでしょう。



映画「ブーリン家の姉妹」は、ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソン、夢の初共演

  • 2015.12.24 Thursday
  • 08:01




「ブーリン家の姉妹」は、フィリッパ・グレゴリー原作の小説を映画化しました。テレビ界で活躍してきたジャスティン・チャドウィックの長編映画監督デビュー作品です。16世紀のイギリスの宮廷を舞台に、美しくも、ドロドロの愛憎劇が展開されます。

イギリス国王・ヘンリー8世と男の後継者を産めない王妃の関係が冷めているといううわさを聞き、駐フランス大使のトーマス・ブーリン卿は、彼の2人の娘を実家に連れ戻します。ブーリン卿は娘のアン(ナタリー・ポートマン)に国王を誘惑させ、彼の息子を産ませようとしますが、国王はアンの妹・メアリー(スカーレット・ヨハンソン)を気に入ります。

メアリーも国王を愛し始め、待望の男子を産みます。王妃の座を狙うアンは、巧妙に国王に近づき王妃となりますが、悲劇が待ち構えています。アンは不貞と近親相姦の反逆罪で死刑になりますが、アンが出産したエリザベス1世は後の女王として君臨します。

ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンが姉妹として夢の初共演。それだけでも、興味深いですが、国王をめぐる二人の愛憎は迫力があります。知的で才気あるポートマンと感受性豊かなヨハンソンという対比が面白いです。

ヘンリー8世の王妃であるキャサリン、姉妹の母親であるエリザベスと、女性たちが、とても魅力的に描かれています。それに対して、ヘンリー8世を含め男たちは、みな情けない。とくにブーリン家の長男・ジョージは、可哀想すぎるほどです。

リアリティを追求した手縫いの衣装の見事さにも触れておきたいと思います。こういうところに力を入れることで、映画全体が輝きます。映像も、はっとするほど美しい場面がありました。チャドウィック監督は、フェルナンド・メイレレス監督の大ファンだということですが、映像センスもなかなかです。



映画「ハンサム☆スーツ」は、谷原章介のブサイクさが見物

  • 2015.12.24 Thursday
  • 07:55




「ハンサム☆スーツ」は、CMやPVで活躍してきた英勉(はなぶさ・つとむ)監督の長編デビュー作です。ブサイクだが料理の腕前は確かで優しい男が、モテないことに絶望。立ち寄った洋服店で、着るとハンサムになれる「ハンサム・スーツ」を勧められ、ハンサムに変身。モデルとして活躍、女性たちが注目し世界が一変します。

とてもベタなアイデアに、とてもうまい工夫を凝らすことで、素直に笑って楽しめる作品になりました。最初から最後まで、渡辺美里の「MyRevolution」が鳴り響いています。こんな主題歌の使い方は、とても珍しい。そして洋服の青山が実名で登場するのも珍しい。さらに実際にも「ハンサムスーツ」を売り出しているのは、もっと珍しい。映画のハンサムスーツは、スーツというより着ぐるみみたいですけれど。

塚地武雅が、ハンサム・スーツで谷原章介に変わるシーンが見物です。その前に、中条きよしがスーツを脱いで温水洋一に戻るのも笑えます。この作品は、塚地武雅のキャラクターなしでは成り立たませんが、谷原章介のブサイクな身振りが面白さを支えました。なかなかの役者です。

脚本を手掛けた鈴木おさむの奥さん・大島美幸のキュートさも印象的。佐田真由美も、貫禄ある演技を見せます。オリジナルコンピュレーションCD付きのパンフというアイデアは、嬉しいです。懐かしい7曲を楽しみました。



映画「世界で一番美しい夜」は、月船さらら熱演の和風ファンタジー

  • 2015.12.24 Thursday
  • 07:44




「世界で一番美しい夜」は、今村昌平監督の長男・天願大介監督による160分の和風ファンタジーです。ハリウッドの戦争ばかりのファンタジーとは反対に、おおらかで平和な作品です。

性を賛美する過激な内容で、映画「靖国YASUKUNI」とともに、文化庁支援作品として物議を醸したとか。しかし、日本神話をベースにしているということで、許されたとか。また、「パフューム」のパクリではという意見もあったらしいです。

そんな小さなことにこだわっていては、この縄文パワーに満ちた作品を楽しむことはできません。根底にあるセンスが古いだとか、縄文を美化しすぎているとか、いろいろと突っ込みどころ満載ですが、最後まで飽きさせることなく楽しませてくれます。

監督の思いをすべて詰め込みながら、まとめあげる力量は評価すべきです。そして、今村昌平監督の血を確かに感じます。豪華な俳優たちが、作品をもり立てます。なかでも、月船さららの文字通り体当たりの熱演は、特筆すべき。ススキコージのシュールなコラージュ・イラストも、寓話的な世界観とマッチしていました。



映画「ぼくの大切なともだち」は、ルコント監督のほろ苦い親友作りコメディ

  • 2015.12.24 Thursday
  • 07:24




「ぼくの大切なともだち」は、ルコント監督作品です。美術商のフランソワは、自分の誕生日を祝う夕食会の席で、友達がいないからフランソワの葬式には誰も来ないと言われます。そこでフランソワは10日以内に親友を連れてこれるかどうか、共同経営者のカトリーヌ(ジュリー・ガイエ)と賭けをすることになります。

かなり、ほろ苦い設定です。1990年代には、ずっとパトリス・ルコント監督の作品を観続け、そのうまさに感心していました。2000年代になって、どういうわけか、ルコント作品を見なくなっていました。ひさしぶりにルコント作品を観て、やはり、そのうまさに舌を巻きました。

友人のいない自己中心的な中年男性が親友づくりに奔走するコメディ。さまざまな伏線が、よく生かされ、どんでん返しも巧みです。ただ、親友がいない中年男性という設定は、身につまされます。それでも、ときに笑い、ときに共感しました。

フランス映画のオトナの味わいです。フランス版クイズミリオネアが、とても上手に利用されていましたが、本当に日本と同じでした。




>

デジタル・リマスター版「赤い風船」は、色彩を生かした奇跡のファンタジー

  • 2015.12.23 Wednesday
  • 23:41




アルベール・ラモリス監督「赤い風船」を、美しいデジタル・リマスター版で観ました。ラモリス監督初のカラー作品ですが、本当に色彩をうまく生かしています。

1956年のカンヌ国際映画祭パルムドールとルイ・デリュック賞を受賞しました。少年と赤い風船との間に生まれた不思議な絆を描いています。街灯に引っかかっていた赤い風船を、少年が手に取り持ち帰ります。

しかし母親は無情にも窓から風船を放り出します。でも、あら不思議、風船は飛び去らず窓の外にとどまっています。そして、少年が行くところに必ずついてくるようになります。この風船の動きが素晴らしい。合成なのでしょうが、違和感がまるでありません。すごい特撮技術です。

ジャン・コクトーに絶賛されて多くの賞を受賞しました。風船は、ほかの子供たちに狙われ、石が命中して、しぼんでしまいます。悲しみに暮れる少年。普通は、ここで終わりでしょう。でも、色鮮やかなファンタジーの世界が繰り広げられます。これぞ、映画です。

2007年カンヌ国際映画祭に「赤い風船」は「白い馬」とともに再び出品され、同じ作品の2度の正式出品は映画祭史上初の事件となりました。

エンディングの色鮮やかな数々の風船が集まり、少年を空高く連れていくシーンは、CGのない当時の撮影技術でどのように撮影されたかは、映画史に残る謎の一つとされています。

主演したパスカル・ラモリスは、アルベール・ラモリス監督の息子です。ラモリス監督は「空の映画詩人」になり、1960年には最初の長編「素晴らしい風船旅行」を撮影。「フィフィ大空を行く」(1964年)「パリの空の詩」(1967年)を撮ります。しかし、1970年にイランで『恋人たちの風』を撮影中、ヘリコプターの墜落事故で死亡しました。



デジタル・リマスター版で蘇った映画「白い馬」の神々しい映像美

  • 2015.12.23 Wednesday
  • 23:37




フランスのアルベール・ラモリス監督の「白い馬」。1953年のカンヌ国際映画祭グランプリとジャン・ヴィゴ賞を受賞しています。デジタル・リマスター版による待望のリバイバル上映なので、傷はありません。その神々しい映像美に圧倒されました。

かつて映画が持っていた映像の力です。シンプルな白黒映像が本当に美しい。野生馬のリーダーである白馬と漁師の少年との交流を描いています。

野生馬のリーダーである白馬が大人たちにつかまりそうになり、少年が逃がそうと努力するストーリー展開。白馬が仲間のもとに逃げ帰り、新しいリーダー馬と格闘するシーンがあります。前足を高く振り上げて闘う異様な迫力。こんな映画の場面は観たことがありませんでした。

白馬と少年は最後に追いつめられ、海に入ります。そして、深みへと進んで行きます。まったく予想しなかった結末。リアリティあふれる映像が、一瞬にして神話的な高みへと上ります。



映画「ウォンテッド」は、映像は熱いが物語は寒い

  • 2015.12.23 Wednesday
  • 23:27




「ウォンテッド」は、マーク・ミラーのグラフィックノベルを、「ナイト・ウォッチ」のロシア人監督ティムール・ベクマンベトフが映画化したアクション大作です。主演は「つぐない」のジェームズ・マカボイ。共演はアンジェリーナ・ジョリー、モーガン・フリーマン。

この監督の並外れた映像のスケール感は認めます。映像は、文句なく熱い。カーチェイスだけでなく、鉄橋での列車の脱線シーンも、相当な迫力です。アンジェリーナ・ジョリーは、姉御肌の役を魅力的に演じていて、ぞくぞくしました。モーガン・フリーマンの悪役ぶりも新鮮です。

しかしながら、ストーリーは、ご都合主義の嵐です。あまりにあまりに寒すぎます。派手なアクションシーンをつないでいくためとはいえ、もう少し考えてほしかったです。



映画「蛇にピアス」は、話題作だが薄っぺらで底が浅い

  • 2015.12.23 Wednesday
  • 23:20




「蛇にピアス」は、金原ひとみの芥川賞受賞作「蛇にピアス」を蜷川幸雄が監督しました。独自の存在感を持つ吉高由里子が映画初主演しています。心と体の痛みを通してしか生の実感を得られない19歳の主人公ルイを演じました。

全然ダメです。すべてが、薄っぺらで底が浅い。キワモノ映画にすら、なっていません。この程度の表現で、驚くと思ってもらっては困ります。

ルイは、クラブで知り合ったアマの蛇のように割れた舌(スプリットタン)に魅了されます。そしてアマに連れて行かれた店で、全身刺青で顔に派手なピアスをしている店長のシバに出会い、舌ピアスをあけます。彫り師のシバに憧れを抱いたルイは、自分にも最高の刺青を刻みたいと思い始めます。

生きている実感がないルイが刺青、ボディピアスに魅かれていく過程が、十分に描かれていません。アマ、シバの屈折した心も見えてきません。

すべてが、表面的。刺激的な外見だけにとらわれています。虚ろなのは、登場人物ではなく、作品そのものなのかもしれません。

刺青なら「雪華葬刺し」(高林陽一監督)、ピアスなら「東京フィスト」(塚本晋也監督)、「バタリアン・リターンズ」(ブライアン・ユズナ監督)という、優れた作品が存在します。そのことを再確認させてくれた点だけは、評価したいと思います。



映画「20世紀少年」は、実写化で荒唐無稽さが際立つ

  • 2015.12.23 Wednesday
  • 23:10




「20世紀少年」は、浦沢直樹原作のコミック「20世紀少年」を堤幸彦監督が実写映画化しました。総製作費60億円を投入し、原作に忠実な3部作として企画。総キャスト数は、邦画最大級の300人になります。

第一章の記者会見は、なんとルーブル美術館の「モナリザの間」で行われました。話題が先行する形での劇場公開でしたが、第一章を見る限りは、この手のコミックの実写化の難しさを感じさせる内容でした。コミックなら、無視できるような非現実的な展開も、実写となると違和感がぬぐえなくなります。

もともと、子供時代に妄想した人類滅亡の"よげんの書"を、得体の知れないカルト集団が、現実化し始め、それを知った子供時代の仲間が、計画を阻止しようとするという、荒唐無稽なストーリーです。映画では、さらにその非現実さが際立ってしまいます。

ただ、昭和の出来事や風景は、とても懐かしい。コミックと似ている俳優たちが、つぎつぎと登場するという、贅沢なつくりも楽しめます。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM