クラウドファンディングが起業のハードルを下げました、Oculusはその象徴です

  • 2015.11.23 Monday
  • 19:54




昔は、画期的なアイデアが浮かび、製品化を望んでも、普通の人にはそれを実現する資金力がありませんでした。
諦めるか、幸運なら特許を取得してもうける形しかありませんでした。

しかし、インターネットが普及し、世界中の多くの人たちから資金を集めることが可能になりました。クラウドファンディングです。

クラウドファウンディングを使ってアイデアと商品を説明し、資金援助を求め、賛同者から資金を集めます。少数の人から多額の資金を得るのではなく、何百人、何千人、何万人から、少しずつお金を集めるスタイルです。多くのパトロンが、支えることになります。何千人も支援してくれれば、何億円もの資金が確保できます。

クラウドファウンディングで夢を実現したことと言えば、まずこの人でしょう。パーマー・ラッキーです。19歳で没入型バーチャルリアリティを可能にする機器「Oculus Rift(オキュラスリフト)」のプロトタイプを発表し、クラウドファンディングの「キックスターター」で240万ドルの調達に成功しました。そしてOculus VR社を設立します。その革新性が注目を集めて、Facebookが2014年3月に彼の会社を20億ドルで買収したほどです。

パーマー・ラッキーは「Kickstarterなどのコミュニティからの多くの支えがなければ、今日の状況はありえなかったでしょう」と話しています。

Oculus Riftの製品版は、2016年の第1四半期に発売になる予定です。以前なら、資金難で諦めていた画期的な製品が、こうして実現しようとしています。

転職ではなく、複職を

  • 2015.11.22 Sunday
  • 18:44




インターネットには、転職情報があふれています。転職を求める人が多いのでしょう。終身雇用という言葉は、死語になりつつあります。

地道に働けば、それなりに報われ、生活が安定し、老後が保証された時代は、終わりました。私が初めて就職したころは、医療保険制度で医療費に悩むことなく、55歳定年制が普通で、退職金も年金も安定的な生活ができる水準になると言われていました。まじめに仕事をし続ければ安心した生活が約束されていました。

おだやかな生活。先が見通せて安心だけれど、少し人生がつまらなく思ったこともありました。しかし、1990年代に入り、社会は大きく変わり始めました。なにもかもが、流動化し、先が見通せなくなりました。

経済的な「勝ち組」と「負け組」が鮮明になり、「勝ち組」もどんどん変化しました。底辺社会、下流社会という言葉が、リアリティをもって多くの人をとらえました。私もその一人です。

一つの会社をやめて、次の会社に移るという選択は、これからますますリスクが大きくなります。むしろ、複数の収入源を持つことが、リスク分散と成功確率向上につながります。会社勤めをしながらの起業も、有効な選択肢でしょう。

転職ではなく、複数の仕事を持つ複職の時代です。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM